おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

2019年07月

日本の原発 東京新聞

最近の東京新聞での報道

東京新聞は定期的に廃炉の状況等をしっかりと調査報道しています。


日本の原発190703

血圧

今のところこの範囲ですね。

年を取ると色んな所が壊れてまいります。

釣りと庭仕事は続けたいのでもう少し頑張りましょうかね。


xc756vhFQN6aPYpSLQQu-g

近況 

ゾゾタウンの箱が好きな猫
NHK
たいやき
ウイスキー

2019-07-03_20-45-58_0682019-07-02_20-16-24_4372019-07-02_20-22-00_9482019-07-02_20-05-12_543

アジサイ 生け花

今年も爺の3分生け花を何回かしてみた。


2019-06-16_08-24-56_650

Amazon掲載拒否レビュー 

イワナをもっと増やしたい!―「幻の魚」を守り、育て、利用する新しい方法 (フライの雑誌社新書) | 中村 智幸 |本 | 通販 | Amazon


この書評も「申し訳ありませんが、この製品を審査する資格はありません。詳細については、コミュニティガイドラインをご覧ください。 」だそうです。
2008年当時の書評 ずっと掲載されていましたが。購入本です。星5つ


まず書いておこう。
釣り人は読め。特に川で釣りをする奴は読め。

さて、1963年長野県生まれの中村さんのこれまでのフィールドワークと科学研究のまとめである。
石城謙吉先生のイワナの謎を追う (岩波新書)が1984年である。
その後、淡水魚保護協会の機関紙での特集「イワナ」などがあるが、おそらく在来魚のイワナ関連の本としては歴史に残る一冊になるだろう。
総論あり、各論あり、興味があれば文末にしっかりと参考資料を記載している。
そして本論は人工産卵場構築による自然環境下におけるイワナの保護増殖である。人工養殖に頼らないで、なんとかイワナを後世に残したいと多くの釣り人は思う。もちろん一般の方は釣りや開発を止めればイワナは後世に残るだろうと言われるかもしれない。心ある釣り人は遊びとしての釣りと釣りが出来る自然環境の保護の両方を願っているはずである。イワナはそんな自然の指標の一つでもある。イワナが渓流から姿を消した時、それは人類も同じ運命を辿ることを宿命付けられるのだろう。







おやこんなところに アシスト自転車

体力低下に伴い必要性を感じた訳です。

それ以上でもそれ以下でもございません(と言う言い訳)。

偶然に以前買ったのと同じパナソニック。
充電池は同じでした。


2019-06-26_11-24-43_999

保阪正康さんの生き様と立ち位置

79歳“在野の昭和史研究者”保阪正康 妻子持ちの32歳で大学院への道を捨てた日 | 文春オンライン


僕は半藤一利(1930-)さんと保阪正康(1939-)さんの本は基本的に信頼している。

アカデミアとジャーナリズムの良い意味での共生が正しい歴史(権力者が都合よく残すモノではない)の捉え方が保阪さんにはあると信じています。

以下記事より

保阪 「僕は、歴史修正主義のことを歴史だと思っていないです。歴史修正主義の人は唯物史観の裏返しみたいなもので、彼らは初めから旗を立てるんですね。例えば「日本は侵略していません」という旗を立てて、旗に見合う史実を集めてくる。これは歴史じゃなくて、政治ですよね。」


左翼の怠慢さが、現在の平和不信という空気をもたらした

――保阪さんは左翼陣営の歴史観に関しても「安易に『平和』という言葉を使ってきた左翼の怠慢さ、傲慢さが、現在の平和不信という空気をもたらした面は予想外に大きい」(『ナショナリズムの正体』)と批判的ですが、保守的な歴史修正主義についても同じようなことを思われていますか?

保阪 歴史修正主義と唯物史観の人を一緒にするとちょっとかわいそうですけどね。歴史修正主義は、心理的な……これはうまい言い方をすることが難しいですが、一つの病理だと思っています。歴史修正主義というのは、政治に歴史を持ち込んで自分たちの心理的なフラストレーションの解消に使っているだけだから、僕はあまり接触していないですね。

いわゆる「右傾化」とは、権力が「密教」に近づいた結果

――「あの戦争は聖戦だった」「南京事件はなかった」と語る人たちは、昔から右翼陣営などにいました。かつては「密教」だったのかもしれませんが、今では安倍首相の周辺にそうした考え方をする人たちが集まってきて、急速に影響力を増しています。

保阪 そうですね。結局のところ、いわゆる「右傾化」というのは、「権力」が密教に近づいた結果、戦後の「顕教」であり続けた「戦後民主主義」が後退したということにほかならないと思います。そして嫌な表現だけど、「密教」的なものを求める社会全体がある病理を抱え込んでいると思う。その理由は何かといったら、唯物史観の論者があまりにも歴史を不遜に扱ってきたから。だからここでもう一度、僕らは足で調べた事実をもって、実証主義的に歴史を見ていく。こういうことが、必要なんじゃないでしょうか。

 僕はよく言うんだけど、「記憶」が父親、「記録」が母親ならば、その2人の間には「教訓」あるいは「知恵」という子供が生まれるんだと思うんです。だから、記憶と記録はどちらも大事だと言いたい。そしてそれを帰納的に突き詰めていって、多様な解釈を通して何か教訓が出てくればいい。平和とは、その最後の段階の言葉だと思っています。


それから、『東條英機と天皇の時代』を出版した時は、歴史学者の家永三郎氏から長文の手紙が出版社気付で届きました。手紙には、初めて東條の実像を書いてくれた、という感想と、父親の思い出が綴られていました。父親は東條と前後するころに陸軍士官学校を卒業した軍人だったそうです。僕は家永氏の本に対してはあまり熱心な読者ではなかったから、何とも言えない気持ちにもなったんですが、しかし好き嫌いは別にして、やっぱりそこにお互いに礼節というのが通い合いますよね。「ああ、読んでくれたんだな」と。だって、あなたの場合もそうでしょう? 中には礼節を尽くす人、いるでしょう。

――はい、もちろんいます。

保阪 見えないところで礼節を尽くす人ってちゃんといるんですよね。だから、そういう人はやっぱり信頼できる。たとえ嫌いであってもね。


第2部より

第2部より  保阪 東條と安倍が似ている点をあえて言えば、たった一つ、どちらも本を読まないということです。東條も本を読みませんでした。軍事以外はほとんど関心がなく、自身の演説についても秘書が、大日本言論報国会の会長だった徳富蘇峰のところへ持って行くんです。それで蘇峰が手直ししたり、秘書がルビを振ったりしていた。これは公然たる事実です。そんなことを揶揄しても仕方がないけれども。本を読んでいない人の怖さというのは、行動はどこで止まるんだろう、どこで自制心を働かせてブレーキをかけるのだろう、というのが分からないところです。


Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画