図書館本

白日社 脳と自然と日本 2001、手入れ文化と日本 2002 を文庫化。

基本的には養老ワールドに変化は無い。脳が化けた脳化社会になり、「知」は若い人たちにはノウハウになっている。
自分が育って来た様に育てないことが「進歩」になっている。
人間にとって自然が遠ざかると、人間の家畜化が起こってくる。
社会は「考えない前提」を置いてきている。
都会では女、子供が損です、それは、より自然に近いからです。
ああすればこうなる、こうすればああなるといってものごとを進めていくことを、私どもは「進歩」と長いあいだ呼んできました。それはそれでいいのですが、じつは人間の一生は、それだけじゃない。なぜならば、人の一生そのものは、ああすればこうなると明らかに決まっていません。

養老先生の考えとますます逆方向に進んでいる様に見える日本。
「考える」事の重要性を考えねばなるまい。まともバカ―目は脳の出店