おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

2018年12月

椎の木 裏山 

自分で切ろうとは思っていましたが、やはり造園屋さんにお願いしました。

台風で倒れて家屋を壊してもこまるし、自分で切って壊しても困るので。

切っていただいた椎の木はシイタケのホダ木にしたいと思います。

切り口をみたらかなり太いのに驚いた。

これで少しは西日がソーラーパネルに当たるかもしれません。

さて、いくらの請求書が来るのだろう(笑)

before after
IMG_3777IMG_3790IMG_3793

徳田虎雄病院王外伝 大平誠 PHP 2018

図書館本

青木理さんの、トラオ 徳田虎雄 不随の病院王 は読んでいて、現在難病(ALS)と闘っている徳田さんの生き様に興味を持っています。

すべての人が平等に医療を受ける権利があるという当たり前の事を当たり前にしつつあった徳田さん。
僻地医療、離島医療、そして地域医師会との闘い。
そんな万人への医療を日本だけでなく、広くアフリカまで広げようとしていた徳田さんでもある。

幼少期、青年期、そして国会議員へと突き進んだ時代考証。
歴史にIFはないけれど、もしALSにり患しなければ、違う日本の医療や世界の医療になっていたのかもしれない。

ご自身がお元気なころの中村祐輔さん(東大教授)との2002年の対談が最終章に置かれている。
まさに先見性が見て取れます。

ご快復をお祈りいたします。


霊長類図鑑 日本モンキーセンター編 2018

昔 サルのお仕事をしていた関係で購入

非常に良く出来ている一冊です。

すべての動物が平和に未来を迎えるためには、人間の活動が一番の問題なんです。

図鑑ですが、非常に詳しい分類や霊長類学的な情報が満載です。

IMG_3772IMG_3771





学習しない高給地方公務員が地域を潰すんですよね。

県職員の賞与 平均88万円余|NHK 山梨県のニュース



民間のどこの比較なんでしょうね?
ファナック?
東京エレクトロン?
山梨中央銀行?


以下記事


県職員の賞与 平均88万円余

12月11日 07時13分

県内の公務員に10日、冬のボーナスが支給され、このうち県職員の平均支給額は88万円余りでした。

県によりますと、県職員の冬のボーナスは一般職員と教員それに警察官の合わせておよそ1万2800人に総額113億944万円が支給され、去年より4億円余り少なくなりました。
支給の平均年齢は43歳で、1人当たりの平均支給額は88万1209円と去年より3万5000円余り、率にして3.87%減りましたが、県によりますとこれは年間のボーナスのうち冬の配分が去年より0.05か月分少なくなったためで、夏と合わせた支給月数は4.4か月分で去年と同じだということです。
県職員のボーナスをめぐっては、ことし10月、県人事委員会が民間の水準を下回っているなどとして年間で0.05か月分引き上げるよう勧告し、現在開会中の県議会で条例の改正案が可決されれば、この分が追加で支給される見通しです。
また、後藤知事には312万円余り、2人の副知事にはそれぞれ240万円余り、公営企業管理者には202万円余りが支給されました。
一方、県内27市町村の職員合わせて8800人余りについては、支給の平均年齢が41.5歳、1人当たりの平均支給額は78万8334円で、去年より1万9000円余り、率にして2.39%少なくなりました。


何処も横並びなのですね。


長崎県職員にボーナス 一般職平均88万円

12/11(火) 11:08配信

長崎新聞

 長崎県内の官公庁で10日、民間のボーナスに当たる期末・勤勉手当が支給された。県は一般職員や県議ら2万1250人に総額約183億4622万円を支給。一般職1人当たりは昨冬比1・57%増の88万3874円(平均年齢44歳4月)だった。

 一般職の増額は、人事委員会勧告により手当の支給月数が0・05月分増えたため。知事は同1・47%増の283万6418円で、国家公務員の指定職の改定状況を踏まえた。議長と副議長を除く県議1人当たりの支給額は同6・81%増の200万1千円。

他の主な県内官公庁などのトップの支給額は次の通り。

溝口芙美雄県議会議長=247万6237円
田上富久長崎市長=234万5843円
朝長則男佐世保市長=219万60円
田口直樹長崎地裁所長=270万1381円
菊地聡海自佐世保地方総監=261万3460円
河野茂長崎大学長=265万3067円



ご参考までに

目次

第1章 人口減少対策をビジネスの基本から導く
第2章 弱者(地方都市、中小企業)の経営は、強者とは正反対
第3章 弱者は競争するな。自分が1番になれる軸を創る
第4章 1番になる最良の方法は、協働という「働き方」
第5章 学習しない高給な公務員が、地方を滅ぼす
第6章 顧客価値は顧客目線な遊び心から創造される
第7章 現象でなく原因を考えると、人口急減の理由が分かる



老後の楽しみ 自動演奏ピアノとMIDI

子供がまだ小さい時に自分の出来ない事をやらせようと購入したピアノ
万が一子供が弾かなかった悲しいので、自動演奏機能付きのモノを購入。

殆ど使われていない(涙)

東京の蒲田から韮崎に移動し、そのままになっていました。

フロッピーディスクで演奏をしてくれるのですが、パソコンと連結すると
フロッピーもいらない様です(知るのが遅すぎだろう自分)

そんな訳で、PCとの接続ケーブルとMIDIソフト(演奏曲が沢山入っているらしい2千円弱)を購入。

韮崎の家の隣には藝大ピアノ卒のご家庭があるので、やはりピアノは鎌倉に持って来ようかなと
思案中である。

IMG_3761IMG_3762IMG_3773

ハイハイ 補助金、補助金

【山梨知事選】「新しいかじ取り役に」 菅長官、長崎氏を応援(産経新聞) - Yahoo!ニュース



全ては銭ですか?

かと言って現職が良いとも思いませんが。

山梨ってそんなに人材居ないのかな。。。。



以下記事

来年1月27日投開票の知事選に自民党推薦で立候補を予定している長崎幸太郎元衆院議員(50)が8日、甲府市内で総決起集会を開き、菅義偉官房長官、同党の三原じゅん子女性局長が応援に駆けつけた。

 総決起集会には、県選出国会議員、県議、市町村長などを含め、全県から約4千人が参加した。

 菅官房長官は「山梨県政は停滞している」とした上で、「前に進めるのは長崎さんしかいない。国と太いパイプがあり、周辺の県とも連携できる。行動力と未来を見据える政策があり、新しい山梨のかじ取り役になれる」と支持を訴えた。

 菅氏は「経済は国力の源だ。アベノミクスの成長戦略で観光と農林水産業の改革を徹底的にやった。山梨県の有効求人倍率は(政権発足前の)0・69倍から1・66倍になった」と安倍晋三政権の地方創生の成果を強調した。

 長崎氏は決意表明で、人口減少や過疎化に強い懸念を示し、県人口が約82万人の本県より少ない約71万人の高知に対する国の補助金が、本県よりも230億円多いことを紹介。「何もしないことは山梨にとって最大の失敗だ」と後藤斎県政を厳しく批判した。

 その上で、任期の4年間で約1千億円の資金を国から調達することで「災害や救急医療、リニア中央新幹線関連など、幅広い分野で予算が使えるはずだ」と指摘。「今こそ打って出る県政をつくろう」と呼びかけた。




笹子トンネル前の橋 劣化? 人為的?

笹子トンネルが事故の慰霊祭で渋滞していた時に撮影しました。
大きな橋です。日川橋?

これは人為的に削ったのかな?

それとも自然に削れて、鉄筋が錆びている?

なんか怖いんですけど。

普段は通り過ごしてしまう場所ですが、渋滞のお陰で気が付きました。

識者の皆さん。ご教示ください。

IMG_20181202_091356IMG_20181202_091336IMG_20181202_091407

まんがアフリカ少年が日本で育った結果 星野ルネ 毎日新聞出版 2018

本年読んだ本(漫画)で間違いなくベスト5に入るかな。

心の国籍は自由だ! その通りですね。

外国人って何?
人種って何?
国境って何?
アイデンティティって何?
文化って何?

ちょうど今国会で入管法改正案が議論されていましたね。移民法案とも呼ばれています。

グローバリゼーションは人類の歴史が始まった時から進行しているわけで
一部の人種だけで世界を運営できるはずもない。
相互扶助は当然だし、富める者が富めない者を助けるのは当たり前。
特に経済では時差が存在する訳で、今の中国を見れば分かる通り今や世界第2の
大国になっている。同様にこれから多くの発展途上国と言われる国々がより豊かな
国へと経済的時差を縮めていくのだろう。
そんな世界の中で多国籍の方が日本に住み、また国際結婚等で日本や海外で生活をする。

著者はカメルーンで幼少期を過ごしたカメルーン人であり、お母さんがその後日本人研究者と
結婚して日本で生活をするようになった。
日本語(関西弁、標準語)バッチリ、フランス語(カメルーン公用語)および英語も話す。
日本の歴史や文化も理解している。
そんな著者が感じた事を漫画として出版したのが本書である。

日本という国が、やがてノーボーダーになった時にいかに他の地域と協調しながら存在するのか?
そんなことを本書から考えてみても楽しいかも。







素敵なイベント 子供にあたらず、火にあたる 和光市

継続されているイベントの様です。

ナイフを使えない子供や、焚き火の楽しさを知らない親子とか。

こういうNPO素敵だね。


47390824_2025776384172189_3011302533021827072_o

謎のリキュール? シエラレオネ

ガーナで頂いてまいりました。

ダイヤモンドの産地、麻生大臣も昔働いた事があるというシエラレオネ産。
僕が訪問したのは内戦前の1988年
その当時は無かったかな。。。。

お酒です。

まだ試しておりません(笑)

IMG_3734

地方ミニコミ誌 発表報道のみのメディア

いかにも行政の手柄の様な記事
たまたま帰省中に拝見

どうして外国人が山梨を訪れるのか?
行政の関与などほぼ無いのにね。

そして、いまや山梨の観光は中国をはじめとする外国人無しでは成立しない。

広告主(スポンサー)と行政に忖度しているメディアに洗脳されている皆さま。
もう少し、しっかり情報を読み解かないと、「騙されていた〜〜」なんて
後で言っても誰も責任取りませんよ。

都合の悪い事は隠蔽、改竄、当たり前ですから。財務省も同じか(笑)

IMG_3740

凡人のための地域再生入門 木下斉 ダイヤモンド社 2018


補助金を中央から取ってくる公務員が偉くなるらしい。
そんな事が続く限り、絶対地方再生なんてありえない。
だって、誰もその補助金での事業に対して責任取らないからね。
コンサル、大学教授、地方公務員が食い散らかすだけ。
何か上手くいった補助金事業ありますか? 地方再生につながった?

さて本書

木下さんの書はみんな面白くそして示唆に富んでいる。
それは自らの経験が何層にも重なりあい、多くの方との交流を通してさらに重厚になっている様だからかな。
本書は単に地域再生とか町おこしの方法論や人間関係論ではなく、自らが企業したり自立した生業を始めようとする方にも最適ではないでしょうか?

本書は小説仕立てにはなっていますが、木下さんのこれまでの経験が多分に盛り込まれているのだと思います。特に若い方には読んで欲しいと思います。
そして補助金なんて考えないで(クラウドファンディングもほどほどに)自らがまずは出来る範囲で精いっぱいやる事が成功に繋がるのではないでしょうか?そしてそれが町おこしや地域再生に繋がる。

気の付いた点を幾つか備忘録として
新たな取り組みを潰そうとする地元の権力者
他人の成功を妬む住民(被害妄想的な人々)
補助金情報だけで生活する名ばかりコンサルタント
手柄を横取りしようとすり寄る役人 
資金調達で悩む前にやるべき事
行政と歩調を同じくするコンサル、シンクタンク、大学教授
3か月で資金繰りが出来なくなった南アルプス市の完熟農園(これ結局だれの責任なんだろう?)
今の組織を変えるより一から組織を立ち上げる
補助金の胴元、財務省主計局 補助金のコスパを投書するのも良いかもね。



地方創生大全
木下 斉
東洋経済新報社
2016-10-07



新たなガーナ名物

ガーナの知人がいつも色んなお土産を見つくろってくれるのですが
今回は新たにコレ。

落花生とトウモロコシを炒った?モノ

ビールによく合いますです。

IMG_3707IMG_3708

甲府一高「強行遠足」の道 山梨・長野県 100キロ超の難路、高校生と挑む

(みちのものがたり)甲府一高「強行遠足」の道 山梨・長野県 100キロ超の難路、高校生と挑む:朝日新聞デジタル


ちなみに、小諸に到達して、翌日学校に登校して行事は終了なのです。当時
記者は一つ先輩ですかね。

以下記事

(みちのものがたり)甲府一高「強行遠足」の道 山梨・長野県 100キロ超の難路、高校生と挑む

2018年12月1日03時30分



小諸をめざし、励まし合いながら坂を上る甲府第一高校の生徒たち。後方には甲府盆地の夜景が広がっていた=山梨県北杜市



 42年前の1976年10月、山梨県立甲府第一高校3年生だったわたしは伝統の「強行遠足」に参加し、途中で落伍(らくご)した。甲府市から長野県小諸市まで105キロを一昼夜かけて歩く行事だ。前年は、60キロ付近で道路のくぼみに足をとられて右足首を捻挫し、足を引きずりながらも小諸へたどり着いた。それから1ログイン前の続き年、捻挫のことなどすっかり忘れていたが、前の年と同じ60キロ辺りから疼(うず)き出した。右足を路面に着こうとするたび、足首に激痛が走る。雨も落ちてきた。心が折れ、ゴールまであと15キロの長野県佐久市のチェックポイント・中込(なかごみ)検印所で前に進むのを諦めた。

 「2年生まで2年続けて踏破したのに」。もう一度歩いてみたい、という思いが社会に出てからも、ふとしたときによぎる。定年延長がなければ退職するはずだった今年、第92回強行遠足の同行取材を母校へ願い出た。迎えてくれた校長の堀井昭さん(59)もOBである。「昔より過酷なコースですよ」

 それは強行遠足当日の10月6日午後9時すぎ、39・2キロ地点の大泉検印所を出て間もなく思い知った。観光道路・八ケ岳高原ラインに通じる県道を、前を歩く生徒らのキャップランプを頼りに上る。闇に包まれ、先がどうなっているのか皆目わからない。たまに通る車の赤い尾灯がどこまでも上がっていく。「まだ坂が続くのか」。ぼやいているうち勾配が一段と急になる。スマートフォンの記録によれば30分間に48階建てビルに相当する高さを上っていた。心拍数も130前後に跳ね上がる。出発から8時間、1100メートル近い標高差を上がってきた。今にも痙攣(けいれん)しそうなふくらはぎばかりか、心臓も耐えられるか気が気でなかった。

     *

 わたしの高校時代はこのルートを通っていない。女子の行程は男子のコースの中ほどの区間の40キロ余り。2002年、危険運転の車に女子2人がはねられて死傷し、安全のため歩道のある道路を選ぶといった見直しを重ねた結果、男子の全行程は104キロと1キロ短縮されたが、最も高い地点は50メートルほど上がった。

 どうにか坂道を上り切った辺りから雨が降り始めた。霧も立ちこめ、視界が悪い。清里を過ぎ、山梨県から長野県に入って日付が変わるころ、雨が上がり、雲が切れると、夜空に北斗七星が瞬いていた。だが、野辺山が近づくにつれ、風が強まる。折あしく台風25号が日本海を北上していた。気温は17度台だが、ときおり16メートルを超す強風が吹き荒れ、体感温度は0度近くまで下がる。そばを歩く生徒の一団から「寒い」という声が漏れた。スタートした10時間前、午後2時の甲府の気温は29・7度だった。寒さがひとしお骨身にこたえる。

 52・3キロ地点の野辺山検印所では、名物のシジミ汁がふるまわれた。到着した生徒を教師や保護者がねぎらうテントの後ろに体育館がある。玄関に靴が並んでいた。もう歩けなくなって靴を脱いだ後輩たちの無念が伝わってくる。

 難路に挑んだ1〜3年生計379人のうち、12%の46人が既に棄権していた。ここでさらに全体の2割弱にあたる73人がリタイアした。

 ■一生懸命19時間歩き続けた

 暑さが和らいだ9月初めから、わたしは東京都中央区の会社を出ると自宅まで11キロ弱をほぼ毎日歩いて帰った。だが、しょせんは平らな道だ。野辺山まで行き着く自信はなかった。検印所近くのコンビニで買ったおにぎりを食べながら行程表を広げ、臼田までの距離を確かめた。33キロ先だ。

 佐久市と合併した旧臼田町の検印所で、わたしの高校時代は「臼田のおばちゃん」こと故・依田トミ子さんが迎えてくれた。「えらかったね」。塩とゴマの炊きたてのおむすびに牛乳を勧められ、真っ赤なリンゴも持たせてくれた。用意するコメは60キロ、紅玉(こうぎょく)リンゴ千個、牛乳千本。次男の正晴さん(72)は「いまでいうボランティアですよ」と話す。

 1963年のこと。甲府一高の教師が依田さん夫妻の営む小海線臼田駅前の酒販店に現れた。長野県松本市へ向かう国道20号の交通量が増え、強行遠足のコースをこちらに変えるので、この近辺に検印所を設けたいという。亡夫・寿倭次(すわじ)さんが応えた。「お世話しましょう」。戦前、職探しの当てが外れて山梨県から帰る夜道、空腹に耐えかねて助けを求めた農家の主婦が塩むすびを握ってくれた。山梨の人から受けた恩に報いたかったのだ。

 以来40年、依田さんは90歳近くまで、検印所を切り回した。このために買った容量3升と5升のガス釜でご飯を炊き、長男の妻信子さん(80)、次男の妻百合子さん(72)ら家族は総出で、地域の女性たちも手伝って、おむすびを握る。保護者は紅玉を布で磨く。信子さんと百合子さんは実の姉妹だ。「みんな、お客さんをもてなすのが好きですから。子どもも大好きだし」と口々に言う。

 臼田検印所は千曲川の対岸の国道141号沿いに移っていたが、依田さん一家の応援は変わらない。

     *

 何とか臼田に着けたのはサッカー部の2年生ら4、5人のお陰だ。6・6キロ手前の佐久穂(さくほ)検印所が近づくにつれて野辺山から600メートル近い標高差を下ってきたツケだろう、膝(ひざ)の痛みがこたえ始めた。そのころ道連れになったのが彼らだ。確か野辺山付近でヤケを起こしかけた仲間を、誰かが「短気は損気」と素っ頓狂な声を出して励ましていた。つかず離れず歩くうち85・8キロ地点の臼田を越え、42年前に棄権した中込も過ぎた。

 次の岩村田検印所まで1キロの交差点で浜田亮輔さん(16)がうめいた。「なんで真っすぐじゃないんだ」。ここから国道は何百メートルも先の橋まで下り坂が続いたあと、ほぼ同じ高さまで再び上る。彼の足の裏には底マメができていた。わたしも1年目に苦しんだ。1歩進むたびに画びょうを踏んだような痛みが襲う。平らな道でもつらい。

 しばらく前から、わたしも右足首の激痛に耐えかねていた。42年前の挫折を招いた古傷だ。スタートから95・2キロ歩き、残り8・8キロの岩村田で脱落した。ここで別れた集団は全員ゴールし、森田悠希さん(16)と早田陽紀(はるき)さん(17)は口をそろえた。「1人じゃ絶対無理でした」。もう一人の三嶋悠人さん(17)は「何のために歩くか? わからないです」。1年生のとき、わたしは窮屈な靴のせいで足の爪2、3枚が剥がれたまま小諸へ着いた。なぜそこまでして歩いたのか、自分でもわからない。

 2年生になった75年、若者のカリスマだった当時36歳のイラストレーター黒田征太郎さんがNHKの番組のため同行取材した。「かわいかった、みんな一生懸命でね」。まもなく80歳を迎える黒田さんは全行程踏破を周囲に語ったことはない。「大事なのは今ですよ。歩いているときがええのと違う?」

 あのころと同じように生徒たちは一生懸命歩いていた。引っぱられるようにわたしも19時間歩き続けた。ゴールには届かなかったけれど、一生懸命になることを思い出させてくれた、かけがえのない道のりだった。

 (文・田中啓介 写真・藤原伸雄)

 ■今回の道

 甲府第一高校の「強行遠足」は前身の旧制甲府中学時代、1924(大正13)年に始まった。当時の校長が「歩くにまさる身体の訓練はない」と企画したという。今年が92回目。記者=写真=が歩くのは42年ぶり4度目。

 甲府一高を出発し、最初の韮崎検印所まで11.5キロ。韮崎市は2015年のノーベル医学生理学賞を受賞した大村智博士の郷里だ。韮崎を過ぎた辺りから清里の手前、42.9キロ地点のまきば給水所まで上り坂が続く。「まきば」は標高1426メートル。出発点に比べて1138メートル高い。

 山梨と長野の県境を越えて、小海線が走るJR鉄道最高地点(1375メートル)の近くを通過し、52.3キロ地点の野辺山検印所に至る。ようやく全行程の半分だ。

 ここを抜ければ、今度は長い下り坂が待ち構える。計18カ所の検印所・給水所の中で最も高い「まきば」からだと、終点の小諸まで759メートル下りなければならない。国道141号や間道をたどって千曲川沿いを北上する。東の空が白むのは、おおむね70〜80キロ地点か。

 104キロを踏破して、たどり着く懐古園は、島崎藤村が「千曲川旅情の歌」に「小諸なる古城のほとり」とうたった小諸城址(じょうし)だ。三之門をくぐればゴールテープが待っている=写真。制限時間の24時間以内に今年、このテープに迎えられた男子は186人。総勢379人の49%だった。

 一方、女子の行程は男子と同じコースのうち高根〜小海間の41.6キロ。425人が参加し、91%に当たる388人が制限時間の9時間以内にゴールした。

 ■ぶらり

 JR甲府駅北口からバスで10分ほど。戦国武将武田信玄をまつる武田神社(電話055・252・2609)=写真=は信虎・信玄・勝頼3代の居館だった躑躅ケ崎館(つつじがさきやかた)跡に立つ。堀、石垣、古井戸といった遺構が残り、往時をしのぶことができる。

 山梨県は世界でも珍しい宝飾産業の集積産地だ。貴金属加工や宝石研磨、水晶美術彫刻、国内外への流通・販売といった企業や工房が集中する。

 甲府駅南口から徒歩7分の山梨ジュエリーミュージアム(電話055・223・1570)で開催中の「宝石の街 甲府」展は、明治期の水晶工芸から現在の宝飾品まで約80点を展示し、新たな価値の創造をめざす取り組みも紹介する。来年2月11日まで(火曜と12月29日〜1月3日休館)。無料。

 

 ■味わう

 2010年のご当地グルメの祭典でゴールドグランプリに輝いた「甲府鳥もつ煮」=写真=発祥の店が奥藤(おくとう)本店だ。新鮮な生の鶏のレバー、ハツ、砂肝、キンカン(玉道)を鍋に入れ、砂糖と醤油(しょうゆ)をベースに味付けをする。1950年ごろ、初めて顧客に提供し、次第に浸透して甲府のソウルフードになった。甲府駅前店(電話055・232・0910)は駅南口から徒歩2分。木曜定休(祝日は営業)。

 ■読者へのおみやげ

 甲府市の印傳屋本店で買った甲州印伝のパスケースを3人に。住所・氏名・年齢・「1日」を明記し、〒119・0378 晴海郵便局留め 朝日新聞be「みち」係へ。6日の消印まで有効です。

 ◆次回は、世界的登山家・故田部井淳子さんの長男進也さんが、母の肖像を胸に登る安達太良山(福島県)の登山道の予定です。


週末 山梨

韮崎の家に物品搬入
その後、いつもの旭温泉 名湯過ぎます(笑) 
近所の大村先生の温泉(白山温泉)とも泉質はまったく違います。

その後、釣りの師匠のお宅でストーブを拝見

そしてリバーサイドにある和食店で宴会

鎌倉に戻り、まったりと火と戯れる


IMG_3744IMG_3749IMG_3756IMG_3767

サンタさんありがとう🎅

IMG_3738
底面がHなヤツがやってきた!

エミレーツ機内映画


スカイスクレーパー http://skyscraper-movie.jp/
面白い

ミッション:インポッシブル/フォールアウト https://missionimpossible.jp/
面白い

MEG ザ・モンスター https://warnerbros.co.jp/movie/megthemonster/
面白い

The First Purge https://www.youtube.com/watch?v=UL29y0ah92w
アメリカの未来 日本も同じ? 格差社会の未来
殺戮映画 見たくない

アクション・ポイント/ゲスの極みオトナの遊園地 https://www.youtube.com/watch?v=osh7jr9y9u8
面白い アメリカ的

ジェラシックワールド https://www.jurassicworld.jp/
パークからワールドへ 外来種問題と同じ香り ゲノム編集の未来

ラブラスの魔女  http://www.laplace-movie.jp/
嵐の桜井さん 


Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画