知人からのメイルで知りました。
木村英造先生の淡水魚保護の原点だと思います。

釣り人は釣りが出来る事だけを考えていればよいのでしょうか?
釣りの対象にならないけれど、日本の河川にいてあたりまえの魚が居なくなり所謂外来種に置き換わってしまっても良いのでしょうか?
人間と言う愚かな生物が行う行為はやがては人間自身に降りかかるとは考えないのでしょうか。寂しすぎます。

以下記事

イタセンパラ:天然記念物、淀川で絶滅? 「水位操作が影響」有識者会議が批判

 ◇国交省の昨春行事

 環境省の絶滅危惧(きぐ)種に指定されている国の天然記念物「イタセンパラ」が淀川で今年1匹も確認されていないことについて、国土交通省近畿地方整備局の外部有識者会議が「繁殖を後押しする水位低下の操作を昨年中止したことが影響している可能性もある」と指摘していたことが分かった。操作中止は、皇太子さまを招いた同省主催の行事があったため。同整備局は「原因は不明」としているが、国内唯一の生息地とされる淀川で絶滅する恐れもあり、専門家から批判の声が上がっている。

 ◇わんどで外来魚急増

 行事は、昨年4月23日に淀川河畔の大阪府枚方、高槻両市で行われた「第16回全国『みどりの愛護』のつどい」。緑化に功績のあった民間団体表彰が主な目的で、年1回各地で開かれている。

 大阪での開催にあたり、同整備局淀川河川事務所河川環境課は「せっかく(皇太子さまに)来てもらうのだから」と、会場間を結ぶのに、淀川を船で渡るプランを採用した。ところが、航路の一部で水深が浅いため、水位を下げないよう、下流の淀川大堰(おおぜき)の放流量を少なくした。

 淀川河川敷の「わんど」に生息するイタセンパラには、稚魚が泳ぎ始める春先に水位が低くなることが好ましい。天敵のブラックバスがわんどに入りにくいからだ。このため、同整備局は00年から、4、5月ごろに淀川大堰の放流量を多くして、水位を下げる操作を行ってきた。

 その結果、個体数は01年に過去最高の7839匹を記録。それ以降も2000匹以上を維持していた。しかし水位低下の操作を中止した05年は506匹に激減。今年はゼロになった。一方、一部のわんどでは、ブラックバスやブルーギルの増加が確認されている。

 同整備局の有識者会議「淀川水系流域委員会」(委員長、今本博健・京都大名誉教授)は先月、05年度事業に対する意見書で「(水位を下げる)操作を実施しなかった05年度は、ブラックバスなどの外来魚が急増し、イタセンパラをはじめとする在来種に多大な影響を与えた可能性がある」と指摘。委員の一人、村上興正・同志社大嘱託講師は「国交省も水位操作の効果を認めて続けると言っていたのに。生き物は、少しのきっかけで突然いなくなることがある」と批判する。

 今年は水位を下げる操作を実施した。淀川河川事務所河川環境課は「水位操作をしなかったのは、『つどい』があったから。しかし、それが影響したのかどうかは分からない。水質などを調査して、原因を明らかにしたい」と話している。

毎日新聞 2006年8月17日 大阪夕刊