朝のテレビで写真家の浅井慎平さんが的を得た発言をしていた。
愛国心と言う言葉の「国」はnationでは無くcountryであると。
すなわち、山河なのであると。体制とかシステムではないんですよね。

姫野さんはじめ、吉野川を守りたい人々の心にはきっと、この愛国心に満ち溢れているのではないかと思う。そこにお金といったシステムは必要ないのだから。そして、なんら見返りを求めていない。あるとすれば、自然の恵みをほんの少しだけ人間のために使わせて欲しいというお願いではないだろうか。