おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

外来植物の駆除も結構ですが、他にやる事あるんじゃね?

南アルプス山麓 外来植物の駆除|NHK 山梨県のニュース


駆除結構ですね。
でも、その前にさ、人知れず山奥で作られる砂防堰堤とか止めませんか?もちろん魚道なんか
まったくありませんよ。
なんのための堰堤なのか? 土木土建利権でしかないと思いますけど。

そしてリニアで南アルプス壊すわけですよね。

人口減少確定な山梨県の中で、本当にサバイバル出来る市町村はどれだけあるんでしょうか?
自然を破壊してでも稼げる街作りの見本のを是非見せて欲しいものです。

稼げない市町村はおのずと滅びるんですから。


以下記事
南アルプス山麓 外来植物の駆除

07月04日 14時03分

ユネスコのエコパークに登録されている南アルプスのふもと、山梨県早川町で、生態系を守ろうと特定外来生物に指定されている植物「オオキンケイギク」の駆除が行われました。

オオキンケイギクは北アメリカ原産で黄色い花を咲かせるキク科の植物で、生態系に影響を与えるおそれがあるとされる「特定外来生物」に指定されています。
ユネスコのエコパークに登録されている南アルプスの登山口がある早川町奈良田地区で、ここ数年、オオキンケイギクが増えていることから、初めて駆除の作業が行われました。
地元の住民や観光協会の職員などおよそ40人が、県道沿いの斜面200メートルほどの範囲で、オオキンケイギクを根元から引き抜いて袋に詰めていました。
早川町では、ホタルブクロなど古くから自生している植物が減りつつあり、生態系が大きく変わると、エコパークの登録にも影響を及ぼしかねないということです。
活動を呼びかけた早川町観光協会の大西信正理事は「今回だけでは駆除しきれないので、長期的に駆除を続けて生態系を守りたい」と話していました。





こんな国に誰がした?エネルギー基本計画改悪

原発再稼働の方針を明記 エネルギー基本計画を閣議決定:朝日新聞デジタル


どれだけ愚かなのだろうか。
破綻した核燃料サイクルも推進だと!
原発輸出。
エコノミックアニマルからアブノーマルジャパンだね。



以下記事

政府は3日、中長期のエネルギー政策の方向性を示す「第5次エネルギー基本計画」を閣議決定した。原発を「重要なベースロード電源」として再稼働させる方針を明記。核燃料サイクルを維持し、原発輸出も進めるなど、原発を推進する従来の方針を踏襲した。

 計画は法律で約3年に1度見直すことになっており、今回は民主党政権の「2030年代原発ゼロ」方針からの転換を決めた14年の改定に続き、現政権として2度目となる。

 計画は、15年に決めた30年度時点での電源構成比率(原発20〜22%、再生エネ22〜24%、石炭火力26%など)の目標を変えず、「まずは確実な実現に全力を挙げる」と明記した。「20〜22%」を満たすには30基程度の再稼働が必要とされるが、この間、再稼働はあまり進まず、現実とのずれは大きい。

 また、原発に慎重な世論に配慮し、前回計画に続いて原発の新増設の必要性には触れなかった。

 原発で出た使用済み核燃料を再処理し、プルトニウムを再利用する核燃料サイクル政策は「推進」と改めて明記した。サイクルの中核と位置づけた高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)の廃炉が16年に決まり、プルトニウムをふつうの原発で燃やすプルサーマル発電も進まない中、プルトニウムは原爆6千発分に相当する約47トンまで増えた。米国から削減を求められていることもあり、計画には「保有量の削減に取り組む」と盛り込んだ。

 政権が成長戦略の柱に据える原発輸出は各地で難航しているが、「世界の原子力の安全向上や平和利用などに積極的な貢献を行う」
として進める姿勢だ。

 再生エネについては「主力電源化」を初めて打ち出した。ただ、太陽光や風力など気象条件で発電量が一定しない特性を指摘。蓄電池や水素と組み合わせることで「自立化」をめざすとした。二酸化炭素の排出が多い石炭火力は「ベースロード電源」との位置づけを維持した。(関根慎一)
エネルギー基本計画の主な内容

【原発】

・原発比率20〜22%など2030年の電源構成比率の確実な実現

・原子力は重要なベースロード電源で再稼働を進める

・核燃料サイクルは、再処理やプルサーマルを推進

・プルトニウム保有量の削減に取り組む

【再生エネ】

・主力電源化への取り組みを早期に進める

・出力が変動する再生エネだけでは脱炭素化できない

【その他】

・石炭火力は安定供給や経済性に優れた重要なベースロード電源

・天然ガスは役割を拡大していく重要なエネルギー源

・水素は多様な技術開発や低コスト化を推進




こんな本もあるのですよ。
普通に常識的なんだけど。
拝金主義者には理解出来ないのでしょう。


核兵器と原発 鈴木達治郎 講談社現代新書 2017

図書館本

読み終えて最初に思ったのは、原発は不要だという事。
トイレの無いマンションと言われて久しいが、まさにその通り。
原発ムラの中の現時点での良識派の著者であろうか?

高木仁三郎さん、小出さん、藤田祐幸さん、本の一部の原理力研究者がその本質的な
危険性に気が付いて脱原発を訴えて来た。
ノーベル賞の益川さんも原発の危険性を指摘している。
国会事故調(黒川清委員長)の報告書すら無視するような業態、そこには「規制の虜」という
日本の強固のシステムが存在するのでしょう。

それにも関わらず、再稼働が行われ、プルトニウムが溜まり続ける。
もちろん未だに福島では汚染水が垂れ流し状態であり廃炉の工程すら不明(廃炉費用70兆円とも
試算)。
もんじゅも廃炉決定したが、莫大の税金が投入されるが核廃棄物の処理も未定。

そして核兵器問題 抑止力としての核兵器がこれまで語られているが果たしてその
議論が今後も続くのだろうか?

備忘録メモ
原発の建設 世界中で遅延 原発の老朽化
ベースロード電源として原発維持 自民党政権
破綻している核燃料サイクル
プルトニウムと核抑止力
核兵器禁止条約 2017年採択 日本は不参加 不署名
北東アジア非核兵器地帯構想
2018年(本書が出版後)北朝鮮の非核化署名






目次 出版社HPより


第1章 巨大エネルギーの「光と影」
――核兵器と原発の密接な関係
第2章 衰退期に入った世界の原子力産業
――原発の何が問題なのか
・第1節 原子力発電の現状
・第2節 福島事故とその教訓
・第3節 逆行する自民党
・第4節 夢の原子炉「もんじゅ」の失敗
・第5節 プルトニウムは「負債」
第3章 63年ぶりに危機的状況となった「終末時計」
――「核の脅威」にどう対処すべきか
・第1節 核兵器の歴史と現状
・第2節 新たな核の脅威
・第3節 核兵器廃絶に向けた潮流
第4章 「核の傘」は神話に過ぎない
――「核抑止」論から脱却するには

函館釣行

3泊4日 今季初釣行
3日目が大雨でしたので
1日目の午後、2日目(前日の深酒でスタート遅い)4日目午前の釣り
それでも足腰が大分痛みました(笑)

ちびっこイワナが多かったので画像も少ないです。

IMG_1437IMG_1438IMG_1451IMG_1453IMG_1470IMG_20180626_132828IMG_20180628_102845

荒地の恋 WOWOW 2016

荒地の恋 | 動画 | Amazonビデオ


なかなか濃いドラマでした。5話からなります。
フィクションとエンディングに出ますが実話に基づく様ですね。
生老病死という必然の中での家族、家庭、夫婦、恋愛、労働。
そんな中で言葉という道具で心を通じ合わせる。
詩人として自由に生き、葛藤する姿が非常に清々しい様にも思える。
豊悦演じる北沢太郎の生き様が良いのである。
嘘を付かない正直な生き方が。

HPより
戦争の爪痕が色濃く残る1947年、詩誌「荒地」創刊のために北沢太郎(豊川悦司)、三田村貴一(松重豊)、有川信夫(田口トモロヲ)ら戦後日本の現代詩運動の中心となる詩人たちが集まった。それから28年後の1975年、53歳の北沢は新聞社の校閲部に勤務しながらもほそぼそと詩作を続けている。妻の治子(富田靖子)、娘の優有子(川島海荷)、息子の尚に囲まれた彼は、平凡な幸せを慈しむ毎日。だが、その北沢の人生に大きな転機が訪れる。親友である三田村の妻・明子(鈴木京香)と頻繁に接触を持つようになり、恋に落ちるのだ。北沢は仕事を捨て、家族を残し、同じく家を出た明子と暮らしていく中で、これまでにないほどの情熱と「言葉」を取り戻す。それぞれが「荒地」の人生を歩んでゆく。(C) 2016 WOWOW /松竹撮影所






連続ドラマW 荒地の恋 [DVD]
豊川悦司
TCエンタテインメント
2016-07-22

函館 食事など

備忘録的に


海鮮系は確かに美味しいけど値段もそれなり。

今回のジンギスカンは外れでした。まあお値段も安かったけど。


IMG_2366IMG_2367IMG_2368IMG_2401IMG_2402IMG_2421IMG_2422IMG_2427IMG_20180628_133953IMG_20180628_135412

函館といえば

函館ラッキーピエロ


雨で釣りができなった27日
かねてよりの希望で、行ってきました。

函館市内のお店は小さいけど、この七飯の店はすごいです。

マックがなかなか増殖できないのも良くわかります。



IMG_2408IMG_2407IMG_2409IMG_2410IMG_2411IMG_2412IMG_2416IMG_2417IMG_2418

2018年6月9日 野口英世記念館 備忘録

備忘録として(笑)

IMG_7330IMG_7332IMG_7334IMG_7344IMG_7432IMG_7433IMG_7434IMG_7436IMG_7437IMG_7440IMG_7441IMG_7450IMG_7452IMG_7453IMG_7512IMG_7519IMG_7521IMG_7523IMG_7529IMG_7570

JAL123便墜落事故 杉江弘 宝島社 2017

図書館本

2017年には青山透子さんの「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」が出版された。
そして、その他にもこれまでに関係書物が出版されている。

本書は元ジャンボ機長の筆者が、これまでの出版物全てが陰謀論であり自衛隊や米軍の関与は
ないとする。それはフライトレコーダー等の記録を見れば明らかだと。

また、事故調査の杜撰さも指摘していて再調査するべきだと。
相模湾での海底捜索不十分
自衛隊、警察の混乱ぶりの経緯が不明確
事故調が運輸省の内局で独立していない
急減圧を証明する実験を行わなかった

しかしながら、米軍が事故当日の夜にはすでに墜落場所を同定しており、救助体制も整っていた。
では、それを日本の誰が不要だと宣言したのか?
生存者が多くいた事は生存者の証言からも分かっている。日本政府に見殺しにされた。

専門的な事は分かりません、しかし青山さんの著作がまったくの陰謀論に基づいているとは
到底言えないという事は本書からもわかりました。

なぜ、生存者が見殺しにされたのか? 

日本の空はいまだに米軍に支配されているのは現実です。



魂の秘境から 石牟礼道子 朝日新聞出版 2018

図書館本

石牟礼さんは本年2月10日逝去
2015年から2018年にかけて朝日新聞に掲載されたエッセイ

道子さんの幼少時代の想い出、成人後の想い出、そして老いた中で感じた事。
一つ一つの言葉が道子さんの体を通り抜ける事で浄化され昇華しているように感じる。
そして、その言葉は水俣という素晴らしい海と自然に本来は紡がれるべきものだったのだろう。
ネコが狂い死にしてからの水俣をずっと見つめて、肌で感じてこられた道子さん。
3度も川や海で溺れるほど水に愛された道子さん。
沖縄玉砕で死んでいった道子さんの兄。

水俣病の患者さんたちは魂が帰る海の事を訴えた、だが 「言葉と文字とは、生命を売買する契約
のためにある」と言わんばかりの近代企業とは、絶望的にすれ違ったのである。p217


天国でもペンをとらているであろう道子さんに合掌

魂の秘境から
石牟礼道子
朝日新聞出版
2018-04-20

電通とFIFA 田崎健太 光文社新書 2016

図書館本

まさに、今FIFAワールドカップ開催中(ロシア)ですね。
東京五輪誘致でもきな臭い話題だらけで、ロゴの問題やらただ働きボランティア問題。
スポーツビジネスの暗部を取材して、その一部を炙りだしている感じの本書。

巨大広告代理店として電通がいかにスポーツビジネスに関与してきたかを綴っています。
また電通子会社に国税が調査に入ったけれど結局お咎め無し的な話も。
ロビー活動には金が掛かるという前提そのものが怪しいビジネスです。
スポーツそれ自身は個人あるいはチームの飽くなき練習の結果としてのメダルであったり名誉だろう。

しかし、莫大な放映権料やスポンサーの広告等で肥大化してしまったオリンピックやワールドカップ。
その利権に群れる人々。

本書では現在は電通顧問になっている高橋治之氏(弟は故治則氏 イアイ インターナショナル)らへのインタビューを通じてFIFAと関連組織の関係性を丁寧に説明しています。

備忘録メモ
Jリーグは博報堂
日韓同時開催時の韓国ロビー活動(現代グループ)
2002年以前のワールドカップ 放映権6億 NHK その後超高騰 電通が主導
2015年FBI捜査 逮捕多数
2006年ドイツワールドカップ 日本惨敗 日本代表には腐った密柑がいたんだby ジーコ 2007年筆者に語った。




沖縄から世界平和、地球平和を

沖縄慰霊の日:平和の詩「生きる」全文 - 毎日新聞


二度と同じ悲しみ、苦しみを日本に、そして世界に起こしませんように。

動画はこちらから

沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子

 

私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

 

私は今、生きている。

 

私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶き、

小川のせせらぎ、

畑に続く小道、

萌え出づる山の緑、

優しい三線の響き、

照りつける太陽の光。

 

私はなんと美しい島に、

生まれ育ったのだろう。

 

ありったけの私の感覚器で、感受性で、

島を感じる。心がじわりと熱くなる。

 

私はこの瞬間を、生きている。

 

この瞬間の素晴らしさが

この瞬間の愛おしさが

今と言う安らぎとなり

私の中に広がりゆく。

 

たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

 

七十三年前、

私の愛する島が、死の島と化したあの日。

小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。

青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃えつくされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

 

みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

 

摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。

悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。

 

私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭わないことを。

 

あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。

 

今を一緒に、生きているのだ。

 

だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

 

私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。

 

大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

 

これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。

 

摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。



福岡市が地方最強の都市になった理由 木下斉 PHP 2018

図書館本

相変わらず木下さんの本は面白くためになる。
補助金に依らない街づくりや街の活性化が叫ばれてはいるが、相変わらず箱モノ中心の
施策が多い様に思うのは私だけだろうか?

人口減少を今頃叫んでいる政治家や行政ピープルに街づくりだの活性化だの講釈を垂れて
欲しくないですよね。
広告代理店の地名だけ変えた企画書をありがたく補助金申請のひな型にしている地方自治体も
まだあるようです(笑)

さて、本書は木下さんが指摘するように、「結果論」としての福岡市なのです。
これまでの努力の歴史、闘いの歴史があってこその今なんです。
だから、すぐに全ての街が真似出来るはずがないのです。

でも、今何かをスタートしておかないと、かならず街や町や村は死滅するのです。
簡単に言えば、木下さんが以前から指摘しているように稼げない(稼がない)街は
ダメなんですよ。

別の街づくりの専門家が書いていましたが、「学習しない地方公務員が地方を滅ぼす」のですよ。

あなたが住む街を未来永劫に楽しい街にするためには、あなた自身が参加してサバイバルして
行かなければいけないのです。他力本願では何も変わる事なく滅びるのでしょう。

備忘録メモ
コンパクトシティー政策は近隣市町村と綿密な調整が必要
目先の人口増加対策の結末は明確
福岡市でも失敗事例あり 博多リバレイン(行政主導)
西日本新聞における西日本都市診断記事の連載による市民での議論
撤退戦略も重要 すばやさ
100人の合意より1人の覚悟
行政事業でなく民間事業で人材育成
稼いだ金を地元に還元する人材、企業
教育と地域の連携 九大はじめとして多くの学校
資産運用に独自財源の確保(九大で可能ではないか?)



地方創生大全
木下 斉
東洋経済新報社
2016-10-07

野口英世の書 Honesty is best policy

先日伺った福島猪苗代の野口英世記念館

正直が最大の政策(良策)
忍耐は苦い、しかし、その実は甘い


今の政治家や行政ピープルに読ませたい。


IMG_7531IMG_7533IMG_7503



ゴリラと学ぶ 山極寿一 鎌田浩毅 ミネルバ書房 2018

図書館本

山極さん(1952-)と鎌田さん(1955−)の対談 共に京大教授 東京生まれ

山極さんの幼少時代から現京大総長への生き様を鎌田さんが聞くという流れ。
ちょうど、尾本恵一さんと山極さんの対談本も読んだので、同じ対談でも
違う面が沢山見えて面白い。
山極さんを1980年代に知った私としては、ガキの頃からやはり女性にもてたこと。
色んな分野に造詣が深い事が良くわかりました。
スワヒリもフランス語も話す山極さんのスマートさゴリラにもキット通じていて
ゴリラにもモテたのでしょう。でも一度メスゴリラに齧られた事があるそうです。

備忘録メモ
また日高さんと伊谷さんが仲が悪かったけど、山極さんは日高さんにも可愛がられた事
京大学生時代は酒を飲み調査をしワイワイと議論をしたことが総長としての対応にも
役に立っていること
種々な役回りに身を委ねて対応したことも(モンキーセンター、ナイロビ学振駐在、霊長研等)財産

ガボンの森で女性研究者と行方不明になったのは1983年ですか?



日本の人類学 (ちくま新書)
山極 寿一
筑摩書房
2017-11-08

アジサイトレイン 湘南モノレール

鎌倉アジサイ同好会 湘南モノレール企画

大船駅で見る事ができます。
モノレールが到着する所にもアジサイが飾られていました。




IMG_2351IMG_2352IMG_2354IMG_2355IMG_2356IMG_2358

2011年6月18日 ボランティア

2018年6月18日 大阪を中心に大きな地震
9歳の小学生が塀の崩壊で圧死。いたたまれない。

7年前の同じ日、鎌倉市のボランティアに参加して宮城県へ
泥だしで目にした生活品の数々

自然災害は管理も征服も出来ない
いかに被害を小さくし、人命を守るのか。

コンクリートの塀で押しつぶされた女の子に手を合わせる事しかできない自分。

247892_181467758574168_4375013_n

おやじの生け花

ヤマアジサイの季節は終わり

園芸アジサイの季節です

長谷寺では1時間以上待ちで列が出来ているそうです。

IMG_2331IMG_2344

週末のお仕事

朝から庭仕事。尾鷲方面にヤマアジサイを30株ほど無理やり嫁がせ。挿し穂したり、剪定。その後、アジサイ苗の場所確保のためにスチールラックの組み立て。日曜日も挿し穂かな。

IMG_2334IMG_2335

山極さん(京大では先生と呼ばない)

人類学の方は購入(なので読了が遅れた)

ゴリラと学ぶ、は図書館本 だから期日までの読まねばならない。

同じ対談本ですが、内容はかなり異なる。

いろんな発見があった。

詳細は後日


IMG_20180615_104407
Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画