おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

2014年07月

銭だけの人々 リニア

リニア建設で県期成同盟会が国に要請へ 行政手続きの円滑化求め (カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース


要するに環境やら未来とか関係なく現世の利益だけなんでしょう。

以下転載

リニア中央新幹線建設促進県期成同盟会(会長・黒岩祐治知事)の総会が30日、横浜市中区で開かれた。リニアの早期建設に向け、農地転用や大深度地下使用に関する行政手続きが円滑に進むよう国に求めることなどを確認した。

 JR東海は現在、国土交通相の意見を踏まえ、環境影響評価(アセスメント)の最終的な見直しを進めている。総会では早期建設を後押しするため、各種手続きの円滑化や、全線同時開業に向けた方策の検討などを国に求める7項目の運動方針を決議した。

 黒岩知事は「可能な限りの環境影響の低減と十分な説明に努めてほしい」とJRに注文をつける一方、「年度内の着工予定で開業に大きな一歩を踏み出す。神奈川の成長のエンジンとなっていくよう期待したい」とあいさつ。

 加山俊夫相模原市長は「県駅が予定されている橋本駅周辺は圏央道の開通などで広域交通網の整備が着実に進んでいる。県北の玄関口にふさわしい都市づくりを進めたい」と述べた。

 会には県や同市など会員自治体や関係者ら約60人が出席した

清里フィールドバレエ記念ウイスキー

4月に清里で開催された哲学3人塾
昨年に続き、萌木の村で行われた。
その折に村長さんの舩木 上次さんも参加されていて、フィールドバレエ記念のウイスキーを造ると話されていました。(ちなみに舩木 上次さんはアルコール飲まれませんが、凄いコレクターです)

そして予約をしておいたボトルが届きました。

以前スタッフからアフリカ赴任の折に頂いた特製の「夢」バカラに入れていただきました。

このウイスキーの詳細は萌木の村のバーのバーテンダーさんのブログからどうぞ。

jpeg12

リニア 朝日 社説

(社説)リニア新幹線 これが最良の選択か:朝日新聞デジタル


 リニア中央新幹線の品川―名古屋間の環境影響評価(アセスメント)がほぼ終わった。国土交通相はJR東海の計画を大筋で容認した。JR東海はこの秋にも着工する構えだ。

 ただ3年に及んだアセスで、計画への疑問はむしろ膨らんだといわざるをえない。工事で6千万立方メートルを超す残土や汚泥などが出る。沿線河川の水が減ったり、南アルプスの景観や動植物の生息に影響したりする恐れも明らかになった。

 こうした環境問題も心配だが、時代の移り変わりを見ると、そもそもリニアは必要なのかとの疑問も抱かせる。

 中央新幹線は、1973年に基本計画が決まった。ほどなく高度成長が終わり、同時に計画が示された11路線は凍結状態だ。中央新幹線だけが進んだのは、JR東海が東京―大阪間で9兆円超の建設費を自己負担すると表明したことが大きい。

 最高時速500キロ超の超伝導リニアは、62年から研究が続く日本の鉄道技術者の夢だ。何としても実現させ、将来は輸出も、との思いがある。

 ただこの40年余りで、社会状況は大きく変わった。最も留意すべきなのは、人口が急速な減少局面に移ったことだ。

 JR東海は、東京、名古屋、大阪を1時間程度で結ぶことで、6千万人を超す巨大都市圏がうまれ、日本全体の経済成長を促す、と強調する。

 だが、東京一極集中と地方の疲弊が問題になっているのに、3大都市圏の合体化が最適の処方箋(しょほうせん)なのか。リニア計画を認めた国の審議会でも、社会構造に及ぼす負の側面を十分に検討したとは思えない。

 JR東海がもう一つ説くのは、東海道新幹線の代替機能だ。今年で開業50年を迎えて老朽化対策が急務なうえ、リニアがあれば地震の時も東西ルートを確保できるとの考えだ。

 ただ、北陸新幹線の整備が進み、東京―敦賀(福井県)間は25年度に開業する予定だ。さらに1本、しかも建設費が割高で電力消費も大きいリニアが唯一の選択なのか。

 JR東海が自己負担する9兆円余りは、企業努力の産物ではあるものの、公共交通であるJRに国民が払った運賃が原資となっている。地方公共交通が衰弱している現状で、何ともアンバランスな投資にも思える。

 着工にゴーサインを出すのは国だ。安倍政権は前のめりだが、リニア抜きの案も含めた国土利用の未来計画を示して、国民の意思を確かめてはどうか。拙速に進める必要はない。


北海道釣行

7月21日から26日まで北海道。
釣りは21日から23日

なんかニジマス増えてない?
オショロコマ減っていない?
雨鱒も減っているような。。。

同行者が釣った雨鱒が今回最大。
いつもは結構このサイズ以上が釣れますが。。。

IMGP4451IMGP4452IMGP4458IMGP4482IMGP4484IMGP4490IMGP4494

弱者だからこそ

Yahoo!知恵袋で「弱者を抹殺する。」という強烈な質問に対しての回答が秀逸だと話題に | FunDO


備忘録として。確かに逸脱。

殺し合う愚かさ、それが人間の本質なのかもしれません。
もっとも凶悪な動物な人間。そして弱者としての人間。


以下全文引用

質問
弱者を抹殺する。 不謹慎な質問ですが、疑問に思ったのでお答え頂ければと思い…


弱者を抹殺する。

不謹慎な質問ですが、疑問に思ったのでお答え頂ければと思います。
自然界では弱肉強食という単語通り、弱い者が強い者に捕食される。

でも人間の社会では何故それが行
われないのでしょうか?
文明が開かれた頃は、種族同士の争いが行われ、弱い者は殺されて行きました。

ですが、今日の社会では弱者を税金だのなんだので、生かしてます。
優れた遺伝子が生き残るのが自然の摂理ではないのですか。
今の人間社会は理に適ってないのではないでしょうか。

人権などの話を出すのは今回はお控え頂ければと思います。






ベストアンサーに選ばれた回答

え〜っと、、、よくある勘違いなんですが、自然界は「弱肉強食」ではありません

弱いからといって喰われるとは限らないし、強いからといって食えるとも限りません

虎は兎より掛け値なしに強いですが、兎は世界中で繁栄し、虎は絶滅の危機に瀕しています

***

自然界の掟は、個体レベルでは「全肉全食」で、種レベルでは「適者生存」です

個体レベルでは、最終的に全ての個体が「喰われ」ます
全ての個体は、多少の寿命の差こそあれ、必ず死にます
個体間の寿命の違いは、自然界全体で観れば意味はありません
ある犬が2年生き、別の犬が10年生きたとしても、それはほとんど大した違いは無く、どっちでもいいことです

種レベルでは「適者生存」です
この言葉は誤解されて広まってますが、決して「弱肉強食」の意味ではありません
「強い者」が残るのではなく、「適した者」が残るんです
(「残る」という意味が、「個体が生き延びる」という意味で無く「遺伝子が次世代に受け継がれる」の意味であることに注意)


そして自然というものの特徴は、「無限と言っていいほどの環境適応のやり方がある」ということです

必ずしも活発なものが残るとは限らず、ナマケモノや深海生物のように極端に代謝を落とした生存戦略もあります
多産なもの少産なもの、速いもの遅いもの、強いもの弱いもの、大きいもの小さいもの、、、、
あらゆる形態の生物が存在することは御存じの通り

「適応」してさえいれば、強かろうが弱かろうが関係無いんです

そして「適者生存」の意味が、「個体が生き延びる」という意味で無く「遺伝子が次世代に受け継がれる」の意味である以上、ある特定の個体が外敵に喰われようがどうしようが関係ないんです

10年生き延びて子を1匹しか生まなかった個体と、1年しか生きられなかったが子を10匹生んだ個体とでは、後者の方がより「適者」として「生存」したことになります


「生存」が「子孫を残すこと」であり、「適応」の仕方が無数に可能性のあるものである以上、どのように「適応」するかはその生物の生存戦略次第ということになります

人間の生存戦略は、、、、「社会性」

高度に機能的な社会を作り、その互助作用でもって個体を保護する
個別的には長期の生存が不可能な個体(=つまり、質問主さんがおっしゃる”弱者”です)も生き延びさせることで、子孫の繁栄の可能性を最大化する、、、、という戦略です

どれだけの個体が生き延びられるか、どの程度の”弱者”を生かすことが出来るかは、その社会の持つ力に比例します
人類は文明を発展させることで、前時代では生かすことが出来なかった個体も生かすことができるようになりました

生物の生存戦略としては大成功でしょう
(生物が子孫を増やすのは本源的なものであり、そのこと自体の価値を問うてもそれは無意味です。「こんなに数を増やす必要があるのか?」という疑問は、自然界に立脚して論ずる限り意味を成しません)

「優秀な遺伝子」ってものは無いんですよ
あるのは「ある特定の環境において、有効であるかもしれない遺伝子」です

遺伝子によって発現されるどういう”形質”が、どういう環境で生存に有利に働くかは計算不可能です
例えば、現代社会の人類にとって「障害」としかみなされない形質も、将来は「有効な形質」になってるかもしれません
だから、可能であるならばできる限り多くのパターンの「障害(=つまるところ形質的イレギュラーですが)」を抱えておく方が、生存戦略上の「保険」となるんです

(「生まれつき目が見えないことが、どういう状況で有利になるのか?」という質問をしないでくださいね。それこそ誰にも読めないことなんです。自然とは、無数の可能性の塊であって、全てを計算しきるのは神ならぬ人間には不可能ですから)


アマゾンのジャングルに一人で放置されて生き延びられる現代人はいませんね
ということは、「社会」というものが無い生の自然状態に置かれるなら、人間は全員「弱者」だということです

その「弱者」たちが集まって、出来るだけ多くの「弱者」を生かすようにしたのが人間の生存戦略なんです

だから社会科学では、「闘争」も「協働」も人間社会の構成要素だが、どちらがより「人間社会」の本質かといえば「協働」である、と答えるんです
「闘争」がどれほど活発化しようが、最後は「協働」しないと人間は生き延びられないからです


我々全員が「弱者」であり、「弱者」を生かすのがホモ・サピエンスの生存戦略だということです






この回答を見たユーザーからは、「とても勉強になった」「“適者生存”かなるほど・・・」「分かりやすく納得がいきました!」など賞賛の声があがっていました。この質問、回答自体は2011年のものですが、数年たっても話題になるとはスゴいですね。


宮沢りえちゃんには逢えず(笑)

吹上温泉 露天の湯


釣りの帰りに、ちと寄ってみた。

五郎さんとしゅうちゃんの入った温泉。

良い温泉でした、ちなみに当日は、オランダ人の若者達(ビキニと海パン)と韓国人オヤジ達でした。




IMGP4521
IMGP4523

危険公務員(笑)

危険ドラッグなら、危険公務員ってのも、必要やわ : いまにしのりゆき 商売繁盛でささもって来い!


下記の書籍を書いた今西さんのブログ
なるほど(笑)




原子力ムラの陰謀: 機密ファイルが暴く闇
今西憲之+週刊朝日編集部
朝日新聞出版
2013-08-20

ニセ科学と鎌倉市 EM団子 世界遺産

海の日、EMダンゴ一斉投入、速報! - 感動親父の感動日記 - Yahoo!ブログ


鎌倉学園と御成中学校だそうですよ。大丈夫ですか教員、生徒、父兄。
ニセ科学を推奨する鎌倉市じゃ世界遺産も絶対無理だと思いますが。

子供を騙して、環境汚染。



デジカメ

北海道釣行で壊れてしまったので。多分踏んでしまったか、強く圧力がかかって。

札幌駅前のBICとヨドバシの両店で探してみたけど、安いのがなかったので
諦めて価格コムとアマゾンさんで。
防水も良いかと思いつつ、お値段で(笑)

Canon デジタルカメラ IXY 120 光学8倍ズーム ブラック IXY120(BK) 8040円なり。




ちなみにこれまで使っていたのは。3年ほど前に6600円ほどで購入。今のほうが値段が高い(笑)


リニア 都県議員懇が発足

リニアと暮らし:6都県議員懇が発足 約20人 幅広く意見交換を /長野 - 毎日新聞



河村晃生名誉教授は川村先生の誤植です。


リニアと暮らし:6都県議員懇が発足 約20人 幅広く意見交換を /長野


毎日新聞 2014年07月25日 地方版

 リニア中央新幹線沿線の市町村議員ら有志による「リニアを考える地方議員の懇談会」の設立会合が、東京都内の参院議員会館であり、6都県から約20人の議員らが集まった。リニアに関して推進一辺倒ではなく、「慎重」「反対」などを含め幅広い立場から定期的に意見交換し、交流を図るのが目的。相互の現地視察も計画している。

 参加者の意見交換で大鹿村の河本明代村議は、残土運搬に伴う大型車両の通行に村民の不安が高まっていることや、小渋川に架かる鉄橋の予定地周辺が深層崩壊の危険地域になっていることなどを報告。相模原市の市議は残土処理や車両基地の設置で懸念される影響を説明した。また、実験線が建設されている山梨県笛吹市の市議は工事に伴う水枯れの影響を話した。

 意見交換に先立ち、リニアに詳しい慶応大の河村晃生名誉教授が講演。「これまでJR東海による情報開示は不十分だった」と指摘したうえで、議会が果たす役割の大きさを強調した。

 会合後には国土交通省の担当者にリニア関連の国や地方の公共投資、環境への影響などについて質問。予定地の大半で残土の処理方法が未定となっていることに、鉄道局施設課の担当者は、環境影響評価(アセスメント)手続き後に予定される国交相の許認可の段階で確定している必要はないとの認識を示し、「事業者のJR東海が責任を持って決めるべきこと」などと述べた。【横井信洋】


目の毒ですね(笑)ほすいギア多数。

Amazon.co.jp: BE-PAL (ビーパル) 2014年 08月号 [雑誌]: 本


アウトドアグッズの進歩は凄いですね。
見れば見るほど欲しくなります(笑)
もちろんクラッシックなギアでも一生モノもあるし、
新しいからと言って全てが優れているとも限りません。
良いモノを長く使う、それが一番ですね。

それにしても欲しいものだらけである。



小説外務省 孫崎享 現代書館 2014

図書館本 やっと予約が回ってきました。

孫崎さんの戦後史の正体をはじめ歴史的なイベントが起こる必然というものがあるのだろうと思う。

ある国の利益はある国の不利益になりかねない。

その利益のために、あえて当事国と隣国の間で紛争が起こるように仕掛けを作っておく。

もっとも簡単なのが領土問題なのかもしれませんね。

日本とどの国が外交上、そして国民感情として対立していたら良いのか?

その時に一番、漁夫の利的に富を得るのは誰なのか。

孫崎さんの「小説」とわざと記していることを読み解くことで世界が見えるように思う。

それは日本だけでなく、シリア、イスラエル、アフガンすべてに当てはまるに様にも思えてならない。


埋もれたエイズ報告 NHK取材班 桜井均 三省堂 1997

図書館本

これが調査報道というお手本。
1994年2月6日 NHKスペシャル「埋もれたエイズ報告」の制作過程とその後。

行政、アカデミズム、製薬企業等の社会的責任とは何か?
本書から見えてくるのは一部の人間が方向性を密室で決めていく過程。
そこに蠢く利権、嫉妬、名誉欲等々だろうか。

本書の元になったNHKの番組が無ければ、血液製剤の問題、輸血感染の問題などはさらに
矮小化してHIV/AIDS問題は違った方向に流されてしまったのであろう。

行政、科学者、製薬企業がそれぞれの情報の透明公開性とそれぞれの社会的責任を
果たしていれば、日本のHIV/IDS感染者および患者は現状よりさらに少なかったであろう。

結果的には、輸入血液製剤で感染し、抗ウイルス剤の開発前に苦しみの中で亡くなっていった多くの血友病患者の子供達がいる事を知らなければならない。

筆者が最後に書く。
行政が自らの無謬性を確保するために不作為に陥り、この被害を防ぎえなかったとすれば、その責任は重い。薬害エイズ事件の真相究明は、「誰が何をなさなかったか」という不作為の連鎖を明らかにすることでもある。

また、NHK番組の中心人物であった今井彰氏(その後プロジェクトXのプロヂューサー)の「赤い追跡者」(2013)も本書に関連している。

埋もれたエイズ報告
桜井 均
三省堂
1997-07

赤い追跡者
今井 彰
新潮社
2013-06-21

ダム問題 最上小国川ダム問題 YTS特集

ローカルニュースでもここまで出来るんです。

京大名誉教授の言葉が重い。

私たちは多くの負の遺産を残してしまった。

ダムだけが治水の正解ではないのです。





嫁いでいく娘 


今年は200株近くの娘が嫁いでいきました。今年最後の娘達?

来年は綺麗で可憐な花を咲かすんだよと、言い聞かせておきました(笑)

2014-07-18 07_36_05

福島原発の闇 堀江邦夫、水木しげる(絵) 朝日新聞社 2011

図書館本

1979年10月、11月のアサヒグラフ「パイプの森の放浪者」に加筆、修正との事。

堀江さん自身が原発労働者として働き、水木さんが資料等から原発作業員と内部の環境を描いています。
原発で働く労働者の実態は他の方も書いているが、非常に重いベールに包まれている。
下請け、孫請け、さらにその下に存在するヒエラルキー的労働環境。

2011年3月の原発震災。
安全神話が虚偽であることが世界中に示され、原発労働者の実態も明らかになった。
しかし現在も人間が近づくことすらできないメルトダウンした原子炉の廃炉のために多くの作業員が被ばくしながら労働している。

佐野眞一氏が指摘していた。
原発労働者は誇りを持てない。
だから、炭鉱からは歌や物語が生まれたのに、原発はそうではない。それが原発とはどういうものか端的に語っているのではないかと。

水木さんは、太平洋戦争でご自身が地獄を見ている。
撃たれて死ぬ、飢えで死ぬ。慰安婦の事など。


さすが御用メディア様なミニコミ誌

開業で地域活性化???

開業までに一部業界の利権継続ですよね。

2014-07-19 16_04_54

プア充 島田裕巳  早川書房 2013

図書館本

若い人は眺めてみるのも良いかも。
フィクションとしていますが、島田さんのオウム事件以後の生き様を描いているのでしょう。
あとがきからそんな事をうかがえます。
若い方は既にオウム事件も歴史の一片かもしれませんが、中年以降の方には大きな衝撃だった事件。
そのオウムに関して多くの識者と言う方がテレビやメディアで色んな事をいろんな角度で話されていました。
島田さんも、そのお一人。

本書は年収300万で意味ある人生をということでしょう。
でも、都会じゃなければ出来ないと指摘しています(地方は車やその他で経費がかかる)
ワーキングプアとの違いが良く分かりませんが、登場人物は年収が100万下がって350万になりますが
価値観が同様な女性と結婚し、残業も殆どない中小企業の営業として働きます。

では地方では不可能なのかと考えたら、パラサイトシングルの様な感じで実家で年収200万程度あれば
結構楽しいのではと思いますが、どうなんでしょうね?

まあ、ブラック企業で働いて体を壊すよりは、給料そこそこ(どの程度?)で自分の頭で考えながら生きるのが
良いのは当然でしょうね。

ちなみに、著者はかなりのハイペースで宗教関連の本を執筆していて、有る意味、ワーカーホリックです。
そして過去には同じオウム問題で脚光を浴びた同門の中沢新一氏に対してこんな本も書いておりましたね。
「中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて」(2007)




備忘録 リニア

リニア国交相意見秋にも着工か - NHK山梨県のニュース


JR東海が本当に国交大臣意見を真摯に受け止めるならな工事は着工できないと思うけど。


リンクが切れるので以下転載

13年後の2027年に開業が予定されているリニア中央新幹線の建設に向けてJR東海が環境への影響をまとめた評価書について、太田国土交通大臣は地域住民への丁寧な説明などを行ったうえで、建設工事を行うべきだとする意見を表明しました。
これを受けてJR東海は建設工事の認可申請を行う方針で申請が認められればことしの秋にも着工する見通しです。
JR東海がまとめたリニア中央新幹線の環境影響評価書に対しては、6月、石原環境大臣が「環境負荷が生じることは否めず、影響を最大限、回避したり低減したりするよう求める」とする意見が出されています。
この環境影響評価書について、太田国土交通大臣は、18日の閣議の後の記者会見で環境大臣の意見に沿った措置を適切に行ったうえで、▽地域住民に丁寧な説明を行うことや、▽建設によって出る残土を有効利用することなど、8項目にわたる点に十分配慮して建設工事を行うべきだとする意見を表明しました。
そのうえで太田大臣は「環境に対する影響への懸念が払拭されることが重要で、JR東海はしっかりと検討してほしい」と述べました。
JR東海はこれらの意見を踏まえて最終的な環境影響評価書をまとめ改めて国土交通省に提出するとともに、この夏、建設工事の認可申請を行う予定で申請が認められればことしの秋にも着工する見通しです。
JR東海は「いただいた国土交通大臣の意見ひとつひとつをしっかりと検討し、できる限り早く最終的な評価書を仕上げていきたい」とコメントしています。

07月18日 14時20分

備忘録 リニア

リニア 今後のスケジュールは - NHK山梨県のニュース

リンクが切れるので

リニア 今後のスケジュールは

3年前に国土交通大臣から出された建設指示を受けて、JR東海は工事が環境に与える影響の調査を行い、沿線の都県について、それぞれ平均2500ページにおよぶ評価書をまとめました。
JR東海は18日の国土交通大臣の意見を踏まえて、環境影響評価書の最終的な内容を確定させたうえで、国や沿線の自治体に送付し、公告、縦覧を行います。
合わせてこの夏の間に、国土交通大臣に建設工事の実施計画を申請し、認可が下りれば秋ごろに着工したいとしています。
着工に入るとまず、事業や工事の内容について沿線自治体で説明会を開くとともに、用地の測量や取得作業などを進めます。
そして、トンネル工事など実際の建設に取りかかり、13年後、2027年に東京・名古屋間で開業を目指すことにしています。
一方、名古屋と大阪の間は、今後、環境への影響を調査するとともに、まだ決まっていない具体的なルートや駅の場所を選定することにしており、開業は31年後の2045年になる見通しです。

07月18日 16時17分

再掲 EM団子で環境破壊

理科の探検 2014年春号「特集 ニセ科学を斬る!EM団子の水環境への投げ込みは環境を悪化させる」 | SciencePortal


ニセ科学で子供達が騙されませんように。そして福島が喰い物にされませんように。

科学とは(不安の構造より)

科学の4種類:
1.正しい科学、
2.未科学(仮説の段階で検証を受けていない)、
3.間違い科学(検証により間違いだと分かる、2005年のロシア人研究者のGM大豆によるラット高死亡率等)
4.ニセ科学(科学でないものを科学に見せかける詐欺行為)

明らかにEMが4番である事が分かります。

以下転載
何故研究者は研究論文を書かねばならないのか?

EM菌、EM団子は科学と言えるのか、それとも科学と言えないのかを見極めるためには、この項目は極めて重要であるから、最初に取り上げることにした。なお、科学と言えないとの意味は下記に述べるように、価値ある科学雑誌に掲載された論文がない研究を言う。

いかなる研究分野においても、未解決の問題を科学的に解明できた時の喜びは、何事にも代えられない研究者冥利につきる。私が助手の時代、学会や調査旅費は1回東京の学会に出席すればなくなる額だった。従って、調査は自前で行くしかなかった。40年程前、水俣病の原因は水銀(メチル水銀)ではないかと言われていたが、当時天然に存在する水銀濃度も全く分からなかった。あまりにも低濃度のため、信頼できる分析方法がなかったからだ。

私は、数年間寝食を忘れて高感度の分析法を開発し、天然レベルの水銀濃度は数ng/l(ng = 10-9g)であることを、さらに水銀汚染のある河川水中の水銀濃度と魚の水銀濃度との関係も明らかにした。水銀汚染のある河川を探して、本州、北海道を調査したがすべて自前であった。しかし、この成果は著名なNature に2回掲載された。多くの研究者は1度でいいからNature かScience に掲載されることを望んでいるが、採択率は数%程度で掲載されるには、極めて難しい科学雑誌である。

何故苦労し英文にして国際誌に投稿するかというと、著名な科学雑誌に掲載されることは、研究成果が世界でオーソライズされたとみなされるからである。掲載された研究論文は、誰がこの実験を行っても、同じ結果が得られるから科学と言えるのだ。従って、掲載された論文がない限り、研究や講演内容の信頼性はほとんどないと言える。



EM菌を知ったきっかけ

北大時代タイから2名の院生が留学していた。私は、森が海の生物に果たす役割の研究をしていたから、留学生には海の森林、マングローブでの食物網(連鎖)のテーマを与え、何回もタイに調査・研究にでかけた。タイでは、農業分野でEM菌を使用している人もいると聞いたことがあるが、漠然と農業には使われているのかなと思った程度であった。

その後、道庁の某部長から、土壌に落下した枯葉の分解がEM菌で速くならないかを実験してもらいたいとの依頼があり、1年間酸素の存在する好気性状態、無酸素の嫌気性状態で実験を行ったがその効果は認められなかった。その理由は、土壌1gに生存するバクテリア数は数億から数10億であり、環境に適応した常在バクテリアが増殖するのである。酸素のない嫌気性状態に好気性バクテリアを添加しても、好気性バクテリアは増殖できず、死に至るか休眠状態(芽胞)になり、全く意味はない。その逆も同じことである。つまり、環境に適応した常在バクテリアが増殖し、活動しているから、EM菌を加えても効果がなかったものと思われる。

さらに、20年も前になるかと思うが、私は新潟県の長岡市の団体から講演を依頼された。同時にEM菌の開発者、琉球大学比嘉教授も招かれていた。EM菌の理論は何なのかと思い、比嘉教授の話を真剣に聞いていたが、EM菌で育てると農作物の生育がいいというような結果論で、その理論を話された記憶はない。また、科学では説明できない非科学的な事項も話されたので、それは記憶している。その内容は、” ガソリンにEM菌を混入すると燃費が20%もよくなる、セラミックにEM菌を混入すると、特別なセラミックになる(特別なセラミックの意味は忘れた)、海に散布すれば磯焼け(海藻がなくなる現象)が解消されるなど、話されたがその理論の説明は全くなかった。私は、非科学的な話をされることに違和感を覚えた。

その後、EM菌とは無関係であったが、郷里三重県では義務教育でEM菌、EM団子の教育をしていること、また四日市市では河川などに投入するEM菌、団子に補助金をだしているのでは、三重県は非科学的な県だと思われるのは残念でならず、放置していいわけがないと思った。それに、四日市に在住している高校時代の友人も市民税を払いたくないと憤っているが、それがまともな市民感情である。

義務教育で科学的に疑問視されている事項を正しいと教育していては、三重県(四日市市、鈴鹿市、伊勢市などではEM菌を使用)からノーベル賞どころか、オリジナルな研究成果を世に送り出す人材が育つはずがない。教養(学歴ではない)のある親なら、非科学的な教育をしている公立学校に、子供を学ばせるのを敬遠するだろう。

生徒には、最初に河川が何故悪臭やヘドロ化するのかを教え、次にその原因物質はどこからくるのかを教える。これらの説明から元の河川に戻すには、どうすべきかを子供たちに考えさせることが、教育の本質ではないか。また、後述するように血税を無酸素化、ヘドロ化する原因物質の河川への流入を断つことに使えば、生きた血税の使い道になる。

三重県ではEM団子(米ぬかも含有)を悪臭のある河川や貧、無酸素水塊が拡大している伊勢湾に投入しているが、何故悪臭を発生するのか、何故無酸素水塊が生じるのかを理解すれば、EM団子の投入がいかに無意味な行為であるばかりか、悪臭や無酸素化を助長していることを理解されるものと思う。



何故河川が悪臭を発したり、河底土がヘドロ化するのか? また、何故伊勢湾の底層が貧、無酸素、ヘドロ化するのか?

母校四日市高校のグランド横を十四川が流れている。当時は、河川水量も豊富で、どこにでも見られる自然の河川であった。ところが、上流の丘陵地帯が開発されたことや河川周辺の水田が宅地化された。このため、河川水量が激減し、家庭雑排水が流入したため、悪臭を発し、ヘドロ化したと思われる。悪臭、ヘドロ対策として、EM菌、団子を投入しているが、この行為は悪臭をなくすどころか悪臭を助長させていることを次に述べる。

水が流れている河川で悪臭がしますか?たとえ下水道でも、水が流れている場合悪臭がしますか?水に溶存酸素が存在する限り、悪臭を発する化学物質は生成されないのである。

下水道の終末処理場では、空気(酸素)を吹き込み(曝気)、好気性バクテリアによる活性汚泥法が使われている。何故酸素を共存させるかというと、有機物を最も速く分解できるからである。有機物を速く分解させるには酸素共存下(好気性)が最適な手段なのだ。

北大時代、環境に関し多岐にわたる研究を行ってきたが、家庭雑排水などの溶存酸素がなくなると、有機物を分解する速度は酸素のある場合の1/10に激減する。好気性分解に勝る方法は存在しないのである。

次に、酸素がなくなる嫌気性状態について述べる。無酸素になると天然に存在する硫酸塩が硫酸還元バクテリアで還元されるため、硫化水素、メチルメルカプタン(硫黄含有有機物)などの悪臭を発する化合物が生成する。また、家庭雑排水には硫黄を含有するアミノ酸が含有されており、この硫黄も硫酸塩同様、上記の悪臭を発する化合物になる。

悪臭を発している河川の河底土は黒色でヘドロ化している。黒色しているヘドロは岩石の風化で生じた微細鉱物、未分解の有機物、それと無酸素状態下で形成された硫化鉄が混合したものである。何故黒色を呈するかと言うと、無酸素状態下で鉄サビが鉄還元バクテリアによって還元された鉄イオン(Fe2+)と、硫酸塩が還元され生成した硫化物イオン(S2-)の溶解度積が小さいため、黒色の硫化鉄(FeS)の微細粒子が形成されるからである。

トイレを除く家庭雑排水が未処理なら、我々は一人、一日にBOD(有機物量と考えたらいい)を27g河川に放出している。4人家族なら、約100gになる。炭素量を50%とすると、この有機物を分解するには、約130gの溶存酸素が必要である。100gの雑排水が河川に流入した場合、河川水1L当たり仮に10mgの酸素が溶解しているとすると、水が滞留している幅5m、水深20cmの河川では、長さ13mに渡り、夏季なら図2のように、4時間以内に無酸素状態になる。20軒なら260mの河川が無酸素になる。河川水の流れが少しあったとしても、毎日雑排水が流されるのだから、260mどころかかなり広範囲に渡り、無酸素状態が延々と続くのである。これから分かるように、河川に流入する有機物を断つか水量を増やさない限り、河川は無酸素になり、悪臭とヘドロ化するのである。次に示すように、米ぬかを含むEM団子の投入などもっての外である。

米ぬかや家庭雑排水中の有機物が分解されるのに、どのくらい酸素を消費するかについて、20〜25℃で行った実験結果を図1、2に示した。図1から、河川水1Lには約9mgの酸素が溶存していたが、3日間で酸素はすべて米ぬかの分解に消費された。9mgの酸素で分解された米ぬかはわずか7mg(炭素を50%とする)、100mg(0.1g)の米ぬかを分解するには約15Lもの水が必要になる。このように、家庭にある計量器では重さを測定できない微量の有機物量で、無酸素状態が形成されるのである。
淡水、海水各1000mLに米ぬか100mgを加えた時の溶存酸素の経時変化
図1. 淡水、海水各1000mLに米ぬか100mgを加えた時の溶存酸素の経時変化。
■、●は淡水;▲、◆は海水

家庭雑排水中の溶存酸素減少速度
図2. 家庭雑排水中の溶存酸素減少速度。日を変えて4回の実験

なお、EM菌、団子を汚染した河川に投入したら、アユがもどってきたという大本営発表をそのまま記事にしている新聞もあるが、文系卒の記者でも少しは勉強しないと、社会の木鐸としての役割は果たせない。未処理で河川に放流されていた家庭雑排水などが、徐々に処理され始めれば、河川に流入する有機物量が減少するから、河川が無酸素になる確率が減少する。さらに、植林や間伐などにより腐植土が形成されれば、雨水が保水され河川水量も増え、無酸素になる確率も減少する。河川水に酸素が存在していれば、アユが遡上するのは自然のなりゆきである。アユの遡上はEM菌の効果ではなく、未処理の雑排水などが流入しなくなったか、河川水量が増したかである。全国的に工場廃水や家庭雑排水処理率が向上しているから、読者の多くは身近の河川でアユが遡上してきたというニュースを聞いていると思う。

海においても、汚染された閉鎖湾の底層が貧、無酸素になるが、この現象も河川のヘドロ化と同様である。つまり、底層水の酸素量よりも分解される有機物の沈降量が多いからである。沈降する有機物の起源は陸からの家庭雑排水などか海で生産されるプランクトン(赤潮)である。貧、無酸素状況を解消させるには、沈降する有機物量を減らす、つまり元を断つことである。

黒色のヘドロは簡単に造ることができる。河川、沿岸海水での鉄サビ、硫酸塩、含硫黄アミノ酸濃度は高いが、100ml程度の河川水や海水を用いた実験ではこれらの絶対量が少ないから、変色(鉄サビの赤褐色から黒色)が肉眼で認識できるように鉄サビ、硫酸塩、米ぬか(家庭雑排水の代わり)、鉱物を三角ビーカーに加え、河川か海水を100ml加え、空気を遮断して放置する。

最初は河川水、海水には酸素が存在しているため、好気性バクテリアが数日〜10日以内に米ぬかを分解するため、無酸素状態になる。

酸素が存在する好気性環境下でも、休眠状態(芽胞)で存在している嫌気性バクテリアは無酸素になると、目を覚まし、増殖し始め鉄サビ、硫酸塩を還元し始める。その結果、FeS が形成され黒色のヘドロが造られるのである。要に酸素を含む好気性の河川、海水にも休眠している嫌気性バクテリアが存在しており、酸素がなくなる嫌気性の環境になると、好気性バクテリアに代わり、増殖し活動する。つまり、先に述べたように常在バクテリアが優先するのである。

戦前、戦後私は、というより多くの国民は牛肉を食する機会は少なかったが、動物性タンパク質に困らなかったのは、海、川、湖の恩恵を受けたからである(拙著、森が消えれば海も死ぬ第2版、講談社ブルーバックス、2010年)。私や三重県人にとっては、伊勢湾は命の恩人といえる。その恩恵を受けた湾が長年無酸素状態になっている。恩恵を受けた湾を昔の湾にもどしたいと多くの県民は願っているのに、海の日に無酸素状態を助長させるEM団子を14万個も湾に投げ入れているとは、湾の恩恵を受けた一人として放置できない由々しき大問題である。EM団子は米ぬかも含有されているため、米ぬかの分解に酸素が消費され、無酸素化を助長するのだ。

このように、悪臭や無酸素状態を解消するには、EM菌、団子の投入は何の効果もないし、無酸素状態を助長させることをご理解いただけたと思う。



結論

EM 菌が科学と言えないのは、冒頭で述べたようにまともな論文が存在しないからである。しかも、比嘉教授はウエブエコピュアー、新・夢に生きる(htn.to/PJQVin)で「各試験研究機関もEM研究機構の同意なしには、勝手に試験して効果を判断する権限もありません」と自らEM菌は科学でないことを認めている。科学とは、誰が行っても同じ結果が得られるから科学なのだ。

悪臭、ヘドロ化の要因は河川水や湾の底層が無酸素になるからである。無酸素を造り出す要因は家庭雑排水などに含有される有機物である。元を断つには未処理の家庭雑排水を、例えば合併浄化槽などで処理することである。また、河川水量を増やすためには、植林をして、雨水を保水する腐植土を造ることや現在、放置されているスギ、ヒノキの針葉樹の森を間伐し、腐植土を形成することである。

最後に、人間は人間を殺せないから人間であるが、戦争は人間が人間でなくなるのである。人間でなくなる戦争を可能にするであろう特定秘密保護法に賛成した某宗教団体もあるが、人を殺す戦争に賛同する宗教など存在しないから、ほんものの宗教ではないと、まともな国民は思っている。

季刊理科の探検 RikaTan 2014年 春号 より転




海の日のEM団子投入は海洋汚染です

ちょっと待って!EM団子・EM活性液の投入 - warblerの日記

リンクより引用しておきます。

お近くでこんな行為が行われたら、行政にどんどん通報しましょう。
不法投棄で海洋汚染です。


『福島県生活環境部生活排水対策推進指導員講習会資料』(抜粋)
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20130712/1373605438
特に、この資料にある『微生物資材の水環境中での利用に関するQ&A』は、ぜひお読み下さい。とても参考になります。

にある通り、微生物資材による培養液を投入すると水質の悪化を招く恐れがあります。
同様な見解が、広島県、岡山県などの公的機関から出されています。
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20130428/1367131822

EM培養液である『EM活性液』はもちろん、
EMで作った「ぼかし」(有機肥料の一種)と「EM活性液」を土に混ぜて丸めて作った『EM団子』は微生物と有機肥料を含んでおり、大量に投入すると同様に環境への負荷が高まります。

EMを河川や湖沼、海などに投入する行為は「EMによる環境浄化活動」として善意で行われていますが、こうしたイベントに参加する前に、本当に環境浄化の効果が期待できるのかどうか、立ち止まって考えて頂きたいと思います。

また、沖縄で開発された微生物資材であるEMを、他の地域の川や池、海に投入することで、元々その環境にはいなかったEMに含まれる微生物が在来の微生物と混在する状態になりますが、環境保全の観点から考えて、これは望ましい状態と言えるでしょうか。もし、在来の微生物がEMに含まれている微生物との競合に負けて姿を消してしまえば、本来の環境保全とは言えなくなります。EMを投入して解決しようとするのは、在来の微生物を含む複雑な生態系の事を忘れた安易な考え方でもあると思います。

環境の回復には、河川等に流入する汚水をなんとかしないと根本的な解決にはならないでしょう。
「○○さえ投入すれば、自然環境が汚れても挽回できる」という短絡思考は、環境を汚さない様に気を付ける気持ちが薄らいでしまい、環境保護活動として本末転倒になってしまいます。




こちらもEM団子記事。

公務員がJR東海のために用地買収

リニア新駅予定地は風俗・歓楽街 名古屋、買収は難航?:朝日新聞デジタル


買収は公務員担当だそうですよ。


以下記事
リニア中央新幹線の拠点となる名古屋。地下に造る新駅の用地買収に向け、JR東海、愛知県、名古屋市の三者が連携を探る。特に駅西側は地権者が多く、風俗店もあって交渉は容易でない。県と市には、JRから交渉を「丸投げ」されないかとの警戒感もにじむ。

JR東海、用地買収「自治体に委託」 リニア開業に向け

 JR名古屋駅西口を出ると、水着姿の女性店員を売りにした居酒屋や、キャバクラ店が入るビルが見えた。路地裏には風俗店が目立つ。一帯は地下にリニアの新駅ができるため、用地買収が必要とされる。

 長さ1キロにわたる用地内の建物の数は、大規模施設が目立つ駅東側より、西側の方が多い。辺りは戦後は闇市、今は風俗店が並ぶ。県幹部は「移転してもらうのは簡単でない」と話す。

 リニア建設にむけ、JR東海は国土交通省から計画を認可されれば、今秋に着工する方針だ。名駅周辺の用地買収は最優先課題の一つ。柘植康英社長は16日の記者会見で「認可をいただき次第、作業に入っていかなくては」と語った。

 約5年で用地買収を終える想定だが、対象となる土地や建物の所有者らを回って交渉する必要がある。折り合わない場合、公共の利益となる事業として強制的に取得する土地収用の手続きもあるが、時間がかかる。

 リニア開業に伴う名駅周辺の開発は、名古屋市の重要プロジェクトだ。市幹部は「土地買収で時間を取られれば2027年開業なんてとてもできない」と、JRへの支援策を探る。地権者への代替用地あっせんや、立ち退く住民への市営住宅紹介といった内容だ。

 ただ、市と県は、JRから「委託」で交渉を丸投げされれば負担が大きすぎると警戒する。県幹部も「JR出てこい、と地権者も言ってくるだろう。全てお任せでは困る」と釘を刺す。(岡戸佑樹、増田勇介)

こんな記事(上のリンクより)
リニア中央新幹線開業に向け、JR東海が名古屋駅周辺の用地買収に乗り出す。地面を掘り地下に新駅を造るためだが、駅周辺の土地、建物の権利者は多く、交渉が難航すれば2027年の開業が遅れかねない。JRは、愛知県や名古屋市との連携を図る。

 JRの環境影響評価書によると、新駅は東西約1キロ、幅最大60メートルで、地上の線路や名古屋駅と交差する形で地下30メートルに造る。リニア区間の多くは大深度地下のトンネルだが、新駅は乗り換えに配慮し浅い位置にあり、地上から掘削工事をする。そのため駅の上の土地を買う必要がある。

 用地の所有権は細かく分かれ、市によると建物は名駅東側に約20棟、西側に約40棟。西側は風俗店や飲食店も多く買収は容易でない。JRは「用地交渉は自治体に委託させていただきたい」(広報)と県と市に連携を求める。

 リニア開業の根拠となる全国新幹線鉄道整備法は、地元自治体が用地取得のあっせんなどに努めるよう定める。交渉を担う組織について県幹部は「職員を出す準備はある。市を中心に県、JRが人を出し合う形が理想」と話す。

 都市部で用地買収の経験がある市の役割が期待されており、JR東海の柘植康英社長も16日の記者会見で「当然、市とも連携を取りながら進めたい」と強調。ただ、市幹部は「事業主体はJR。用地買収には協力するが、どういう形になるかは相談している最中だ」と語るにとどめる。

 手間取ればリニア開業が遅れかねないという懸念は三者にあり、調整が進みそうだ。

日本政治のウラのウラ 森喜朗、田原総一朗 講談社 2013

図書館本

あんまりすっきりしない本。
田原さんの森評価が高いのいつものことですが、、、、

誰と誰が好きだとか、嫌いだとか、小沢は嫌われているとか。
国会対策で保革馴れ合いとか。
派閥、学閥、出身地閥などなど。

大臣になりたい、首相になりた、それはそれで結構なんですが、日本の未来を見据えて
何をやりたいのかが本書からは見えてこない。

森さんのロシア通は知られているが、では、そこから今後の人脈を通じての日ロの関係性は?

東京オリンピック関係で盛んに登場する森さんですが、もっと他に日本のためにやることあるんじゃないかな?

一番最後の靖国神社を巡る動きに関しては、なるほどだと思った。
別の社をつくり、合祀を止め、天皇がお参り出来る存在をつくる。


静岡県のリニア問題に対する市民の皆さんの取り組みが凄い

静岡県川勝知事へ リニア中央新幹線の質問書を提出しました|しずおかハートnetのブログ


静岡県にはリニアの駅は出来ません。そのために大きな利権も無く、これまであまりリニア新幹線に対する疑問は無かった様です。ところが昨年の環境影響評価等でJR東海が出した評価書により大井川源流の工事や水源に対する問題が明らかになり、急速に県民の皆さんのリニアに対する疑問が大きくなり、最近では議員さんなども積極的に関与してリニア問題に取り組んでいます。

ところが実験線があり、南アルプスという環境資産がボロボロになる事が自明にも関わらず、山梨県は見て見ぬふりを続けています。さらに地方公務員はリニア工事の土地買収にも参加するとか。
これは単なる県民性の違いでしょうか?(笑)

以下全文を転載させていただきます。

リニアについて、2つの市民グループから
静岡県川勝知事に質問書が提出されました。

提出日
2014年7月10日

グループ名
「自然も川も守りたい リニア・ネット静岡」
「リニア新幹線と子どもの健康と環境を考えるコネクション会議」


★静岡県知事への質問書のポイントは3つ

静岡県川勝知事は、富士山静岡空港に直結する東海道新幹線新駅建設・開業をバーターに、リニアの開通ルートが正式に決定する前から、JR東海の重鎮を知事アドバイザーに指名し、静岡県を通過する、南アルプスルートが採用されるよう働きかけを行っていたのでは?

南アルプスを貫く大規模工事のもたらす負の側面に関して、静岡県・河川行政、森林行政は、庁内熟議を行ったのでしょうか。JR東海の毎秒2tの湧水の発表まで、県行政は、予見は出来なかったのでしょうか。

県民の命と安全を県政の第一の使命とする静岡県川勝知事。リニアの電磁波がもらたす危険性を心配するお母さんたちの気持ちにも応えていただけますよね?


リニアが全幹法のお墨付きを得るには交通政策審議会の審議を経て、「答申」を受け、国交相が建設主体・営業主体をJR東海と指名、整備計画を認定することが必要です。

南アルプスを貫く大規模工事による環境への影響は計り知れません。

しかし、その審議過程である川勝平太静岡県知事による地元意見聴取は、東海道新幹線空港新駅の設置構想、陸・海・空のネットワーク等地域振興を力説したのみで、大井川源流も世界自然遺産も触れず「リニア誘致」一筋というものでした。


リニア建設で、静岡県民に負の影響がもたらされた場合、静岡県行政の責任は免れ得ないのではありませんか。


知事質問書
http://urx.nu/a7Ln


質問書提出後の記者会見(15:07)
http://youtu.be/ObSIAhJIRLI




川勝平太静岡県知事 様


日頃より、静岡県行政に関する御精勤に感謝申し上げます。

 私たちは、健やかな命を願って、科学技術の利用による人や環境への影響リスクについて、専門家と共に市民講座を開催し、その影響リスクを回避できる暮らし方を学び、実践している県内各地の市民グループです。

現在、静岡県でリニア中央新幹線の建設について、環境省見解は、静岡県知事の判断が重要視されるという報道がありました。また、過去司法の場でも、2013年9月19日、札幌地裁判決・民事第3部において、「環境アセス以前の国の直轄道路における『国の決定』についての国の裁量権の逸脱」について問われるものでありました。私たちは、リニア中央新幹線の建設について、以下のように、知事が大きな権限と影響力をお持ちであると推察しています。ですので、私たちは、リニア中央新幹線建設について、過去の審議経過の調査と安全性、必要性の検討を行い、以下の通り、知事の見解をお伺い致します。

◆リニア中央新幹線のルート選定に関して

本来、JR東海中央新幹線はリニアでなく、松本ルート等が検討された経緯があります。 
しかし、2007年12月のJR東海取締役会にて「自己負担前提、東海道新幹線バイパス、リニアの推進」を決定し、JR東海の資料によれば、リニア中央新幹線は、南アルプスルート選択により、他のルートに比べ、年間経費(維持運営費+1年あたりの設備更新費)が300〜360億円節減できるとしています。
知事は、2010年7月16日の定例記者会見において、「私はもう動いております。就任当初から動いておりまして、したがって“ふじのくに”リーディングアドバイザーの一人に、JR東海の重鎮にもお入りいただいております。それから、JR東海は、ホテルを持っていますね。アソシア。いろいろな会合が開かれますが、私が決めていい場合は、アソシアを使わせていただいております。それからまた、JR東海の広報部門としてWEDGE(ウェッジ)という雑誌がありまして、その雑誌に「地球学の世紀」というのを1ヶ月に1回、10年以上掲載しておりますが、私はその「地球学の世紀」の座談会、フォーラムの副座長をしております。JR東海の方々とは非常に懇意にしております。さらに言えば、リニア新幹線の推進の、長野県の代表の委員を務めたこともございまして、WEDGEに「リニア新幹線はすばらしい」という一文を奏したこともございます。JR東海と、個人的な関係は非常にいいのですが、しかし、やはり空港ができたときに、福岡便と新幹線とが競合するという、それは常識的に考えてそれはあり得ますので、当然そういうところで利害が対立したということ、また、「のぞみ」が停まらないので、「のぞみ」を停めるためにJR東海に強引な要求をなさった節もあって、そうしたいろいろなことで、やや誤解がある面も、構造的な誤解があるかなと。これを解かなければいけないので、まず堀から埋めていくということで、ずっと就任当初から動いておりました。」と発言なさっています。また、発言通り、2010年1月4日には、JR東海・元副社長の石塚正孝氏をリーディングアドバイザーに迎えたことを記者発表しています。そして、2013年7月23日の報道によりますと、「JR東海との静岡県の両者の関係に、(川勝知事の)個人的なつながりなどから、葛西会長との面会を実現させたことを明らかにした」となっています。

質問1:知事は、中央新幹線をリニア中央新幹線とし、静岡県の南アルプス10.7卍眠瓩箸覆觧について、JR東海、または、リーディングアドバイザー・石塚正孝氏、または、JR東海・葛西敬之氏から、内々の相談、打診、折衝等はありましたか。ありましたら、その内容について、お答えください。

質問2:質問1のうちで、2008年10月に鉄道運輸機構及びJR東海が国交省に提出した「甲府市付近から名古屋市付近の地形・地質等に関する調査報告書」に関する知見等について、リーディングアドバイザー・石塚正孝氏、または、JR東海・葛西敬之氏から詳細な報告がありましたか?


◆2010年7月2日中央新幹線小委員会における静岡県プレゼン資料と知事の賛同について

質問3:静岡県のどの部局が、リニア新幹線・南アルプスルート通過に関する、この知事のご賛同の主務部局でしたか。

質問4:その当時、静岡県のその主務部局を中心とする関係部局間の協議はありましたか。ありましたら、その詳細をお答えください。


◆リニア中央新幹線の静岡県内駅設置に関して

質問5:この知事の発言は、静岡県南アルプス・リニアトンネル通過と新駅設置は、JR東海と話し合いが出来ていると言いきっておられますが、その様に提案したのはJR東海側ですか、それとも知事だったのでしょうか?

質問6:JR東海は、東海道新幹線に静岡空港新駅開設には否定的だと伝えられていますが、現在も、知事が公言された静岡空港直近の新駅は実現可能なのでしょうか?


◆JR東海の中央新幹線建設ルート決定に関して

質問7:2010年3月3日に行われた「第7回 交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会」の資料4-1 に、2008年10月に行われた地形・地質等調査報告書があり、「主要な活断層周辺(糸魚川・静岡構造線、中央構造線等)破砕された地層が多く分布し、掘削に伴う地盤の変形や湧水に留意」すると書かれています。知事はこの資料4-1をお読みになりましたでしょうか?

質問8:また、上記の報告書13頁には、地域の意見が聴取され、報告されていますが、静岡県の意見は書かれておりません。これは、国土交通省より、意見聴取がされなかったためでしょうか?
 静岡県としての意見を上げられていたならば、その内容を教えて下さい。


◆「静岡県森林と県民の共生に関する条例」に関して

質問9:リニア中央新幹線の南アルプス通過に関し、国土交通大臣に対する新幹線小委員会『答申』及び、それを受けての国土交通大臣による、リニア「中央新幹線の建設主体及び営業主体の指名並びに整備計画の決定」前の2010年7月2日に、知事が了解の表明をされる意向に関し、環境森林部と協議されましたでしょうか?

質問10:リニア中央新幹線建設は、トンネル建設による多量の残土がでるため、その残土の崩落や環境基盤が変化する懸念が示されていますが、知事および、静岡県森林局両者は、条例に明記された「森林の保護、森林の涵養保全につき、『課せられた』義務」に反する点はありませんか。


◆電磁界、電磁波の人への影響について

質問11:知事は、リニア新幹線の電磁波・電磁界の大きさも考慮した上で、妊婦・幼児・心臓疾患を持った人も乗車する公共輸送機関として、建設に賛成しておられるのでしょうか?

質問12:JR東海のリニア新幹線の運行には、運転手等搭乗者は不要だとも言われていますが、
 乗客を輸送する上で、搭乗係員不在では運行されないと考えます。知事は、リニア新幹線内で働く人々の電磁波被曝は無害であるとお考えでしょうか?

以上 7月18日を回答期限とする。


参考

2009.11.28
第一回「静岡県総合計画審議会」資料
http://urx.nu/aaOt


2010.07.02
中央新幹線小委員会ヒアリング資料
中央新幹線整備と東海道新幹線のあり方に関する静岡県の考え方
http://www.mlit.go.jp/common/000118152.pdf


______________________________




エイプリフールですか? 山梨

横内氏に3選出馬要請 県市長会決定、知事選へ動き加速 - 山梨日日新聞 みるじゃん


お仕立て券知事をまた知事にする県民?
さすが土建立県、観光利権。

こんな所に生まれた事を後悔します。

以下転載

014年07月16日(水)


横内氏に3選出馬要請 県市長会決定、知事選へ動き加速
 来年2月の任期満了に伴う次期山梨県知事選に向け、横内正明知事の進退に注目が集まる中、県市長会(会長・江口英雄上野原市長)は15日の会合で、横内知事に3選立候補を要請することを出席者全員一致で決めた。今月下旬に江口会長らが要請する。知事が態度を表明せず、知事周辺では選挙戦を支えてきた一部グループが離れるなど不安要素もある一方、「ポスト横内」の動きも表面化しない膠着(こうちゃく)状態での要請決定に、市長の間でも“本気度”に濃淡がある。23日には県町村会も対応を協議する見通しで、知事の進退表明が有力視される9月定例県議会に向け、知事選に向けた動きが加速しそうだ。〈小林義徳、樋川義樹〉

リニア中央新幹線への税金投入実績を政府が答弁した

ICT甲府: リニア中央新幹線への税金投入実績を政府が答弁した


いつも貴重な資料を提示していただいているICT甲府さんのブログです。

JR東海の企業単独の事業で無いことを政府が嫌々公表したということでしょう。

また残念ながら山梨県が無利子で鉄道総研に貸付をしていることは書かれていない。


一部引用
御指摘の「リニア技術開発に対する国庫補助」については、超電導磁気浮上式鉄道(以下「超電導リニア」という。)を鉄道システムとして実用化するための総合的な技術開発の支援を目的として、平成2年度以降の予算において、約543億円を計上している。


さらに、今後の地方公務員の用地買収等でのJR東海社員化しての人件費はどの程度になるのでしょう?



また福島みずほ議員の質問書はこちら。
リニア中央新幹線事業の妥当性に関する質問主意書

右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。

  平成二十六年六月十三日

福 島 み ず ほ   

そして答弁書 まったく答えになっていない。
第186回国会(常会)
答弁書

答弁書第一三八号

内閣参質一八六第一三八号
  平成二十六年六月二十四日
内閣総理大臣 安 倍 晋 三   


       参議院議長 山 崎 正 昭 殿

参議院議員福島みずほ君提出リニア中央新幹線事業の妥当性に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

同じく第186回国会
リニア中央新幹線計画の徹底審議と凍結に関する請願

甲州弁 ラジオ体操


多くの皆様にはご理解いけない言葉でしょうが(笑)
花子とアンの影響で、すこしはわかる?

子供達が可愛い!

【山梨】アナと雪の女王「生まれてはじめて〜甲州弁ver〜」


花子とアンの影響巨大(笑)


テーマ「編集者 谷川健一〜宮本常一を発見した男」

2014年度第一回(再開79回)講義 - 周防大島郷土大学のブログ - Yahoo!ブログ


宮本常一の世界。
彼のおかげで僕は少し民俗学に近づけた。
そして発展とは何か、進歩とは何か、同じ疑問をもつにいたる。

以下HPより

【NPO周防大島郷土大学2014年度第1回(再開79回)講義】
8月2日(土)午後2時から
会場:東和総合センター(周防大島町平野)
講師:筒井ガンコ堂さん(編集者・エッセイスト)
テーマ「編集者 谷川健一〜宮本常一を発見した男」
聴講料1,000円 高校生以下無料




忘れられた日本人 (岩波文庫)
宮本 常一
岩波書店
1984-05-16


Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画