何冊かニコルさんの本は読んでいる。特に若い頃の話はまさに
ノンフィクション冒険モノでワクワクする。
動物を殺して食べなければならない人間のする事は何か?
自然とは何か?
勲章と言うモノは好きではない、特に日本の中曽根元首相が貰ったような
勲章などいらないと思っているが、このニコルさんの叙勲はうれしい。
テレビで涙ぐむニコルさんを見て、もらい泣きしてしまった。

良い意味での外圧としてもニコルさんの活動を応援したい。

紹介の本は是非子供に読んでもらいたい。

以下叙勲記事


ニコルさんに名誉大英勲章 日英関係発展に貢献


 英国出身で長野県信濃町在住の作家、C・W・ニコルさん(65)に
名誉大英勲章五位が贈られることになり、
28日夕、東京都千代田区の英国大使館で叙勲式が行われた。

長年にわたる環境保護や観光、文化交流といった幅広い活動が日本での
英国の理解を深め、日英関係の発展に貢献したと評価された。
式では、友人ら招待客約140人が見守る中、グレアム・フライ
駐日大使が紋付きはかま姿のニコルさんの左胸に勲章を着けた。

ニコルさんは目を潤ませながら「これからも太い橋になって、
英・日両国が永遠に尊敬しあえるよう良いことを続けたい」と日本語であいさつ。

記者会見でも「胸が熱くなった。女王から勲章をもらって、男の子
に戻った。小さいころビール瓶の王冠を『勲章だ』と言って着けたのを
思い出した」と感激が冷めない様子。「これからも森を通した
子供たちの健康、教育活動を英国のグループと頑張っていきたい」
と語った。
C.W.ニコルのいただきます