ばれなきゃいいんじゃね〜って事を大の大人が平然と言うような
社会になってしまったと思います。
身体障害者は金にならないから、しょうがね〜から条例だけは検査で
通しておいて後から作り変える。
ヤマト運輸の小倉会長が生きていたらどんなコメントを発せられるかと
思います。
バリアフリーが叫ばれながら、都心部さえも未だ、車椅子やベビーカーには優しさすらない駅やビルが多くありませんか?

職場が医療センターに近いせいかもしれませんが、最近の都バスは車椅子でも乗れるバスが増えていると思います。運転手さんが、乗り降りのお手伝いをしていますが、その光景を見るたびに、心が穏やかになる自分がいます。
本来なら当たり前の事を当たり前にしているんでしょうけど。