今、池田晶子さんの「14歳からの哲学」を読んでいる。平易な文章で書かれていて、おいらの脳みそ精神は14歳以下だとわかった(笑)
この本を中学生の時に読んでいれば(絶対自分からは読まないとは思うが)人生もかなり変わっていただろう。
「思う」のでなく「考える」大切さを書かれている。
我思うゆえに我ありも実は我考えるゆえに我ありなのだろう。
ポストイットだらけに現在この本はなっている。
僕より1歳若い著者は先月亡くなられました。合掌
14歳からの哲学―考えるための教科書