おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

2020年11月

いつも情報は静岡県から 早川町違法投棄問題

(121) 富士川河口 謎の泥【サクラエビ異変】 - YouTube


山梨では犯罪ですらないようですね。
山梨のメディアは何もしませんね。
自然破壊しても刑事告発すらしない山梨県。
ニッケイ工業の社長は山梨県職員の天下り。


採石業者による凝集剤入り汚泥の不法投棄現場下流の富士川水系雨畑川(山梨県早川町)などに今もこびり付く“謎の泥”が、サクラエビの主産卵場とされる駿河湾奥に注ぐ約50キロ下流の富士川河口(富士・静岡市境)にも広がっていることが分かった。地元住民からの情報を受け、静岡新聞社が現地を確認した。





【関連動画】
雨畑川に残る狷罎療キ瓠撻汽ラエビ異変】
https://www.at-s.com/dogas/details.ht...

静岡新聞「サクラエビ異変」
https://www.at-s.com/news/special/sak...




テキストバージョンです。

採石業者による凝集剤入り汚泥の不法投棄現場下流の富士川水系雨畑川(山梨県早川町)などに今もこびり付く“謎の泥”が、サクラエビの主産卵場とされる駿河湾奥に注ぐ約50キロ下流の富士川河口(富士・静岡市境)にも広がっていることが28日までに分かった。地元住民からの情報を受け、静岡新聞社が現地を確認した。主に小石などから成る中州の一部に、粘度の高い泥が固まっていた。
 今月上旬、河口近くの左岸の駐車場に車を止め、海に近い中州を目指して歩いた。石や流木などに足を取られながら約15分で深い流れに。上流に迂回(うかい)し、1時間以上かけて開口部付近の中州にたどり着いた。富士山をバックにしたサクラエビの天日干しで有名な「干し場」の東側に当たる。
 大部分は小石などで覆われていた。そして、海に近づくと、泥のたまりが現れた。表面に独特の光沢があり、足を乗せるとプリンのような弾力がある。粘り気があって長靴にまとわりつく。やや粒子の粗い場所では、足が泥に深く沈み込んだ。
 その泥に手で触れてみた。表面はセメントかモルタルのような質感で固く、ほじると強い粘り気があった。
 静岡新聞社は今年9月、雨畑川での凝集剤入り汚泥不法投棄現場と周辺の様子を報道した。富士川河口中州の泥は、少なくとも外観と手触りでは、雨畑川の不法投棄現場直下の“謎の泥”と酷似していた。
 雨畑川では、アルミ加工大手日本軽金属が出資する採石業者ニッケイ工業が少なくとも約8年にわたり凝集剤入り汚泥を不法投棄した。昨年6月、山梨県は河川内に野積みされた汚泥約4840トンを撤去させ、刑事告発を見送った。日軽金の自家発電用ダム「雨畑ダム」の放水に合わせて下流に流し続けた総量数万トン以上の凝集剤入り汚泥を含む可能性のある泥は、早川に合流した先の下流などでも確認されている。

素敵なホテル

田舎者には似合わないけど。
たまには良いかと。

アメニティーのシャンプーが凄く良くてレセプションでブランドを聞いてしまいました。
そしてメルカリでゲット(笑)

2020-11-26_18-00-26_0712020-11-26_18-55-02_9902020-11-27_09-01-59_9212020-11-27_09-34-31_5832020-11-27_09-34-39_4712020-11-27_09-34-43_7142020-11-27_09-39-21_347

GoTo 横浜?

神奈川県民ですが、何か?(笑)

ちょっとおのぼりさんしてきた。

はじめてのハンマーヘッド
はじめての赤レンガ
はじめてのシーバス

でも、やっぱりお家が一番(笑)

gIY9VM2_SmOgirEYeaUiGAwPLjL8lfQb2Q6IJfZzknFw

赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

見る探る:赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた - 毎日新聞


領収書は破棄ですと。

公文書改竄、公文書破棄、

なんでもありの今の政治。

最近は文春さんや赤旗さんが独自取材でスクープをして権力の監視をしているようです。

それこそクラウドファンディングで応援したいよね(笑)

馬鹿な政治家がこれ以上に日本の国力を低下させるのです。

反知性主義なんて言いません。単にバカなんです。




ダム関連書籍 アマゾンで削除されたリスト

Amazon review 排除一覧 ダム関連|Dream4ever|note


Amazonレビューに一度掲載後になんら連絡も無く不掲載になり、その後は再投稿も出来ない事例が
沢山あります。

まずはダム関連の書籍を備忘録的にnote にまとめてみました。

どうしても都合が悪いんでしょうね。
ダムが必要な訳でなく、ダム工事が必要な人々が。




Netflix 賢い医師生活

Netflix韓国で連日1位の『賢い医師生活』 異例づくしの人気ドラマが行った“新しい試み”とは?|Real Sound|リアルサウンド 映画部


12話と少な目の韓ドラ
3話まで視聴

登場人物の名前を覚えるのが大変なんだけど(笑)
一人一人の人生を丁寧に綴っている感じ。
医師というステレオタイプの描き方でないのも良いかな。

生きる哲学という感じだろうか。


ミスターサンシャインでの浪人役の役者さんがが病院理事長の末っ子で医師(兄姉4人?全員聖教者)というのも面白い。





焼き芋

ほったらかし焚き火

美味しゅうございました。

石焼だと適度に水分が抜けて美味しいと思うのはおいらだけ?

sW0SiP3cS32-_ea4t2e_GwcbbjB8swQduir-jk2GbFlw

3連休最終日

ゆっくり起きて
トリプルカレー
百恵ちゃんのファイナルコンサート録画を見ながら

午後は焚き火でもして焼き芋でしょうか。

2020-11-23_08-07-18_4442020-11-23_08-23-42_5312020-11-23_08-30-16_398

3連休

ひたすら庭仕事と片づけでしょうか。

皆さま良い休日を。

世界標準の戦争と平和 烏賀陽弘道 扶桑社 2019

図書館本 良書

烏賀陽さん(1963-)の本は何冊か読んでいてジャーナリストの矜持を感じるお1人である。
特に原発震災後の取材は調査報道のお手本の様に思った。

本書はメディアリテラシーにも大きく関わる、世界情勢の正しい理解の仕方であろうか。
私を含めて多くの方は新聞やTVあるいはネットで流れるニュースに多くの場合、正しいのだろうと
思っている。
しかし、多くの場合、視聴率であったり販売数であったりというバイアスが掛かる事を知らない。
あるいは、あくまでも日本人からの見方が優先で、外部からの見方や評価にたいしては言及しない、
あるいは少ない。

特に安全保障(軍事とイコールではない)に関しては自国優位を目指すので情報が偏りがちの
ようだ。

そんな例が、たとえば「接続海域」、これは領海ではなく公海同様に通行できるのにもかかわらず
接続海域に入域があたかも領海侵犯の様にメディアが報道する。
領海においてもなんら許可を取ることなく航海できる方法もあるのである(無害通航)。
その様な知識が無いとあたかも中国が領海侵犯をしまくっているという世論が醸成されてしまう。
著者は台湾と韓国における中国船の領海侵犯例の数をあげて比較している。(当然日本はごく少数)
あるいはベトナムと中国の海洋上で多くのトラブル

また公的機関の情報も注意して読まねばいけないと指摘する。例えば、日々の実数データと
月ごとのデータでのまとめ方で受け取り方が違う可能性があること。

海上保安庁(国交省)と防衛省の予算の年次変化(増加)は何を示すのか?納税者である国民の
判断基準はなにか?


アメリカ人、中国人という括りでの判断、白人、黒人などの括りでの判断の危険性も指摘
そして、視点を変えたり、論点を変えてみたり、多面的に情報を読み込むことが最終的には
平和に繋がるのでしょう。

ただ、出来れば今の軍備(核武装)は無くなる様な動き(著者は現状は核戦争が起こらないMAD:Mutual Assured Destruction 相互確証破壊 としていますが)

非戦、不戦が永久であることが一番の世界平和だと思うのです。


漂流者の生きかた 五木寛之 姜尚中 東京書籍 2020

図書館本

週刊朝日に2008-2013にかけて掲載された対談と語り下ろし
五木さん(1932-)と姜さん(1950−)という知の巨匠と言っても良いお二人。
五木さんは戦争での苦労、姜さんは自身の出自に関する苦労
そして日本という国の中で生きて来た現実

お二人とも宮本常一の様に歩き、聴き、言葉を紡いで来た人だと再認識しました。
まさに生きる哲学をご自身で一つ一つ丁寧に積み上げてきたのだと。
宗教、文化、国籍、身分など多岐にわたる話題での対談が興味深い。
特に西部邁氏の自死に関するお二人の語らいはなるほどと思った。

五木さんは沖浦和光さんとの同行取材もされているように漂泊の民や漂流者というコンテクストに
非常に親和性が高く興味があるのだと再度認識した。
だからこそ、タイトルに漂流者を入れたのだろうと勝手に妄想したのである。


漂流者の生きかた
尚中, 姜
東京書籍
2020-07-09

焚き火でマシュマロ2 

鹿留でのキャンプなどで子供は
大喜びでマシュマロを焼いて食べるのは知っておりました。

意外とウイスキーのツマミにもなるという話もあります。

意外と便利な道具を紹介しておきます。
伸縮する先が2股のお道具








2020-11-15_15-03-00_4952020-11-15_17-13-49_992IMG_8658

ジビエ 良い猟師さんが取った良い肉を食いましょう

ジビエもピンキリです。

もちろん個体査もあります、ワナで取ったものを表示無しで売っているモノもあります。

でもこちらの肉はワナであればワナと表記します(まだ冷凍で保管中)


ワナで取れたモノと、獣で仕留めて直ぐに処理したもので以前味を比べた事がありますが
明らかにワナ肉の方が劣りました。

そんな訳で、大変美味しく頂きました。


お肉かこちらから。


2020-11-15_10-48-56_3222020-11-15_10-49-01_0922020-11-15_12-37-04_660takibi2

ミスターサンシャイン 完結

2018年作品
Netflixで24話

見ごたえありました。

身分制度、国籍、侵略戦争

日本人が見るとかなり重い(史実)だとは思いますが、屈辱の時代として
朝鮮の皆さんは認識されているのは間違いないでしょう。

近現代史をしっかり教えない日本の教育にも問題があると思います。

戦争に正義などないのです。

下記の場面が愛国者、愛郷者の叫びである事は間違いないでしょう。

2020-11-14_20-12-22_1142020-11-14_20-12-26_7842020-11-14_20-12-27_918


焚き火にマシュマロ

想定外にうけたのが良かったね(笑)


bW3xRcUGRuSm1K2nCmlm_Q

125532452_754274741829591_6242571345556071913_n

韓ドラ やっぱりすごい

ドラマを見ながら歴史の勉強もしています。ミスターサンシャイン
あと2話で完結予定

日韓併合
日露戦争
桂ータフト協定(密約)
日韓議定書

侵略され人権を無視された歴史を忘れるはずはありません。

石橋湛山の小日本主義が正しかったことを多くの方が認識して欲しいところです。


2020-11-12_22-12-54_0932020-11-12_22-12-52_192

鉄路の果てに 清水潔 マガジンハウス 2020

図書館本 良書

清水さんの著作は幾つか読ませて頂いており、TVドキュメントも素晴らしい作品があります。
調査報道とは何か、ジャーナリストとは何かが良く分ります。


生家の片付けで出て来た父親のメモ
そのメモに残された言葉から父親が抑留されたシベリアへの旅が始まる。

単なる旅行エッセイでないのが清水さんの真骨頂だろう。
戦争という不条理を鳥瞰的に見ると分かる事が多いのだ。
日本から見た諸外国、諸外国から見た日本。
相手がどう感じていたのか、そんな捉え方も重要であることが分かる。

備忘録メモ
幻の国家 満州国 13年間で終焉
石橋湛山の指摘 大正10年(1921)東洋経済新報 社説 大日本主義の幻想
シベリア抑留日本人 57万人以上 死亡者1万5千人以上 日本のシベリア出兵への報復意識?
ソ連軍 1946年3月から中国東北部から撤退 1955年には旅順を中国へ返還
    北方4島以外の日本の固有領地の収奪なし 北海道分割案
逃げた関東軍総司令部 邦人保護せず

最後に清水さんが綴る
同じ過ちを繰り返さないために。
すべては、やはり「知る」ことから始まるのだと思う。
戦争は、なぜ始まるのか
知ろうとしないことは、罪なのだ。
何かを学び、何かをしる旅。
必要であれば、私はいつでもその地へと出かけていくだろう。
たとえ、それが遥かなる鉄路の果てでも。

鉄路の果てに
清水 潔
マガジンハウス
2020-05-21


新幹線が欲しい訳でなく、新幹線工事が欲しい人々

北陸新幹線、金沢ー敦賀開業1年以上延期へ 建設費2000億円超増額か(福井新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース


ダムやら大型公共工事と同じ構図
小さく生んで(最初の予算は小さく)、大きく育てる(使い予算でしっかり儲ける)という事。

以下記事
北陸新幹線金沢―敦賀間の2023年春開業について、国土交通省が建設工事の遅れから、1年以上延期する方向で検討していることが11月9日、複数の関係者への取材で分かった。建設費の増額は避けられず、さらに2千億円以上必要になるとみられる。11日開かれる与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)、自民党北陸新幹線整備PTの会合で報告される。

【イメージ】北陸新幹線・新設6駅の外観デザイン

 与党、自民党両PTメンバーの反発は必至で、与党PTが結論を出す年末までに、どのように議論が進むのか注目される。
 
 関係者によると、石川県境の加賀トンネル(延長5・5キロ)、上下乗り換えの敦賀駅など福井県内3カ所で工事が遅れているほか、入札の不調、不落が相次いだため、開業が1〜2年遅れると判断したようだ。建設費は新型コロナウイルス感染防止対策、ひび割れが発生している加賀トンネル内の追加対策工事などから、「微修正では済まない金額」に膨らむ見通しという。
 
 建設費は資材や人件費の高騰などを受け、19年3月に工事実施計画を変更し2263億円増額した。新型コロナの感染拡大という想定外の事態が起こったとはいえ、2年足らずの間に2度増額することは、国交省の執行能力も問われそうだ。
 
 金沢―敦賀間の建設工事を巡っては、国交省が9月24日の与党PT会合で、一部工期が逼迫(ひっぱく)していると報告。10月9日には与党PTの細田博之座長が、23年春の確実な開業を求めた杉本達治知事らの要請に対し「厳しい情勢にある」との認識を示した。今月3日に自民党PTの高木毅座長、滝波宏文参院議員らが加賀トンネルを視察した際には、追加対策工事の進捗(しんちょく)が2割程度であることが明らかになるなど、開業遅れが懸念されていた。
 
 金沢―敦賀間は12年6月に認可され、「26年春ごろ開業」が決まった。15年1月には政府、与党の申し合わせにより3年前倒しされた。






ちなみに、北陸新幹線に関してはすでに同じ事(新幹線が欲しい訳でない)をして下書籍があります。

蓼食う人々 遠藤ケイ 山と渓谷社 2020

図書館本 良書

遠藤さん(1944-)の生き様を食物を通して綴っている感じ。

食文化は地域地域により異なっていて、本書に登場するザザムシも長野県でも一部地域が
メインとなっていたりします。
自然からの恵みは、山からであり、海からであり、山と海を繋ぐ川からであろう。
まさに自然に生かされて生きてきた人間に対して、遠藤さんの見る目は非常に優しい。
厳しい自然環境の中でも時に楽しみながら動物や植物と対峙する姿が臨場感あふれている。
そして、だんだんとそんな食文化が環境破壊や地域の過疎化等で無くなって行く現状を
憂いている様にも感じる。

阿仁マタギの猟の話には故西根さんの話も登場するし、鮎のチン叩き漁なんている
面白い話もある。

そして吐露する
「人は、食うために切るのではない。生きるために食う。他の命を犠牲にして生きる価値を
どこに求めるのか。それが人間一人一人に突き付けられて課題にほかならない」

本書では扱われている食材。
野兎/ 鴉/ トウゴロウ/ 岩茸/ 野鴨/ 鮎/ 鰍/ 山椒魚/ スギゴケ/ スガレ/ ザザ虫/ イナゴ/ 槌鯨/ 熊/ 海蛇(エラブウミヘビ)/ 海馬(トド)

若干話が盛られていると思われる部分もあるがそれはそれで面白い。

蓼食う人々
遠藤ケイ
山と渓谷社
2020-05-07


充実の週末

天気も良く
石焼き芋
読書
韓ドラ
焚き火
久々にMixカレー

有意義過ぎるな(笑)


2020-11-08_10-36-39_0842020-11-08_16-38-25_093sbli0mayQ2Kqk4vq90rcLAN6RXp-6VTj6hLPt7YXNlxQ

時代の抵抗者たち 青木理 河出書房新社 2020

図書館本 良書

スタジオジブリ刊行の月刊誌「熱風」2015年7月からの青木氏の連載「日本人と戦後70年」の対談者から9人分をまとめたとある。

恥ずかしながら知らない方もいて、自分の無教養さを痛感した一冊。

備忘録として
芸能界と自民党の関係
青島幸夫さんの凄さ
文部省関連議員のパワハラ
古賀誠氏 2歳の時に父がレイテで戦死
平野氏 僕らの世代はある種の恥の世代として歴史に記憶されることを覚悟
    共謀罪、集団的自衛権の行使容認の道、特定秘密保護法


目次

第1章 なかにし礼―芸能という自由・平等・猥褻
第2章 前川喜平―集団主義の教育から強権支配へ
第3章 古賀誠―平和を貫く保守政治を
第4章 中村文則―言うべきことを言う姿勢
第5章 田中均―いまは知性による抵抗のとき
第6章 梁石日―潜在化した差別が噴き出す危険性
第7章 岡留安則―スキャンダリズムから沖縄の怒りへ
第8章 平野啓一郎―国家権力が人を殺すということ
第9章 安田好弘―オウム事件、光市事件の弁護人として

時代の抵抗者たち
青木理
河出書房新社
2020-05-26


富士急行 賃貸問題  2020年11月8日東京新聞


長い事問題になっていたけど、結局なんのアクションも無かった。

やっと動きだした感じですね。

堀内家と行政の関係性が今後どうなるのか?


ノモンハン事件の辻政信もその親族に登場するわけです。


現知事に何度か選挙で敗れている堀内詔子氏も興味深い。



そして、上記お二人の子息はまた興味深い(笑)


東京新聞 富士急




神社で柏手を打つな! 島田裕巳 中公新書ラクレ 2019

図書館本

一般常識は何処に由来するのか?
そんな疑問に答えてくれる一冊。

当たり前だと思っていた事が、じつは比較的最近に導入された風習であったり文化であったり。

儀式儀礼などは特に古来からあったと思いがちでありますね。
あるいは種々なイベントなど。
多くの場合、決まり事(しきたり)だとおもって同調してしまうわけですね。
本書では色々な事例をもとに歴史を検証して、常識を疑う事を指摘している様に感じる。
初詣、墓参り、結婚式(祝儀、お返し)、クリスマス、ハロインなどなど。


駅弁

東京駅の駅弁
八戸駅の駅弁

八戸の駅弁が旨かった。1450円だったかな。
もちろん、鳥取のカニも旨かったけど。


DSC_1282DSC_1283DSC_1285DSC_1286DSC_1288DSC_1350DSC_1351

無敗の男 常井健一 文藝春秋 2019

図書館本

選挙の本質を臨場感高く中村喜四郎さんの評伝とも言える作品。
なぜ中村候補は無敗で勝ち続けられたのか?
自民党と離党しても、懲役刑で服役しても。
令和になり、菅政権になり、野党再編がどの様な展開をするのか?

なぜトランプがクリントンに勝ったのかを現地に赴いて自らの五感で吸収する姿が
非常に印象的である。

政治家と利権、おそらくこれはこれからも受け継がれるのであろう、しかしそのためには
国として日本が存在していることが大前提である。それがアメリカの属国としてであれ
中国の属国としてであれ。

中村氏の様な政治家が郷土益、国益を考え、外交や内政に真剣に取り組む事が右だの左だのと
いう小さな枠組みで絡み合うことへのカウンターであってほしいと感じた一冊。

またメディア嫌いな中村氏に食いつき、食い下がり、親族や後援会、秘書らにもしっかり取材しているからこそ、臨場感あふれる書になったのだと感じた。

そして選挙という戦いが、まさに泥臭い、どぶ板であり、戸別訪問であり、個人の信頼であることが
良く分かる。地域回りと活動報告であると。

中選挙区制から小選挙区制への移行で投票率がおよそ18%減少(1800万人相当)、その減少分が再度投票に向かえば政治は変わると指摘。


この2018年NHKの記事も本書に関連する。



2017年のジャーナリスト畠山さんの連載も興味深い





Go To 奥入瀬

紅葉も美術館も良かったけど。

ホテルがダメだった 以前の西表の星野リゾートも大した事なかった。
コストパフォーマンスが非常に悪いと思うよ。
ネームバリューで不振なホテルや旅館を安く買って再生させているようですが
その内容が伴わない。特に食事。

以下メモ

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル (もう利用しないと思う)
20201028- 2泊3日(平日)
洋室モダンルーム(禁煙)
2食付(ビュッヘ)
大人 38,046円 x2 76,092円 x2泊  小計 152,184円
消費税 15,216円
入湯税 600円
合計 168000円

Go To キャンペーン利用額 -56,000円
トータル 支払い 112,000円

地域共通クーポン券(28-30日限定) 24,000円 (帰りのバス、オプショナルツアー、お土産、ビュッフェでのアルコール代、美術館入場料(館内売店は使用不可)で使用)

オプショナルツアー 2階建てバス (これは良かった、台湾の方の日本語による解説)
紅葉プレミアムオープンバスツアー 3500円x2日 (1時間半)十和田湖畔でシャンパンサービスあり

部屋は道路側(まあこれはしょうがないとして)、和室を無理やり洋室に改造?
トイレ前の床が軋む。室温調整が部屋で出来ない。
エレベーターからも異音(笑)
建物自体が老朽化 (赤字倒産寸前を星野が買収? 5年で黒字化とのニュースあり)
温泉もなんかチャチイ コイン式のマッサージマシーンすら無い
マッサージ室は予約制であり(利用せず)


ビュッフェの酷さ
品目が少ない、2泊で品目がほぼ同じ(蕎麦からうどん程度)
質的にも貧弱でデザートもダメ
3-4交代制でかなり混んでいた

その他
スタッフの対応は良かったと思う(嫁は違う意見ではあるが)
東京―八戸  新幹線 早割り 2名 24580円
           帰り  2名 33180円 (通常料金)
八戸からホテルまでの無料送迎バス 1か月以上前に既に予約不可能でした。
JRバスで八戸駅から焼山(ホテルすぐ)まで一人1990円

庭仕事?

ダメだと思っていたシイタケ(菌だけ購入、裏山の椎の木などに何年前か植菌)が
出ていて驚いた。

庭で、焚き火台での焚き火練習。

後は、韓ドラ(笑)

2020-11-01_14-12-54_5912020-11-01_13-59-02_6962020-11-01_14-10-55_8632020-11-03_08-41-00_107

韓国ドラマに見る日帝(日本帝国主義)

歴史学的には朝鮮半島および中国大陸への侵略戦争であったと世界もそして日本も認めている。
にもかかわらず、いまだに相手国のために行っただとか、侵略でも植民地政策でも無いという
日本人(一部の戦争経験者や戦争を知らない多くの歴史修正主義者たち)が存在する。

韓国ドラマをみていて気が付くのは、製作者や出演者ほぼ全て戦争経験や抑圧や差別された
経験が無い方(徴兵制度は経験しているとしても)だろう。

しかし、彼らの両親や祖父母の時代には確実に人権抑圧を受けていて、その経験は確実に
自国の歴史授業や語り継がれた史実として後世に残っている、もちろん未来へも。

そんな文化を韓国ドラマの中に占領された朝鮮半島の歴史として見る事が出来る。

シカゴ・タイプライター 見終えました
ミスター・サンシャイン 3話まで終了

個人的に思う、謝罪というのは、いつまですれば良いか?という問いではなく
「もういいよ」と言われるまで謝り続ける事ではないかと。
内田樹さんも、たしかそんな風に書いていたと思う。

今の日本には残念ながら戦争責任や侵略戦争責任をごまかそうとする輩が未だに多いのだろう。

一度、逆の立場になればわかるのだろうか?
歴史から学ばない者は愚か者であることを。

静岡テレビ報道 リニア 提訴



静岡の住民の方もリニア問題で提訴(2020年10月30日)




別記事




その他TV報道







芸術は素敵だ

紅葉も素敵、芸術も素敵でした。

詳細は後日。
IMG_0208IMG_0267IMG_0272IMG_0274IMG_0294
Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画