おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

2016年06月

リニア建設予定地を訪ねる〜静岡工区編〜

喪失徘徊録 | ●2016年5月某日/リニア建設予定地を訪ねる〜静岡工区編〜


「長野、静岡、山梨、三県にまたがる赤石山脈(南アルプス)。
日本第二の高峰、北岳を有する山脈とはいえ華やかな北アルプスと比べいささか地味な存在だ。
登山客で賑わっていた富士山や三位の穂高岳に比べ、閑散としていた北岳山頂が印象に残っている。
そんなマニアックな登山者を惹き付ける南アルプスに降って湧いたリニア中央新幹線計画。
Cルートに決定したリニアは南アルプス直下を貫通するトンネルによって駆け抜けていく。
いつものように建設予定地を訪れようと思ったものの深い山中に存在する
静岡工区現場へ繋がる唯一のアクセス路、林道東俣線は一般車両通行止め。
往復50kmを越える山道をどのように走破していくか。
二軒小屋小屋経由で静岡県最深部の西俣非常口を目指した今回は
過去8回のリニア予定地訪問の中で最も過酷な探索となった。」


沢山の画像と共に大自然破壊の未来を想像する虚しさ。

Guam4 お化け屋敷?と水族館


まあ、どうでもよい画像です。
文化を知る

IMG_0889IMG_0891IMG_0897IMG_0898IMG_0899
IMG_0945IMG_0947IMG_0948IMG_0949IMG_0952IMG_0954IMG_0957IMG_0967

Guam 3


Pacific War Museum
日本語のブログ

僕は英霊なんて言葉を使わない。

ただただ死んだ方の魂に祈るだけ。

地球上でもっとも愚かな生物、それは人間だということを認識しながら。

IMG_0915IMG_0916IMG_0917IMG_0920IMG_0921IMG_0929IMG_0936





Guam 2

タロフォフォの滝公園の中にあった博物館? 民衆の感覚はこんななんだろうね、日本に対する。

IMG_0871
IMG_0851IMG_0856IMG_0862IMG_0863IMG_0865IMG_0866IMG_0869IMG_0868IMG_0870

Guam May26-28

はじめてのUS圏。ブラックリストに載っていなかったようですが入国の際にそれなりに質問された(笑)通常は聞かれないようですが。

長男と次男にお付き合いという感じ。

僕は兵器とか武器は嫌いであります。もちろん自衛のための最低限のプロテクト用にはナイフやら銃はしょうがないとは思っています。

今回良かったのは戦争博物館とタロフォフォの滝公園の中にあった博物館?
この辺はまた次回

そして現在、グアムでは4年に一度開催(今回で12回目)中のイベントの雰囲気が味わえたこと。

第12回 フェスティバル オブ パシフィックアーツ 12th Festival of pacific arts2016年5月22日 - 2016年6月4日
日本語はこちら。

1972年より4年ごとに開催されるお祭りです。27の島国・準州から2500人を超えるパフォーマー、アーティスト、職人が集まり、お祭りの2週間を盛り上げます。太平洋エリア最大級のイベントで、各島より人々が一同に会しお互いの敬意と理解を深めます。

<参加国>
グアム(開催国)、米サモア、ニウエ、ソロモン諸島、オーストラリア、ハワイ、ノーフォーク島、トケラウ、クック諸島、キリバス、北マリアナ諸島、トン ガ、イースター島、マーシャル諸島、パラオ、ツバル、ミクロネシア連邦、ナウル、パプアニューギニア、バヌアツ、フィジー諸島、ニューカレドニア、ピトケ アン島、ウォリス・フツナ、フランス領ポリネシア、ニュージーランド、サモア

日本も沖縄なんかで開催すれば良いと思うよ。

IMG_0761IMG_0775IMG_0805IMG_0755IMG_0753IMG_0838
festpac

規制の虜 黒川清  講談社 2016

規制の虜 黒川清  講談社 2016

図書館本
原発震災は人災でありグループシンク(集団浅慮)の愚である。
これが本書のサマリーだろう。

福島原発震災の国会事故調(憲政史上初)のトップとして認識した日本型システムの問題点を単刀直入に指摘しています。
黒川さん(1936- )の青春時代からの経歴を含めて若い人々に対する遺言でもあるように思う。黒川さんほどの人がトップになって報告書をまとめ、提言書を国会に出しても何ら変わらない原発行政(原発ムラ)の姿が良くわかります。

黒川さんが定義する日本の中枢にいるリーダーたちとは
「志が低く、責任感がない。自分たちの問題であるにもかかわらず、他人事のようなことばかり言う。普段は威張っているのに、困難に遇うと我が身かわいさから直ぐ逃げる。」

規制の虜:規制する側(経産省)が、規制される側(東電等)に取りこまれ、本来の役割を果たせなくなってしまうこと。

9.11後 アメリカ、フランスは航空機による原発墜落当の防御策を日本に2度伝えたが何の対策も取らなかった。

IAEAの指摘する「深層防護」の考えを日本は無視(日本では原発事故は起こらないことになっている) 日本の脆弱性は世界中にバレていた。
不都合な真実は存在しない、記録等がなくて確認できない、ことになる。

F1の免震重要棟に関して清水社長は「もしあれが無かったらと思うとゾッとする」
にも係わらず、九州電力は「不要」と判断

国会事故調は日本国家の全身CTスキャン
規制の虜(Regulatory Capture) もたれ合い、なれ合いがしっくりこないから。

備忘録メモ
国会事故調設立前夜:初動ミスによる信頼喪失の例(UKのBSE問題)
事故調設立の提案 仙谷氏から菅直人首相に4枚のペーパー
国民の、国民による、国民のための委員会である。
調査統括 宇田左近氏
海外視察のアポは外務省を通さない 現地大使館では大使や大使館員との接触原則禁止
報告書を避難住民の代表である首長に事故調終了後に自費で手渡し
政府事故調は各省庁からの役人が報告書作成
公開性と英語での海外への配信
各委員会後のオープン記者会見 記者クラブ制度の問題点の指摘も
第9回委員会 参考人 深野弘行氏(通産省で原発関連、当時原子力安全・保安院長) 要領を得ない回答 責任のがれ
第12回委員会 勝俣会長 「それは社長の仕事である」連発
アカウンタビリティーとは説明責任などという無責任な言葉ではなく、「与えられた責務、責任を果たす」ということ
異論を言いにくい社会
グループシンク(集団浅慮)という意思決定パターン 異論の出ない組織は間違う
単線路線のエリート構造 終身雇用、年功序列、新卒一括採用、偏差値による大学の比較、同質性の高さ、タテのヒエラルキーでヨコに動きにくい社会構造
同調圧力により異論を言えない
海外からの委員を入れようとしたが出来なかった(日本の信用を得られない現実)
2012年12月 外務省主催の原発関連会議(福島)呼ばれなかった国会事故調
報告書が出来れば終わりという感覚 国民主権=国会(立法府、国権の最高機関)が機能していない
変わらぬマスコミの権威主義 委員長はどうおもうか?と聞くのでなく自分でされに腸さして書くべき
7つの提言の行方
1. 規制当局に対する国会(立法府)の監視
2. 政府の危機管理体制の見直し
3. 被災住民にたいする政府の対応
4. 電気事業者の監視
5. 新しい規制組織の要件
6. 原子力法規則の見直し
7. 独立調査委員会の活用

政策は役所が作るレベルからの脱却
役人は公僕とメディアも言わないから国民は役人を「お上」の人だと思い、メディアは「天下り」をカギカッコを付けずに使うようになっている。無意識のうちに役人に「服従」いている。
「服従文化」が国を破滅に導く 朝河貫一博士の警告「日本の禍機」
家元制の日本の大学
出る杭を育てる
わかりやすいプロジェクト(国会事故調編)はウェブで閲覧可能 テキスト&ビデオ等


福島川内村のアジサイ タマアジサイ?ヤマアジサイ?

福島県ではヤマアジサイでなく、タマアジサイだとの事ですが。
僕にはわかりません。

咲いた所を見てみたいですね。

IMG_0477IMG_0480IMG_0482IMG_0483IMG_0489IMG_0490IMG_0493IMG_0494
Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画