やりきれない事件や事故は本当に多い。
この事件は亡くなられたお子さんの名前が特に心に響いた。
我が家の子供には全て夢と言う字が入っている。
まさに、親の我侭以外の何ものでもない事は良く分かっている。
でも、どんなに小さくてもいいから夢のある、夢を追い求める人生
を歩んで欲しいと思っている。

まさに夢を目指して歩くように名づけたのではないのか?歩夢ちゃん
お母さんに何があったのか分からないが、このような事件が無くなる
事を心より願っている。

3歳の次男に食事与えなかった容疑、母親逮捕 高松
2006年02月08日12時35分

 香川県警高松北署は8日、3歳の次男に食事を与えなかった
として、高松市浜ノ町の飲食店従業員山下愛容疑者(25)を
保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。次男は死亡しており、同署は
保護責任者遺棄致死の疑いもあるとみて死因などを調べている。
山下容疑者は「次男より長男の方がかわいかった。数日前から
食事も水も与えていなかった」と供述しているという。

 調べでは、山下容疑者は次男の歩夢(あゆむ)ちゃんに数日間
食事を与えず、保護者の責任を果たさなかった疑い。

 7日午後3時ごろ、同居している山下容疑者の母親(48)
から「自宅で孫が死んでいる」と高松北署に通報があり、
署員が駆けつけたところ、3階の居間で歩夢ちゃんが裸で
タオルケットに包まれて死亡しているのが見つかった。
やせ細った状態で、山下容疑者は横に付き添っていたという。

 山下容疑者は歩夢ちゃん、長男(4)、母親との4人暮らし
だった。昨年11月、歩夢ちゃんを近所の保育所に入れたが、
同12月下旬に「しばらく休ませる」と連絡して通わせなくな
ったため、保育士が自宅を訪ねたり、電話を入れたりしたところ、
「自分の体調が悪い」「子どもが下痢をしている」などと話し
たという。
保育所の所長は「長いこと休んでいたので心配していた」と話した。