おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

2006年12月

2006年

物忘れが激しい今日この頃。今年を書き留めておかねば。

家族が大きな怪我も病気もせずに過ごせた。

甲斐の森に素晴らしい先輩と出会い、その先輩の交友の広さからさらにその道の達人と知り合い自分の無教養さを知った。そのおかげで、網野善彦、宮本常一などを知り民俗学からみた森や山の民の素晴らしさを認識できた。

岐阜、北海道をはじめ、釣りも楽しく行く事が出来た。

まだまだ忘れてはいけない事があるのだと思うけど、すでに忘れているのだろう。トホホ

そんな訳で、皆様よいお年を!
さて、掃除でもすっか。




旅する巨人-宮本常一と渋沢敬三 佐野眞一 文藝春秋 1996

備忘録2

長男千晴に昭和30年頃、大学受験を目の前に送った手紙
・・・学校の勉強の方は中位にして金がゆるせば映画も劇もみるのがいいし、美術や文学にしたしむのもいい。ゆたかな情操と、こせつかない人になることが何より大切だ。君を田舎で育てたのも、健康でのんびり成長させたかったからだ。そしてオヤジのエラさなどの幻影におびえないことだ。ボクは人々からヤンヤいわれるよりは三人の子がすなおに育って、それを一人前にする力があって、おばあちゃんが幸福な晩年をすごして、おかアちゃんといつまでも恋人同士のように愛しあって、君たちのまえで平気でキスしたり抱きあったりしてもおかしくないようなあたたかい自然さの中にありたいと思っている。故に息子よ、安心して而して努力せよ、前進せよ。

周防猿回しの会結成のきっかけ。
村崎修二が宮本を訪ねた。そして宮本が話を聞いて語る。
「部落史と芸能史と女性史は、日本民族学であえて目をつぶって避けた三大テーマじゃ。これはそれをやってこなかったわし自身の自戒をこめていうんやが、この三つをやらなければ日本民族学は学問として本当は完成しない。部落問題でも離島問題でも一番大切なことは、地域に人間をつくることじゃ。君がそれほどやる気なら、実際に猿回しの芸を復活してみたらどうじゃ。いますぐ評価されなくてもいいではないか。五十年、百年たってのち世の人々が、あの人がやってくれたおかげで、ということがあってもよいではないか。わしもできるかぎり協力する」
その後、宮本は村崎をモンキーセンター(犬山市)に紹介しサルを譲ってもらい、今西錦司等のサル学者も紹介していった。また宮本との交友もあった司馬遼太郎とも知り合う。
司馬を訪ねた村崎に、司馬は「今西さんと宮本さんか、キミもすごい人に見込まれたもんやな、日本の本当の学問はそのお二人の間にしかあらへんのやで」といったあと「宮本さんほど恐ろしい人をワシは知らん」と言い、その後、宮本の凄さを例をあげ話という。

旅する巨人-宮本常一と渋沢敬三 佐野眞一 文藝春秋 1996

備忘録として
とうていこんな素晴らしいオヤジには成れない。

大正12年、宮本常一16歳、周防大島を出て大阪の通信講習所に入所するにあたって父善十郎が常一にメモを取らせた。

ゝゼ屬望茲辰燭藾襪ら外をよく見よ。田や畑に何か植えられているか、育ちがよいか悪いか、村の家が大きいか小さいか、瓦屋根か草葺きか、そういうところをよく見よ。
 駅へ着いたら人の乗りおりに注意せよ。そしてどういう服装をしているかに気をつけよ。また駅の荷置場にどういう荷が置かれているかをよく見よ。そういうことでその土地が富んでいるか貧しいか、よく働くところかそうでないところかよくわかる。
村でも町でも新しく訪ねていったところは必らず高いところへ登って見よ。そして方向を知り、目立つものを見よ。
 峠の上で村を見おろすようなことがあったら、お宮の森やお寺や目につくものをまず見、家のあり方や田畑のあり方を見、周囲の山々を見ておけ。そして山の上で目をひいたものがあったら、そこへは必らず行って見ることだ。高い所でよく見ておいたら道にまようことはほとんどない。
6發あったら、その土地の名物や料理はたべておくのがよい。その土地の暮らしの高さがわかるものだ。
せ間のゆとりがあったらできるだけ歩いてみることだ。いろいろのことを敦えられる。
ザ發箸いΔ發里鰐戮韻襪里呂修鵑覆砲爐困しくない。しかし使うのがむずかしい。それだけは忘れぬように。
私はおまえを思うように勉強させてやることができない。だからおまえには何も注文しない。すきなようにやってくれ。しかし身体は大切にせよ。三十歳まではおまえを勘当したつもりでいる。しかし三十をすぎたら親のあることを思い出せ。
Г燭世敬袖い砲覆辰燭蝓⊆分で解決のつかないようなことがあったら、郷里へ戻って来い。親はいつでも待っている。
┐海譴ら先は子が親に孝行する時代ではない。親が子に孝行する時代だ。そうしないと世の中はよくならぬ。
自分でよいと思ったことはやってみよ。それで失敗したからといって親は責めはしない。
人の見のこしたものを見るようにせよ。そのなかにいつも大事なものがあるはずだ。あせることはない。自分の選んだ道をしっかり歩いていくことだ
 
高等教育を受けたわけでもない父が、どうしてこれだけの教訓を垂れることができたか、宮本には不思議だったが、旅の暮らしのなかで身につけた父なりの人生訓らしいことは、子供心にもぼんやりわかった。

サダムフセインの死刑

BBCもCNNもブレイキングニュースとしてこのニュースを流し続けています。
国民200万人を殺したとも言われる独裁者。
スンニ派とシーア派という宗派の対立。
アメリカ国内にいるイラクアメリカンはお祭り騒ぎでこの処刑を祝っている映像が流れています。
複雑な気持ちにするニュースです。

やはり日本人は仏教が似合っているのでしょう。

旅する巨人-宮本常一と渋沢敬三 佐野眞一 文藝春秋 1996

図書館本

佐野眞一さんの宮本評伝。
凄い本です。今年読んだ本の中でベスト3に入ります。
宮本常一さんの本(論文)はまだ読んだ事がないのですが、網野善彦さんの書かれた本から宮本さんの凄さは認識していました。
柳田国男の民俗学の視点とは異なるまさに常民、海人、山人の民俗を歩いて歩いてそして記録していった宮本さんの姿が浮かび上がります。
離島出身でかつ貧しかった宮本さんが、まさに資本家の跡取りの渋沢敬三に見出され生涯を日本の山村や漁村の調査にささげた生き様が佐野さんの筆で記録されています。渋沢氏自身も本来は事業を継ぐのでなく研究で生きて行きたかった事で、アチック博物館(後の民俗博物館になる)を作ったり莫大な資金を研究者のために支援したとの事である。
さらなる本書の内容は改めて記したい。


旅する巨人―宮本常一と渋沢敬三

偽装の年でありましたね

キーワードは偽装でした。

耐震偽装、さらに今頃になってまた発表していますが、これも%偽装の匂いがしますね。基本的においらはアパートとかマンションには絶対住みたくないので関係ないのですが。小さくても良いので平屋の一軒屋が好き。

履修単位偽装、偏差値だけの大学入試は今後も続くのでしょうが、哲学や歴史、民俗学などをしっかり掘り下げて大学入学前に習って欲しいものです。

政治資金偽装、行革担当大臣がこれですから、目も当てられませんね。

税制偽装、言っていることとやっている事が違う最低の教授でありました。

会計偽装、ライブドアは逮捕で日興コーディアルは?おかしくないかい。

本棚購入

自分へのご褒美にホームセンターで本棚購入 4900円なり(笑)
自分で組み立て、これまで釣り本の中に混ざっていた、森の本や川の本を分けて並べようと画策。母屋の方からも運び(本が増えると家人がうるさいので)適当に詰めていったら、ほぼ埋まってしまった。。。。
半分以上は読んでいない本なので、来年は是非読破したい。
でも、欲しい本も沢山あるし。。。。
honndanahon1







hon2

南アルプスの恵み

300e3e82.JPG値段が手ごろだったので注文してみた。
かなり美味しそうです。

昨晩さっそくビールのつまみにハムを頂きました。

金魚の免疫

763046d5.jpg金魚のヘルペスウイルス感染が33度に水温を上げる事によりウイルス保有魚にはなるが発症はしないとの記事。
もし、水温上昇が金魚の免疫機能を亢進して、ウイルスを潜伏感染に移行させるのであればそのメカニズムは是非とも調べていただきたい。

人間にも何種類ものヘルペスウイルス感染症があるが、多くの場合は子供の時に感染して、何らかの症状を出した後は一生涯ウイルスと共生することになる。

ことしも残りわずか

f7889e21.jpg来年もこの渓で岩魚が遊んでくれるだろうか。

ついに撮影成功?

近所で話題になっている脱毛した動物。

家の中から撮影。
たぶんアライグマでしょう。

棲家は裏山だろうと推定されています。獣道があり、ドックフード缶が落ちていたりするので。
出来れば狸や狐が良いのだけれど。。。。

あらいぐま1あらいぐま2

ヤスオちゃんの見た日本

田中康夫さんのインタビュー記事。
徹底総括 マネー不信をこえて(1)
「小泉後」のニッポン考現学 田中康夫さん(50)
かなり的を得ていて面白い。

今後の長野を多くの人が観察している。そしてヤスオちゃんの次なる飛躍を期待している。

トイレ考察

738e8734.JPG忘年会を行った居酒屋のトイレ。
なかなか面白い。

鳥やす 高田馬場

ac65d209.JPG昨晩は職場の忘年会
一次会は居酒屋で鍋
2次会は直ぐ隣にあった「鳥やす」この店は少なくとも20年以上前からここにある。学生時代に早稲田出身の後輩に教えてもらい飲んだ事がある。
お通しが、小鉢にダインコンおろしとウズラの卵、これはまったく変わっていないようだ。
なんとか終電前の電車で大船にたどり着き、タクシーを30分ほど待って帰宅となった。

放生会(ほうじょうえ) キャッチアンドリリース

放生寺を調べていたら、この言葉に出会った。
昔の人は偉いな〜と思う。

自分は基本的に釣りにおいてはC&Rであるが、年に何回かは岩魚を刺身や塩焼きでいただきます。管理釣り場で釣ったマスは燻製にしたりします。

C&Rだから自然にやさしいなどと言うつもりは全くない。エサであろうがルアーであろうが毛鉤であろうが釣りは釣りなのである。

自然があるからこそ渓流や源流で釣りが出来る、そこに魚がいるから。

その事実を疎かにして、魚だけ釣れてC&Rすれば良いと思っていた少し前の自分に反省せねばならない。

放生会(ほうじょうえ、ほうじょうや)とは。

森林セラピー研究会

こんなのがあるらしい

お金の匂いが。。。。銭は後から付いてくれば良いのだと思うけど。

第3回 山梨県森林セラピー研修会開催のお知らせ

開催日時:平成19年1月18日(木)13:30〜16:30

場所:山梨県森林総合研究所 大研修室
   南巨摩郡増穂町最勝寺2290−1

内容:1)講演「地域振興への活用について」
     講師 大隈一志氏(財)日本交通公社主任研究員

   2)県内事例紹介 温泉療法と森林セラピー
     ゲストスピーカー 小山芳久氏(増穂の湯 総支配人)

   3)ワークショップ

申込方法:平成19年1月11日(木)までに下記まで

申込先:山梨県森林環境総務課 企画担当
    山梨県甲府市丸の内1−6−1
    電話055−223−1634
    FAX 055−223−1636
e-mail sinkan-som@pref.yamanashi.lg.jp

穴八幡神社と放生寺 一陽来復と一陽来福

職場の近くに穴八幡神社がある、五木寛之が床下に寝たこともあるらしい。また直ぐ隣に放生寺がある。(これはまさに最近知ったのだが)
そこに沢山の人がお札を貰いに来る。おいらは全く宗教心が無いが(養老先生が言う無宗教と言う宗教なのかも知れない)柳澤桂子さんの般若宗教の心訳に触れ、すこし興味が出て来た。
そんな訳で少し調べた見た。

一陽来福のお札が放生寺、一陽来復のお札は穴八幡との事で一字違う。

ウィキペディアの解説(放生寺)

こういう事をしているから駄目なんだよな

同窓であるとか地元であるとかじゃないんじゃねえの本来の政治はさ。
応援する影に「利益誘導」を見てしまうのは考え過ぎ?
政策や人間で選べばいいんじゃねえの。

スポーツや芸術、文化で同窓の仲間として応援するのは良いと思うけど。

そうそう、オイラが某県の職員だった時、副知事を知事にするために県の職員が動いていて、結局その副知事は負けて、かなりの幹部職員が左遷されたと聞いた。公僕は中立であれ!
そのせいかは知らんが、ガンセンター構想が潰れたらしい。。。

以下記事

「一高」VS「韮高」同窓会、知事選で支援合戦
山本、横内両陣営 互角の前哨戦を展開 
 一月四日告示の山梨県知事選に立候補表明している山本栄彦知事の母校・甲府一高と、横内正明元衆院議員の母校・韮崎高の同窓会有志が支持拡大に向けて活発に動いている。甲府一高側が二十五日に激励集会を開いて気勢を上げたのに対し、韮崎高校側も同窓生に支援を求める文書を送付。山本、横内両氏が互角の前哨戦を繰り広げる中、両同窓生の支援対決も熱を帯びている。

よのなかの流れ

おいらは天邪鬼だと思うが。興味がないものはしょうがない。

馬は大好きだが、競馬は好きでない。パチンコはかなり昔狂っていたが、ここ20年ほどやっていない。

ボクシングは有っても良いスポーツかも知れないが亀田興毅はどっちでも良い。しいて言えば品が無い。

都会:人間が住むところだとは到底思えない。


天邪鬼の意味はネットで調べると、こんなのらしい。
天邪鬼は、「天探女(あまのさぐめ)」という悪神の名前が転訛し、「あまのじゃく」になったとされる。
天探女は『古事記』や『日本書紀』の神話に出てくる神で、人の心の内を探り意に逆らうという、ひねくれた神であった。
この天探女は、『瓜子姫』という昔話に登場する悪鬼の由来としても有名である。
また、仁王や四天王に踏みつけられた小さな鬼も「天邪鬼」と言い、仏教では「天邪鬼」を人間の煩悩の象徴としている。
両者の説は別々のものであるが、それぞれの意味が結びつき、現在の意味になったと考えられる。

よく分かりませんが。。。

4人の死刑が執行されたとの事。

そして下記の記事。
理不尽に殺された人々そしてそのご家族のクリスマスや師走はどのようにお考えになるのでしょうか?>人権屋の皆様は
死刑が確定したら、直ぐに執行すればよいだけです。もちろん冤罪とかの可能性がある場合は除きますが。
加害者にも人権はあるでしょう、しかし被害者の人権を最優先にしないような国はおかしいと思います。


「クリスマスの執行残念」=死刑廃止議連が会見−東京

12月25日 時事通信

 「死刑廃止を推進する議員連盟」の福島瑞穂社民党党首らは25日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、「クリスマスに死刑が執行されたのは残念だ。年末のばたばたの中で執行するやり方は改善されるべきだ」と訴えた。 

執行は許されない=4人の死刑執行で死刑廃止議員連盟

12月25日時事通信

 「死刑廃止を推進する議員連盟」(会長亀井静香衆院議員)は25日、「4名の死刑執行に強く抗議する。前法相が死刑をしなかったことを帳消しにするような行為であり、政治的な判断の下に行われたといえる。今回の執行は許されるべきものではない」との声明を出した。 

天使といた夏 主演 デビットボーイ 1999

図書館DVD

原題 Mr.Rice's Secret
難病に冒された12歳の少年とライスさん(デビットボーイ)との交流の中で生まれてくる「生きていることの素晴らしさ」。難病と戦う二人の少年同士触れ合いと葛藤そして人間としての愛情。学校での仲間はずれやいじめも映し出されていて、今の日本のいじめとの共通点も沢山あるのではないでしょうか。いじめの治療薬にはならないかもしれませんが免疫のためのワクチンになる素晴らしい作品だと思う。

天使といた夏 (レンタル専用版)

道産子ロケット カムイ 成功

b4a1f443.jpg以前TVでドキュメンタリーとして見た事があった。
番組としては成功するものとしてフォローしていたのであろうが、打ち上げ直前での原因不明のトラブルがあり2回打ち上げが中止されて番組はそこで終わっていた。

今回は満を持しての再チャレンジだったのであろう。
学生をはじめ多くの皆さんの夢を乗せたロケットが無事に打ちあがった姿は想像するだけでも目頭が熱くなります。
本当におめでとうございます。

素晴らし過ぎるクリスマスプレゼントです。

自壊する帝国 佐藤優 新潮社 2006

図書館本

「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」で国策調査を一躍有名にした佐藤さんのソ連崩壊前後のおそらくはご自分の日記を元に外交官としての活動を書かれている。また神学者としての背景をお持ちの佐藤さんがいかにモスクワでアカデミックの中でも人脈を広げていたかが分かります。うがった見方をすれば、ここに書かれている事が全部本当なのか?一部はフィクションなのか?それとも外交機密として書けない事の方が多いのか?など気になる点も多い。さらに、友好を深め、接待を通じて情報を仕入れる場面が多々出てきますが(ゴルビーは生きているといち早くその情報を仕入れた事は有名)、日本側の情報は出さないのか?なども気になります。
外交にしろ商売にしろ研究にしろ正しい情報が成功への鍵だと言う事はわかります。また佐藤氏の日露関係を良くしようとしていただろういう意気込みは十分伝わってきます。
是非とも北方領土問題に関しても書いていただきたいと思います。
#拘留直前のお姿(太り気味)はこの本に出てくるモスクワ等でのグルメ接待のせいだと思うの読み過ぎでしょうか?(笑)
自壊する帝国

塾禁止は良いのですがね。。

野依さんはネットで調べる限りでは、灘ですよね。私立の超有名進学校の人が「塾禁止」って言ってもね。。。
おいらですか?そろばんは行きましたよ。小学生の時、高校では何処も行きませんでした(行けませんでしたよ)。
昔から良く言われますが、良い研究者が良い教育者とは限らない訳ですよ。
当然その逆もまた真なりですが。
野依さんて確か講演料とかの申告を忘れていたんですよね(これを普通、脱税と言うらしいが)。正直者が損をしない教育制度にすることが重要であるとおばかなおいらは思う訳です。出来ない子を(所謂受験の記憶重視日本教育)公費で補習するようにするのが本来の姿でないの?(記憶重視の勉強自体がおかしいのだけれど)
大学受験ラジオ講座復活希望!

以下記事
「塾は禁止」 教育再生会議で野依座長が強調
2006年12月23日 朝日
 政府の教育再生会議の野依良治座長(ノーベル化学賞受賞者)が8日に開かれた「規範意識・家族・地域教育再生分科会」(第2分科会)で、「塾の禁止」を繰り返し主張していることが、同会議のホームページに掲載された議事要旨でわかった。しかし、再生会議が21日にまとめた第1次報告の原案には「塾の禁止」は盛り込まれていない。
議事要旨によると、野依氏は「塾はできない子が行くためには必要だが、普通以上の子供は塾禁止にすべきだ。公教育を再生させる代わりに塾禁止とする」と再三にわたって強調。「昔できたことがなぜ今できないのか。我々は塾に行かずにやってきた。塾の商業政策に乗っているのではないか」と訴えた。
JR東海会長の葛西敬之氏は「日本の数学のレベルは学校ではなくて、塾によって維持されている、という面もある」と反論したものの、事務局側は「公教育が再生されれば、自然と塾は競争力を失っていく。結果的になくなる」と同調、国際教養大学長の中嶋嶺雄氏も「野依座長のおっしゃったように塾禁止ぐらいの大きな提言をやらないと」と野依氏に賛同するなどひとしきりの盛り上がりを見せた。

北海道の在来魚問題

このごろ毎年伺う北海道。ここでも人目に付かずに進む川の破壊。
北大や道内の大学には素晴らしい先生方がいらっしゃいます、学と民とでなんとかこれ以上悪くならない方策を考えていただければと思います。

北海道新聞記事より
矢臼別の風蓮川上流 イトウ確認隠す 防衛施設庁98年調査  2006/12/23
【別海】「絶滅危惧(きぐ)種のイトウは確認されていない」として、陸上自衛隊矢臼別演習場(根室管内別海町など)内の風蓮川支流で砂防ダムを建設してきた札幌防衛施設局が、実は一九九八年、現地調査でイトウを確認していたのに、その後同じ主張を繰り返して建設工事を続けていたことが二十二日、分かった。
共産党の紙智子参議院議員の質問主意書に対する防衛施設庁の答弁書で明らかになった。
施設局が民間に委託して行った九八年の調査では、風蓮川河口から五十二キロ上流の西風蓮川との合流点で体長七センチのイトウを見つけた。
ところが施設局はこれまでこの結果を公表せず、イトウ保護連絡協議会の要望に対し「イトウは未確認」と回答してきた。同局は「イトウを見つけたのは演習場外の風蓮川本流だった。場内の支流ではないので、いないと答えた。ウソをついたのではない」としている。
しかし、風蓮川水系はイトウの生息地として有名。道東のイトウを守る会(釧路)の田中明子事務局長は「川を自由に泳ぐイトウに演習場内か外かは無意味。国民の論議を妨げる情報隠しはよくない」と指摘する。
札幌防衛施設局は演習場内の土砂が河川を汚染するのを防ぐとして風蓮川支流に十五基の砂防ダムを造ってきた。七月、支流のダム直下でイトウが見つかり、撤去要求運動が本格化している。

研究者ら「検証不十分」 開発局設置委に要望書 サンルダム  2006/12/23

 サンルダム(上川管内下川町)計画に関し、道内の魚類研究者らは二十二日までに、開発局設置の天塩川水系流域委員会(清水康行委員長)に「生物調査や代替案検証が不十分」と指摘する要望書を送った。サクラマス調査のデータでも、開発局と保護団体の数値がかけ離れ、二十五日が最終会合となる見通しの流域委が「議論不足」と指摘する声は根強い。
北海道淡水魚保護ネットワーク(代表・後藤晃北大教授)が、「サンル川は貴重な自然遺産。生物多様性を大きく損なうダム建設は慎重に」と要望。特にサクラマスと絶滅危惧(きぐ)種のカワシンジュガイは「詳しい調査とデータ公表」「保全対策の事前検証」を求めた。
一方、天塩川の自然を考える会(宮田修代表)が「ダム水没予定地のサクラマス産卵床数は開発局調査の九倍近い」と公表したことに対し、旭川開建は「調査の精度は十分」と反論。新たな論点となっている。
考える会は一週間ごとに五回踏査し、二百六カ所の産卵床を確認。開発局は専門機関に委託し、二回の調査で二十四カ所と報告した。同開建は「二−三週間ごとの調査間隔で十分把握できる」と説明。これに対し、宮田代表は「双方を呼び、データをつき合わせて検証するのが流域委の役割ではないか」と話す。

わかったど〜〜〜

一身上の都合って紙の上ではこのように書きますが。
実は

一○ンポ情の都合だったんだ。。。。(一部当局の指示により伏字)(笑)
良く耳を澄ませれば聞こえますよ!爆

失礼いたしました。。。。

またやりました

今、佐藤優さんの「自滅する帝国」を読んでいます。
ソ連崩壊の内情を外交官として神学者として見ているのですが、権力者の腐敗が原因の一部である事は間違いないように思います。
日本の腐敗も公僕主導でしょうかね。

また鎌倉署です。

以下記事
鎌倉署員がスカート盗撮容疑 神奈川県警が取り調べ
2006年12月23日 朝日

 神奈川県警鎌倉署の男性署員が今月19日、小田急線本厚木駅ビル5階にある書店で手持ちのかばんに隠したカメラを使って女性のスカートの中を盗撮したとして、県迷惑防止条例違反容疑で県警の調べを受けていることが22日わかった。署員は盗撮の事実を大筋で認めている。
調べでは、19日午後2時50分ごろ、書店から「盗撮しているような男がいる」とビル内の警備室に通報があった。警備員が駆けつけると、通報内容の男の容姿と特徴がよく似た署員がその場から逃げ去ろうとしていた。警備員が事情を聴くと、署員は「盗撮なんてしていません」と話し、手持ちのバッグを自ら開けたという。
警備員がバッグのポケットを調べたところ、クリアケースの外側に白い粘着テープで固定された隠しカメラのようなものが発見された。署員は警備員ともみ合いになり、そのままバッグを置いて逃走。しかし、バッグの中には銀行の預金通帳などが入っており、署員は「いずれ身分がばれる」と考え、県警に自ら名乗り出たという。
県警では今月15日に別の鎌倉署員が窃盗と住居侵入容疑で、茅ケ崎署員が虚偽有印公文書作成などの容疑で逮捕されたばかり。

富良野の森

6b5fdaa5.jpg今、どろ亀さんこと高橋延清先生の本を読んでいて、林分施業法と言う方法で林業を行う事の重要性が書かれている。
まさに、そんな時に甲斐の国方面より関連する記事を送っていただいた。
単年度決算では赤字であるが、長い目でみれば森や自然は莫大な利子を人間どもに与えてくれるし、これまでも与えてくれた。単に木の値段だけで森や林業を考えるべきではないと思う。もちろん、黒字になるようにアイデアを出すべきだとは思うが。

日本語って便利ですね

下半身に理性の無い教授、言ってる事とやっている事が違う教授、
「一身上の都合で」なんでも片付ける事が出来るんですから。

さらにお国の主までも「一身上の都合」で答弁を濁しまくる。

これが美しい国なのでしょう。きっと。

食料自給率

このアンケートの回答者年齢層が分からないけど、危機感を持つことは非常に重要だと思う。輸入してまで食べ残す日本人がいる一方で一日1ドル以下で生活せざるを得ない人々が居る。隣国の中国が今後間違いなく経済発展してくれば食料、燃料需要は増加する、さらに食料輸出国であるオーストラリアの水不足による小麦の大減産など、日本にとってあまり明るい食生活は見えてこない。ここは農業の見直しは必須なのであろう、それも補助金頼りでない動きが。ある種、ワタミや、パソナの動きは当たり前なのだと思う。


以下記事
食糧自給率「低い」7割 6年前より17ポイント増
2006年12月21日 朝日

 日本の食糧自給率が「低い」と感じている人は大幅に増え、7割に達したことが、内閣府が21日に発表した「食料の供給に関する特別世論調査」で分かった。国際情勢の悪化によって輸入が不安定になる恐れがあることなどから、4人に3人は将来の食糧供給への不安を感じている。
調査は、11月に全国の成人3000人を対象に実施、1727人(57.6%)が回答した。
 日本の食糧自給率は、98年度から8年連続40%と横ばいが続く。この数値が「低い」「どちらかというと低い」と答えた人は合わせて70.1%で、6年前の前回調査に比べて17.3ポイント増えた。逆に「高い」「どちらかと言えば高い」は、計5.6%で、前回(10.8%)から半減した。
「外国産の方が安い食料は、輸入する方がよい」と考える人は7.8%で、調査を始めた87年以降で最低を記録。逆に「高くても国内で作る方がよい」という人は86.8%で過去最高だった。
将来の食糧供給に「不安がある」という人は76.7%。不安の理由は「国際情勢の変化により、輸入が大きく減ったり止まったりする可能性がある」が61.6%と最も多く、前回より約18ポイントも増えている。農林水産省食料企画課は「北朝鮮の核問題やイラクなど中東情勢への不安のほか、急速に経済成長する中国に食糧が多く買われていることを反映しているのではないか」と分析している。
Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画