おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

2011年04月

現代日本を読み解く200冊 佐高信 株式会社金曜日 2010

図書館本

周期的に佐高さんの本を読みたくなる訳です。
それは氏の広範な読書量と批判精神を欲するからでしょう。
大学時代から(少なくとも自分が知る限り)氏は読書ノートをつけて
書の内容と感想を記録して今日に至っています。
本書は週刊金曜日に連載したノンフィクション・ベスト100(番外でもう1篇)と絶版になっている「現代を読む」の100冊を文章を圧縮してまとめている。
佐高さんの暖かさと批判精神を再度感じた一冊である。
そして筋を通す人をこよなく愛しているのだと感じる。

特に印象に残るのは、国策逮捕という文脈で書かれている、「知事抹殺ーつくられた福島汚職事件」佐藤栄佐久 である。
「原子力政策は、もう国や電力会社だけに任せておけない」と決意した知事の顛末である。

読みたい本だらけだが、はたして死ぬまでに読み切れるのだろうか。。


現代日本を読み解く200冊
現代日本を読み解く200冊
クチコミを見る

この人に林業の事を聞くのは大きな間違いである。

自然に学ぶ「森里海連環学」のすすめ (天野礼子の「環境と公共事業」)

開高健を使ったり、亀井静香をつかったり、今度は総理の名前を出しておやりになるわけですか?

文章中に出てくる、彼女の著作、”緑の時代"をつくる、ひどい内容であることを断言しておきたい。
さらに、21世紀を森林(もり)の時代に、などは読むに値しない。

まったく困ったものである。


アメリカから自由が消える 堤未果 扶桑社新書 2010

図書館本

読んでいて、これってフィクションじゃね?と思いました。
だってアメリカって自由を謳歌する偉大な国じゃなかったでした?
著者のこれまでの本を何冊か読んで、また最近2001年ノーベル経済学賞を受賞したスティグリッツ教授の本、さらにはエマニエル・トッド氏の著作等に触れると、一体アメリカはどうなっているの?という感情だけになってきます。そして戦争という仕事が若者に浸透してきてもいる。

本書は9.11以降のアメリカでの監視社会の現状をルポしている。
テロとの戦いという大義名分の中で、まったくテロに関係ない人までもがブラックリストに載せられる恐怖。
国の未来平和のためにデモをする学生までもが逮捕される恐怖。
法律という国家の根幹が徐々にレッドゾーンに入ってきているのではないだろうか。
常にアメリカのご機嫌を伺う日本という名の同盟国。
そういえば、いたるところに監視カメラが設置されつつある日本である。
朝鮮半島の何処かの国とさして変わらないのかもしれません。
そのうち密告に基づく取締りが第二次世界大戦の時と同様に始まるのかもしれませんね。
アメリカの光と影(なんか影の方が大きいような気もしますが)を味わってみてはいかがでしょうか。


アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)
アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)
クチコミを見る

山里の記憶 黒沢和義 同時代社 2011

1巻、2巻が同時に発売された。
さらに今後も続巻が出ることであろう。
埼玉県秩父地方を中心に「味」「技」というカテゴリーで
各巻35話からなる。

心温まるイラストで山里の人々の顔が描かれる。
そして後半部分では写真と文章で詳細に山里暮らしの記憶が綴られていく。
歩く巨人と言われた民俗学者の宮本常一は日本全国を歩き、ハーフタイプの写真で民具、民衆、風俗を撮り、さらに古老や名も無き人々の話を詳細に記録し、忘れられた日本人や風習を後世に伝えた。
ある地域限定という文脈で言えば、徳山村の増山たづ子はピッカリコニカで村を記憶した。大西 暢夫監督は同じく徳山村を水になった村として写真と文章、そして映画で記憶していった。
イラストという分野では本山賢司が自然や動物を文章とともに本にしている。
本書を民俗学的著作と書くと著者が怒るかもしれないが、僕は本書の中に宮本常一の影を見てしまう。そして秩父という地域に集中したことで、より濃厚な文化歴史を、そして人の生き様を見せてもらった。

最後に思う。
記憶にしてはいけないのだと、文化や風習を効率とか効果、そして経済性という文脈だけで捨て去る事が実は人間の潜在能力を劣化させるということを本書は教えているように思う。
受け継いでいかねばいけないのだと。


山里の記憶1
山里の記憶1
クチコミを見る


山里の記憶
山里の記憶
クチコミを見る

馬のおたぐり

先日の遠山郷釣行の折に、けばりさんにいただいたお土産の一つ。
当日はそのまま食べさせていただいた(一の蔵と一緒に)ので
今度はレシピにあるように、みりん、にんにく、ねぎと一緒に炒めて
唐辛子でいただいた。

やばい。
ビールがうますぎ。

信州の食文化の深さはいつも感動するのだけれど、これもまた旨い。

ちなみに、馬のモツが超旨いというのは僕らの業界の一部では非常に
有名な話であり。本当に旨い部位は、なかなか市場には出ないのである。

おたぐりおたぐり2

デフレの正体

土曜日の朝日 フロントライナーで著者の藻谷浩介さんが取り上げられている。まあ取り上げ方に少し違和感はあるのだけれども、まあそれは良い。

主義主張ではなく、データを羅列して問題点を提起する方法論は今後増えていかねばいけないし、それが当然なのである。

以前書評で書いた様に根本的なところはエマニュエル・トッドの人口論と同じだと思う。日本が今後どうなるのか。書の中で、海外からの観光客の受け入れを国策としてやるべきだと提案されていた。
これは星野リゾートの星野さんも同様だったと記憶している。

しかし今回の震災で海外からの日本安全神話は根本から覆されてしまった。

生産年齢人口層の劇的減少という事実の中で何をすべきか、国ではなくて、本当は日本人一人一人が問われているのだろう。

ちなみに、この朝日の記事の後にブログ訪問者が増えた(デフレの正体、藻谷等で検索されている)のが面白い(笑)

新聞記事の中に「学歴エリート」の転機になった体験が書かれていて
その時に思ったことが書かれている。

「人はただ人であれば、理由なく、誰かの無償の助けに抱きとめてもらえる。自分も、別の誰かを無償の助けで抱きとめればいい」

真のエリートのノブレスオブリージュを見たように思う。
これが利他的の真髄である。

藻谷浩介、46歳 カッコ良いのである。





デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
クチコミを見る

土曜日の作業

薪用の丸太を貰う。
一部玉切り
一部手動薪割りで処理
薪を薪棚に移動
山アジサイを路地に戻し植え
焚き火

風呂
ビール(第三のビールですが(笑)

なんと有意義な土曜日であることか。

読み終えた本の感想文を書かねば。。。。。


満開

潮汐の間 (ちょうせきのあいだ) フィスク・ブレット 現代思想新社 2011

潮汐の間 (ちょうせきのあいだ) フィスク・ブレット 現代思想新社 2011

献本
著者(1972年アメリカ生まれ)は1991年に来日して独学で日本語を習得とある。そして第2次世界大戦の小説を書く事になる。
多くの日本人、アメリカ人、フィリピン人が戦争を知らない世代がマジョリティーになり、戦争という過去の歴史は語り継がれたり、書物として未来へと途切れることなく流れていかねばいけないだと思う。
本書は小説という形は取るが、戦争という仕事に就いた日本兵と、フィリピンの戦闘における現地住民、米軍兵士との係わり合いを実に生々しくそして冷静に描き出していると思う。
戦争という行為が実に無意味であり、虚無であることを私たちは過去の歴史から読みとらねばいけないだろう。戦争の目的はおそらく欲望というテキストである程度説明出来るだろうし、国という枠組みの進歩と発展という文脈で説明しようとすることも可能かもしれない。目的のための手段が戦争であり、若い多くの命が銃弾、飢餓、感染症で失われた現実。主人公の森二等兵の生き様を通して筆者の思いが伝わってくる。
戦争には戦勝国と敗戦国があるのだろうが、命を落とした兵士やその親族には何が残るのだろうか。
強く思う、戦争という仕事を我々は作り出してはいけないのだと。筆者の母国ですら、いまだに大量の兵器を作り出し、若い兵士が最前線に送りだされて死んでいる。テロとの戦いという目的が果たして正しい手段で行われているのだろうか。


出版社のサイトに詳細な情報が収められている。
http://www.bretfisk.com/




潮汐の間
  • フィスク・ブレット
  • 現代思潮新社
  • 1680円
Amazonで購入
書評

ヒトとヒトとの関係性から生まれる信頼

ダイムラー・ベンツからの大きな贈り物-日本財団会長 笹川陽平ブログ


外交にしても商売にしても、結局は信頼関係だろう。
ウソをつかない事、約束を守る事

当たり前の事を当たり前に行うことでイデオロギーや宗教を越えて信頼は得られるのだと思う。

そんな事を笹川さんのブログから思うわけである。

まだ新車販売してるんだ。。。。ため息

Honda|バイク|Monkey(モンキー)


中古しかないと思っていたわけです。
ところが、釣友のトラちゃんが、新車で売っているよ〜と言ってたので。またまたウソ話と思っていたのでR。(笑)

さすがホンダである。
カッコよすぎ。

ほすい。
でも高すぎだろう(笑)

誰かモトコンポの中古とモンキーの中古を交換してくれくれないかな。。。。。切に望む!

過去記事を見ていたら、2005年のブログにも発見

ガーナから帰国して買ったし、実際の中古歴はどのくらいだろう。
調べたら1985年生産終了とある。
だからどんなに若くても26歳なモトコンポである。

何に使うかは聞かないでね。良い子の大人は(笑)



自販機での販売量 驚いた。

蓮舫氏、自販機悪玉論に反論 (産経新聞) - Yahoo!ニュース


「清涼飲料業界は主要19社で4・5兆円の売り上げがある。自販機での売り上げは1・9兆円で42%を占める。」

まじかい?
これって自販機自体の価格も入っているんだろうね。
飲料だけで1.9兆円はないだろうから。

石原都知事が言う様に、家で冷やしたり温めればよいと思うけどね。

欲望だけで生きていくと文明は滅びるんじゃないかな。

情けない。。。。鎌倉市民か?

鎌倉市/腰越行政センターに設置した募金箱の盗難について


まったく情けない奴がいる。
おいらは監視カメラとか大嫌いだが、こういう輩がいるとなれば考えないといけないのかもしれない。

アメリカの監視社会は有名であるが(盗聴あたりまえ)、個人が個人を監視し疑心暗鬼になる状況が果たして先進国と言えるのだろうか。

おっと、関係ない方向に話が行きそうなので(読んでいる本がそんなアメリカを書いているので)、この辺でやめておこう。

初釣行2

4月10日(日)
快晴
餌釣り師の様に朝駆けしない中年です(笑)
ゆっくりと朝飯(仔アマゴのフライは最高)を頂き、9時頃出発。

入渓予定の場所に先行者ありで、釣り場変更。
こちらも最上流部に車が。。。ま、良くある事です。
今回は釣りより、慰安旅行的兼ね合いもあり、少し下流部を貸し切りで(笑)
魚は居る様ですが、まだドライフライでは早いのか。

子アマゴ君2匹(画像を縮小している訳ではありません)が遊んでくれただけでした。

その後、帰路につくべく飯田の街へ。
まずは風呂。
飯田城温泉です。800円なり。残念ながら食事が出来ないとの事でしたが、缶ビール片手に天空露天風呂。

その後、お腹を減らして、丸井亭でウナギでございました。ちょっと奮発。

そしてのんびり中央高速で帰宅となりました。
鎌倉着夜10時

トラさん運転ありがとう、チュンさんお疲れさまでした、Tさんお土産沢山ありがとうございました。

宿7釣り3うなぎ

初釣行

そんな訳で今期初釣行でございました。

信州は遠山郷にお宿を取り。(全部釣友がアレンジ)
釣行場所もお任せ。
私は、出っ張ったお腹を留意しながら、滑落しないように細心の注意をして
皆さんのご迷惑にならない様にフライロッドを振るわけであります。

土曜日は朝からの雨で、8時過ぎまで車中泊
少し小ぶりになったので、とりあえず渓流を見に行く事にしてし
車で小一時間奥の奥へ。。。。(笑)

結局釣る事にいつもなるのですが、釣友の毛鉤を見に来たお魚君は居ましたが、誰の毛鉤を食べてはくれず。

その後、お約束ですが。遅い昼飯は蕎麦でしょう。
美味しいお豆腐のサービスもあり、おいらだけビール(運転しないので)をいただきご満悦。
さらに地元のTさんも参加して(夜の宴会と宿泊をご一緒しました)、宿に移動。

その後、すでに画像をあげた様な料理三昧で夜はふけていきましたとさ。

馬刺し、鹿ステーキ (おいらにバッチシですね)
鹿肉のコロッケ、シシ鍋、まだまだあったな〜〜。
何気に蕗ミソもろキュウも旨かったし。

宿3宿4宿5宿6釣り釣り2巨大堰堤宿宿2

とりあえず

通販で購入した、東北物産等々。
すでに一部は飲み終え(笑)
一部は釣友にあげたりした。

お米は全部で15Kgあるが、我が家5人で直ぐに無くなるだろう。

東北お米東北酒東北物産

今回お世話になったお宿

| 南信州 遠山郷 渓流釣り いろりの宿 島畑(しまばた)| 長野県飯田市|


いや〜最高です。
ホテルとかには決してマネ出来ないおもてなしとでもいうのでしょうか。
酒飲みオヤジ4人が満喫した料理は、喰い切れず、大将にご迷惑を掛けるほど。
ここでは書けない、特別料理や飲料も味あわせていただきました。

おいらはおべっかとか提灯記事は大嫌いですが(俺を知っているヒトwは良く分かっていると思う)、この宿は最高ランクの一つです。

ちなみに1万円のコースでしたが、喰い切れませんのでご注意あれ。

詳細は後日ということで。

これは正しいと思うよ。

「パチンコ我慢、自販機なくても」石原氏が持論 : ニュース : 統一地方選2011 : 地方選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


自販機とパチンコ、もっともでござります。

東京の人材難?でまた石原さんの様ですが、一人で社会が変わるわけもなく、有能な副知事や行政官僚が動けばよいのでしょう。

ただ、問題は、東京の今後の人口動態。
子供は増えない、爺婆は福祉を求めて一極集中。
そうするとどうなるかわかりますか?

あまりに怖すぎて言えません(笑)

東京から日本復興などと言っているのは大きな間違いだと思いますよ。

濃い週末

金曜日の深夜に鎌倉出発。単なる同乗者でしたが。
その直前まで有楽町でこれまた濃い宴会。

いきなり大雨のお出迎え。

そんなことでへこたれる中年トリオではございません。(笑)

詳細はまた後日。

日曜日の深夜帰鎌。

拝金 堀江貴文 徳間書店 2010

図書館本

事件の主人公が書いた小説という文脈では面白い。
経済小説とは分野が違うと思うけど。

いずれにしても、ITバブルという経済がアメリカでも日本でも弾けた訳で、その弾け方が違うのだろうが、その源流にはITをマネーゲームに利用したという見方は否定できないのであろう。

当初モノ作りとしての経営者がやがてM&Aという手法で他業種企業等を買収していく事に対する日本人の思想がおそらく国策捜査という形に収束した様にも思う。もちろん、旨くやり抜けた多くのIT長者もいるわけであろうが。

多くのホリエモン信者や擁護者がいる背景には、彼の歯に衣着せつ言動があると思う。球団買収の際の球団首脳部のアホさをホリエモンが指摘した際は拍手したものだ。

もう少し時間が経つと、歴史としてライブドア事件の全体像が見えてくるのだろう。フィクションと言いつつ、ノンフィクションに近い内容を多くの読者が事の本質が何かを知りたいと思っていることだろう。

一つだけ、思うのであるが、やはり企業人は文化人であれという言葉は世界共通であって欲しい。そして「貨幣」とは何かを考えて儲けて欲しい。文化人であればおのずとその貨幣の使い方は暖かいであろう。
そして決して金融工学などという博打の世界に貨幣を注ぎ込んだりはしないはずだ。

拝金
拝金
クチコミを見る

くう

庭の花

朝出勤する時の楽しみ。

時間は確実に流れていて、現在を過去に置き換えていく。

梅と桜桃の花は散り、長く咲き続ける花、短く咲いて散っていく花。

それぞれの時間を確実に過ごしている。

どうして花がヒトを和ませたり癒したりするのでしょう。

太古から擦り込まれた経験なんでしょうかね。


西洋紫陽花もヤマ紫陽花も芽吹いてきました。
ヤマ紫陽花は大分枯れてしまったけど、今年も可憐な花を見せてくれることでしょう。

DSC00191DSC00190DSC00189DSC00188DSC00187DSC00186

言葉がみつかりません。

東日本大震災:涙の捜査続け、28日目に愛息と「再会」/岩手県釜石市 (カナロコ) - Yahoo!ニュース


何が出来るのだろうか。
お金も時間も何も答えではない。

無常
理不尽


祈る事しかできない。

東北物産を買う

http://amzn.to/hW28I4 いちご煮も買った。 楽しみだな〜三陸産

http://amzn.to/gv65W3 岩手のひとめぼれも買ってみた。

http://amzn.to/hx43CN 酒悦 福島 きゃらぶき 50g×6個 これも買ってみた。 友達にあげよう。もちろんおいらも食べるけど。

新米 22年産 無洗米 宮城県産ひとめぼれ(特A地区限定-登米ほか) 白米5kgx2袋 http://amzn.to/dIjiYp 早く来ないかな。

そんでもって、お花見用?には下記を注文

【一ノ蔵の定番酒】一ノ蔵 無鑑査 本醸造 辛口 720ml
【宮城米100%。米の旨みたっぷり】一ノ蔵 特別純米酒 720ml
【ウイスキー】ニッカ シングルモルト宮城峡 500ml
【ウイスキー】ニッカ シングルモルト 宮城峡 10年 700ml

クロネコの源流

【東日本大震災】ヤマトHD、宅急便1個につき、被災地に10円寄付 - MSN産経ニュース
宅急便を作り出した故小倉会長。僕はその生き様が好きなのである。

政治家の介入にもひるむことなく、全国展開出来たのはブレルことのない意思と行動力であった。
必ず次の日に荷物が着くというのが今はあたり前であるが、個人の郵便貨物など、平気で腐らせていた郵便小包があったわけだ。

小倉会長はその後、身障者の自立に対してもライフワークとして取り組んでおられた。そして多くの方がリーズナブルな給与を得る仕組みを作ったのである。


wikiやらで調べて貰えればいくらでも情報が得られると思います。

小倉会長の思想が確実に受け継がれているであろう記事である。

頑張ろう東北 応援してます。

■『東北産』を選んで買って、被災者を元気に!


このブログの方が統一感があっていいですね。

ただ、アマゾンの問題は、未だポイントを義援金に変更出来ないこと。
ヤフーも楽天もポイントを寄付出来るのに。

このブログから買いたいモノを探して、楽天やヤフーで買うってものありかと。(笑)



義援金と支援金の違い

義援金と支援金の違い-日本財団会長 笹川陽平ブログ


未だに日本赤十字に集まった義援金は配分されててないと言う。
確か阪神淡路の時も同様であったと記憶する。

もちろん、長期的な支援が必要で公平で持続的な支援が必要ではある。

そんな時に、ボランティアを支援するお金は当然必要である。

NPOや同様な組織のきめ細かい、そして迅速な対応が時に大きな力になる。

そんな訳で僕は、日本財団をはじめとするNPOを支援している訳である。

もちろん、日赤に義援金を出す事も非常に重要だとは思う。

フリーフォール 2010

ジョセフ・E・スティグリッツ - Wikipedia
長い時間読んでいる本
2001年のノーベル経済学賞受賞者

読書感想分はまた後日書くとして。
アメリカってこんなにダメなの??という本
政治家と金融業界の透明性、公開性のなさ。
結局は国民にツケが回されるしくみ。
銀行や証券の一部社員が超高給待遇。

でも、保護主義は良くないと書いている。
この辺がH.ドットと違うんだね。

いずれにしても金融工学なんていうのは博打だということ。

風評被害を作り出す高学歴者

kikulog


科学者というものは人のデータを直ぐに信じないで、悪く言えば、疑って検証するくらいが全うだと思う。

このブログの主催者はニセ科学や似非科学に詳しいアカデミックの方である。データの読み方というのはこの方のアプローチが正しい。

また、データの解釈は人により異なる事も多いし、利益だけを考えてミスリードする場合も多々ある。


信じる者が救われるのであれば、風評や流言を信じで右往左往するしかない、そして、事が済んだ時、自分の行為が愚かだった事を認識するのだろう。

おいらの様なへそ曲がりで天の邪鬼は、まず人の言う事は信じないし、疑ってかかる。そして、まったく反対意見を主張する人の声に耳を傾ける。そして自分自身で判断するしかないのだ。

情報を収集する事は(ネットサーフィンはいかがなものかと思うが)良い事だけれど、収集したデータを吟味する教養が問われるのだ。直ぐに削除可能な媒体での情報ほど危険なモノはないのである。
だから、おいらは本を読むのである。
もちろん、トンデモ本が多数ある事は事前認識として持たねばならないが。

ちなみに良書は歴史の中で残ってくる。
ベストセラーが必ずしも良書ではないことは歴史が証明しているしね。

丸太550kg

またまた鎌倉ブランドの丸太(笑)

お寺さんで伐採した木もある。

さすがに車で運ぶのも重い。550kg4月2日
Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画