備忘録として
とうていこんな素晴らしいオヤジには成れない。

大正12年、宮本常一16歳、周防大島を出て大阪の通信講習所に入所するにあたって父善十郎が常一にメモを取らせた。

ゝゼ屬望茲辰燭藾襪ら外をよく見よ。田や畑に何か植えられているか、育ちがよいか悪いか、村の家が大きいか小さいか、瓦屋根か草葺きか、そういうところをよく見よ。
 駅へ着いたら人の乗りおりに注意せよ。そしてどういう服装をしているかに気をつけよ。また駅の荷置場にどういう荷が置かれているかをよく見よ。そういうことでその土地が富んでいるか貧しいか、よく働くところかそうでないところかよくわかる。
村でも町でも新しく訪ねていったところは必らず高いところへ登って見よ。そして方向を知り、目立つものを見よ。
 峠の上で村を見おろすようなことがあったら、お宮の森やお寺や目につくものをまず見、家のあり方や田畑のあり方を見、周囲の山々を見ておけ。そして山の上で目をひいたものがあったら、そこへは必らず行って見ることだ。高い所でよく見ておいたら道にまようことはほとんどない。
6發あったら、その土地の名物や料理はたべておくのがよい。その土地の暮らしの高さがわかるものだ。
せ間のゆとりがあったらできるだけ歩いてみることだ。いろいろのことを敦えられる。
ザ發箸いΔ發里鰐戮韻襪里呂修鵑覆砲爐困しくない。しかし使うのがむずかしい。それだけは忘れぬように。
私はおまえを思うように勉強させてやることができない。だからおまえには何も注文しない。すきなようにやってくれ。しかし身体は大切にせよ。三十歳まではおまえを勘当したつもりでいる。しかし三十をすぎたら親のあることを思い出せ。
Г燭世敬袖い砲覆辰燭蝓⊆分で解決のつかないようなことがあったら、郷里へ戻って来い。親はいつでも待っている。
┐海譴ら先は子が親に孝行する時代ではない。親が子に孝行する時代だ。そうしないと世の中はよくならぬ。
自分でよいと思ったことはやってみよ。それで失敗したからといって親は責めはしない。
人の見のこしたものを見るようにせよ。そのなかにいつも大事なものがあるはずだ。あせることはない。自分の選んだ道をしっかり歩いていくことだ
 
高等教育を受けたわけでもない父が、どうしてこれだけの教訓を垂れることができたか、宮本には不思議だったが、旅の暮らしのなかで身につけた父なりの人生訓らしいことは、子供心にもぼんやりわかった。