asahi.com:厚労省前九州局長に車3台 補助金受給先が無償で提供 - 社会
岡光事件やその後の研究費不祥事、社保庁の年金偽装。いったいこのキャリアは何を見て、何を学んで来たのでしょうかね。何の利害も無い人に車をあげたり、新築祝いに百万単位の金をだすんだったら、交通遺児や災害に遭われた方に寄付しろよ。
中には志半ばでガンで亡くなり、香典を日赤に寄付した局長もいるのに。
国と言う概念上での存在は、その概念や掟を作り出す中枢の腐敗で崩壊が始まるのだろう。優秀なエリート(国のために死ねる)の存在は今はもうないのかもしれない。彼らは貨幣と言う概念に思想を委ねてしまったんでしょう。トホホ