おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

原爆投下の日を迎える

NHK長崎放送局 | 長崎原爆ノート


幾つかの番組が戦争という悲劇を風化させないために放映されるようです。

被害性ばかりを主張するのでなく、日本が国家として、また個人として行った加害性もしっかりと
歴史に残し、未来に残さなければいけないと思う。

被害者にもなり、加害者にもなる。
そして悲劇を生み、憎悪を生み、さらに新たな憎しみや恨みが生じる戦争。

決して二度と同じ過ちを繰り返してはいけない。

BS1スペシャル「長崎 幻の"原爆ドーム"」

“原爆の絵”は語る〜ヒロシマ 被爆直後の3日間〜





熊が人を襲うとき 米田一彦 つり人社 2017

図書館本

里山の奥山化が言われています。
緩衝地帯(バッファーゾーン)が無くなりいきなり熊が民家周辺に徘徊したりする。

米田さん(1948−)は行政での自然保護等に係わり退職後にクマの研究者として活躍されている
との事。
ご自身も何度か熊と遭遇したそうだ。
多数の事故をデータベース化して、熊に遭遇した時の対処法などを綴っている。
ただ、結論から言うと、これで絶対熊に襲われることは無い!という方法は無い様である。

まずは熊に出会わない様に努力するとともに熊の生態を知っておくことはリスク管理上
非常に大切なことであると本書は教えてくれます。

備忘録メモ
事故数1993件 被害者総数2255人の記録から考察
多くの例は熊に襲われるべくして襲われていた。
1人でのタケノコ採りは命を落とす。くらいの警告文が良い。 57人が襲われ11人死亡
受傷数 頭部が圧倒的
鈍器当を振り回すとクマが逃げて、軽傷率が高くなる
クマの攻撃性が低い状態で襲われた時は首をガードして死んだ振りをした方が重傷化を防ぐ(うつぶせ首ガード法)
蟠踞(ばんきょ:抱き込んで守っている様子)
5,6,9,10月は事故が多い
突き出し型の反撃にクマは弱いようにみえる

熊が人を襲うとき
米田 一彦
つり人社
2017-04-24

函館周辺釣行

7月30日から8月2日 夏休み 3泊4日

それなりに沢山釣れました。
大きさは34cm位まで

同行者のトラちゃんは尺連発で、35cmイワナ、35cmの大ヤマメでした。
源流域での大ヤマメには驚き。

沈してデジカメが使えず大ヤマメの画像は無し(トラちゃんの撮影直前にヤマメがネットから逃走して
撮影できず)

さすがに4日目は飽きて五稜郭タワー見学と北洋資料館見学でした。

そうそう、アブが多いので山間部に入渓する場合は対策をね!

IMG_1296IMG_1310IMG_1323IMG_1330IMG_1373


リニア中央新幹線事業について山梨県民からの意見

◆ リニア中央新幹線事業について山梨県民からの意見 - ICT甲府



ICT甲府さんが詳細にまとめておられます。

リニアの問題点、出来てからでは遅い多くのリスク。

是非ご一読ください。

こちらからもどうぞ。


奥鎌あるいは奥カマあるいはオクカマ

鎌倉在住16年位かな

最近、奥渋、奥シブなんていって渋谷の奥の方(笑)をそう呼ぶらしい。

では、我が家もその例に習って、奥鎌と名乗ろうと思う。
おそらく市役所からは最も遠い地域でしょう。

ほとんど横浜市と藤沢市の境界だし、田畑が広がっているし谷戸だし。
ホタル飛んでいるし。

アライグマもタイワンリスも無法地帯と化しているし。
1mを超すアオダイショウも何気にいるし。


命名権誰か買わない?(笑)
不動産屋さんとか?

虫を観察してみては

水曜日の斎藤さん
東京新聞 8月2日(水)

久々に政治ネタではないのが良いですね。

自然に生かされている人間として、供に生きる地球の営みを観察して
人間の愚かさを知るのも大切ですね。

嘘をつく、ずるをする、虫たちからみれば、本当に愚かな生き物に見えるでしょうね。

img012

備忘録 鎌倉アジサイの苑プロジェクト 完了報告

一応皆勤賞で参加させていただきました。

まだ大雄寺さんの満開のアジサイは一度も見てはいませんが
来年はボランティアではなく一観光客として南三陸をまた訪問したいと思っています。

アジサイのボランティア活動は終わりましたが引き続き東北復興には何らかのお手伝いが出来ればと
考えております。

2017年7月29日の新聞折り込み社協だよりより

img011

デカ毛鉤

#6でエルクヘアーピーコック

先日の阿寒川管理釣り場でもその他でも#8でチビが沢山釣れてしまって、#6が無くなってしまったので
量産中

今頃道南で釣っていることでしょう(笑)

IMG_20170729_060641

電チャリ

重大なミッションのために購入(笑)

久々の自転車はお尻が痛いです。

通販で大分から鎌倉に自転車が届く時代なんですね。

IMG_5460IMG_20170729_054142IMG_20170729_054152IMG_20170729_054203

金持ちのヤバい資産形成術 大村大次郎 中公新書ラクレ2017

図書館本

お金持ちはひたすらお金持ちに、貧乏人はひたすら貧乏人になって行く格差社会

法律を巧みに使い、節税し(脱税も)資産を増やしていく人々。

真面目に働いて税金を取られている小市民が一番損をしているのかもですね。

そして本書に書かれていない様な更なる裏技があるんでしょうね。きっと。

備忘録メモ
資産管理スキームとしての財団、医療法人、投資事業組合など
タックスシェルター(租税回避商品)で税金を安く
福利厚生費でクルザー購入
海外移住で贈与税逃れ
タックスヘイブン(租税回避地)への資金移転
偽装離婚による相続税、贈与税回避
農家の裏技 子供のための家を建てる(農地を宅地に出来る)、そしてアパートやマンションに


Petzl ペツル e+LITE イーライト 2017 最新モデル

Amazon | Petzl ペツル e+LITE イーライト 2017 最新モデル | Petzl ペツル e+LITE | ヘッドライト 通販


以前よりPetzlファンである(笑)

そして e+LITEは防災用と釣行用にいつもベストやバックの中に入っている。

2017年モデルがでたとの事で思わず購入。

新しいモデルにはホイッスルが付いている。
値段は以前と同じ程度

子供や女性にもこの軽量さは良いのではないでしょうか?

万が一遭難した時にもお役に立つのではと。

左が旧タイプ 右が新タイプ






IMG_5454IMG_5456

「南京事件」を調査せよ 清水潔 文藝春秋 2016

図書館本


NNNドキュメント「南京事件 兵士たちの遺言」日本テレビ2015年10月4日放送
著者の清水さん(1958-)が調査報道という手法で作った番組で伝えきれなかった内容を綴っているとともにご自身の親族と戦争という文脈で語っている。
調査による「真実」の積み重ねが正しい歴史を組み立てていくという流れだろう。
邦人保護という名で進んだ戦争への道筋がわかります

政治家の中にさえ、南京事件(虐殺事件)は無かったという方がいる。
戦争という行為が常に不条理な行為を行うことは常識であり、加害者にもなり、被害者にもなる。そうならないためには戦争を起こさないというのが人類に課せられた義務だろうと思う。

備忘録メモ
公式軍事史料の焼却
南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち(大月書店)96年筆頭編者小野賢二さん
裏付け取材 日記の原本を調査(1次資料)
小野さんの元兵士への面会と取材 記録
大手メディアの小野さんへの接触 記事にはならなかった 南京事件の難しさ
2015年 戦後70年
報道写真の信憑性: いつ、どこで、誰が撮影したか
1937年(昭和12年)12月16日の揚子江での捕虜銃殺(虐殺)の記録
自衛発砲説の信憑性?
虐殺事件 通州事件(日本人虐殺)、重慶爆撃、九州帝国大学生体解剖事件、ビハール号事件、対馬丸事件、ソンミ村事件、旅順虐殺
見なかったという事と無かったという結論は異なる。(報道の問題点)
言葉の置き換え(大本営発表も) 戦争を事変、侵略を進出、退却を転進、全滅を玉砕
特攻隊という理不尽 2千万の男子を特攻隊として繰り出せば戦局挽回は可能、国民全部が特攻精神を発揮すれば、たとえ負けたとしても日本は滅びない by 大西龍治郎
満州国は私の作品 by岸信介 ソ連侵攻前に司令官、軍人家族、満鉄関係者は避難 約155万人の邦人は置き去り


「南京事件」を調査せよ
清水 潔
文藝春秋
2016-08-25





単管パイプで夏の自由工作

狭い家の中に冷凍庫を置くわけにもいかず、、、
かと言ってずっとシートをかけておくのも使いづらいし、、、
そんな訳で単管パイプ(建築現場で足場に使うやつだよね)

ホームセンターで売っている足場などに使う単管パイプ
3m(1180円)を2本 1.5mにホームセンターのカッターで切断(火花と粉じんが(笑)
1m(458円)を8本(長い単管を切った方が安いのですが、面倒だから)
ジョイントは200円しなかったと記憶、を8個かな
ベース(地面部分)を4個
単管パイプキャップ


それと#4000のシート 1.8mx2.7mと1.8mx1.8m
ストッパーは一個300円弱ですが、これ便利(黄色いやつ)


とりあえず雨には大丈夫かな。。。。


冷凍庫は室内用なので軽量ブロックの上に置いて雨露が掛からない様にと。210L 4万円弱 定価は10万以上?

まだまだ修行が足りませんが、頑張ります。
次は薪棚かな(笑)

640x64011os9ryt

バブルと生きた男 植村修一 日本経済新聞出版社 2017

図書館本

タイトルは著者ではなく出版社が付けたのでしょうね。
内容的には植村さん(1956- 東大法科、日銀入行)の日銀スタッフとしてのご経験や出向先での
体験をバブル経済というテーマで綴っています。
総量規制に対する評価、世界でのバブル経済の内容、日銀、大蔵省の不祥事、銀行、証券会社の不祥事。知人の自殺等々。

土地神話(土地の値段は上がり続ける)、原発の安全神話の崩壊にも触れています。

サブプライムローン問題で被害が最小限に止めた例として三井三菱銀行のトップが「リスク管理というよりむしろ感覚的ものです、修羅場をくぐった邦銀の人材によるリスク感覚が、とても大事なのだと思います」これを読んで思ったのは、経済学って何?感覚とか気分でリスクを管理するの?
バクチと同じですか?

残念ながら日銀の国債買い入れ、黒田総裁の2%の物価目標の達成時期の何度もの延期については触れられてはいません。

非常に優秀で仕事の出来る筆者の自叙伝として読むのが良いのでしょうか。

バブルと生きた男 ある日銀マンの記録
植村 修一
日本経済新聞出版社
2017-01-19

フェイクニュースの見分け方 烏賀陽弘道 新潮新書 2017

購入本

烏賀陽さんの本は原発震災関連やメディア関連で何冊か読ませていただき、またSLAPP裁判の本も読みました。

世の中に増え続けるフェイク(嘘)ニュースをといかに対峙するかという趣旨の本だと思う。
匿名掲示板や匿名ブログでの噂話的フェイク記事は少なくなっているように個人的には思うけど、
実名でのフェイスブック(FB)やツイッターでも平気にフェイクを垂れ流す輩がいるのも事実。
もちろん、新聞、雑誌なんかも同様なので、何を信じれば良いの?状態でもあるわけです。
そんな世界の中で、どうやったらフェイクに騙されないか。
烏賀陽さんの長年のメディア業界体験から導き出されるフェイク対策が本書。
発表報道をメインにしていているメディア(昨今の新聞、TV, ラジオ等)には注意しないといけないですね、
しっかり調査報道しているフリージャーナリストさんの方が時に信頼できますね。

備忘録メモ
識者のコメントを取材して載せる位なら、その内容を証明するような事実を取材して書けと言われた。新聞社時代
代理話者はメディアのデータベースに保存されていて、自分たちの主張に沿った内容を発言してくれる
事実の提示のないオピニオンは無視してよい
言論の「根拠」である「事実」だけに注意を払う習慣を持つ
現在の主流メディアは「自己検閲」という病気にかかっている
発信者が誰かわからない情報は捨ててかまわない
書き手の独断的な価値判断に注意 主語が分からない文章を書くな 印象操作の蔓延
使ってはいけない:意気込む、決意を語る、胸を張る、夢を語る、反旗を翻す、反発する
話した、語った、述べたとニュートラルに書けば良い
その記事はウソは書いていない、しかし「本当のこと」も言ってはいない、そんなネット記事が多い
フェアネスチェックの視点、ニュートラル原則(取材対象に利害関係を持たない)
インデペンデンス原則(他者の介入を許さず自己決定権を持つ)
ポジティブバイアスとネガティブバイアス
言葉の定義を疑ってみると議論の検証に意外な突破口が開けることがある
陰謀論、陰謀史観の特徴を知っておく 論拠や事実を検証してみる
福島原発震災 メルトダウンなどありえない、ブルームなんて無いと明言した人々(烏賀陽さんや上杉隆さんは初期の段階でメルトダウンの可能性を指摘)
世の中には一定数「妄想」を広めようという人がいる
大企業や政府などの宣伝にそった話は疑う



霊長類 井田徹治 岩波新書 2017

副題:消えゆく森の番人

ジャーナリストが現在の霊長類を世界各地に追い、絶滅しつつあるサル、保護をする団体・研究者の姿を綴っています。
以前、立花隆さんがサル学の現在という書を1991年に出していますが、その後はどうなんでしょう?
京大のゴリラ研究者の山極さんが総長に選出され、良い意味で霊長類研究が注目を集めていますね。多くのサル研究者が地道な研究を世界各地で少ない予算で行っています。
そういう私も過去に山極さんと一緒にアフリカを旅した経験を持っています。
そんな訳で、非常に興味深く読ませていただきました。

霊長類が消滅することは最終的には人類の絶滅に通じるのであろう。
森が亡くなれば霊長類も居なくなる、熱帯雨林等から大量な木材や鉱物を輸入する国がある。
日本も輸入国の一つである、それは霊長類の絶滅に手を貸していると言われてもしょうがない状況だろう。

備忘録メモ
霊長類の絶滅した森(狩猟で)は、森林の劣化も激しい(アマゾン)
現地の研究者を育てる重要性(山極 ポレポレ基金 フォッシー博士の悲劇から)
日本の動物園のゴリラはすべてニシゴリラ
2002年―2005年ゴリラ5500頭がエボラ感染で死亡と推定 コンゴ共和国
103種のマダガスカルのキツネザルのうち、93種が絶滅の恐れ
国際商取引が禁止されているスローロリスが日本国内のペットショップで多数売られている
霊長類の消費地 中国を筆頭とするアジア地域 ヨハネスブルクやカイロが中継地
熱帯雨林地帯をパームオイルプランテーション 先進国がそれを輸入
大型類人猿保全計画日本委員会(GRASP JAPAN)西田利貞さん逝去以後活動停止 2011




釣行3日目 7月16日

最終日
フライトが13時半なので、12時半位までに釧路空港に戻らねばいけません。
そんな訳で、早起きして某ダム上流へ

管理釣り場でした(笑)
でもニジマスだけ。。。。
在来種はどうしてしまったんだろう。。。。

飽きたので少し早めに空港へ向かい、生ビールを4杯ほど(笑)

IMG_1223IMG_1233IMG_1250IMG_1251IMG_1258

カムイコタン イオマンテの火まつり

阿寒湖アイヌシアター イコロ(ㇿが正しい様です)

夜9時より
HPより イオマンテの火まつり

春バージョン4月21日〜6月30日・夏バージョン7月1日〜8月31日

秋バージョン9月1日〜11月30日

阿寒湖アイヌシアター イコロにて上演

●「イオマンテの火まつり」では、心静かに祈り、炎のように歌い舞う幻想の舞台。

 この舞台では、コタンコロカムイ(エゾシマフクロウ・村の守り神)の語りで進行されており、主に樺太アイヌに伝承されている弦楽器トンコリも静寂な音色で会場を包みます。

 2009年9月に「ユネスコ世界無形文化遺産に登録」されたアイヌ古式舞踊が炎に照らされた中で、幻想的に繰り広げられるステージを是非お楽しみください。
ここまで

非常に興味深く拝見 
ただ、日本語の説明しかなく。アイヌ語の説明は無い。モニター映写があるのだから、外国語の説明なりブローシャ―があっても良いと思うよ。
日本のネイティブ民族の民俗なんだから。

最後は観客も参加して踊れます。当然おいらも踊りました。

巡回バス(無料)が出ていてほぼ満席で半分以上が当日はマレーシアからの観光に来た女性。
英語を話すので少しお話しして、火の祭りの長老の言葉を英語で少し説明した。

「アイヌは自然を愛し、大切にし、森、川、土地を敬う民族であると」

満員バスとチケット

2017_07_15_20_39_352017_07_15_20_47_37


リニア すでに被害が出ています

リニア新幹線工事で早くも住民被害 「不誠実で無知なJR東海」 (週刊金曜日) - Yahoo!ニュース


以下記事

リニア新幹線工事で早くも住民被害 「不誠実で無知なJR東海」

7/21(金) 11:26配信

週刊金曜日

 JR東海が進めるリニア中央新幹線の工事認可取り消しを求め、沿線住民らが国を相手取って起こした行政訴訟の第5回口頭弁論が6月23日、東京地裁で開かれた。

 今年4月、南アルプストンネルの掘削が始まった長野県大鹿村の住民で原告の谷口昇さん(47歳)が意見陳述し、まだ工事が本格化していないにも拘わらず生活に支障を来している実情を報告した。

 谷口さんの住む釜沢地区は、大鹿村の最奥部、3000メートル級の南アルプスの山々の最も近くにある。すぐ近くにトンネル掘削口となる二つの非常口が計画されているリニア工事の最前線だ。

 地区の自治会長を務める谷口さんは意見陳述で、生活水源近くに掘られる非常口の影響を心配する住民らに対し、JR東海の担当者が「(掘削で)水が抜けて、いったい誰が損害を受けるんですか」と言い放った説明会の様子を証言。

 1日最大1736台(後に1350台に修正)通行する工事車両や行き先の決まらない残土、「日本で最も美しい村」連合に加盟する村の景観を損ねる送電鉄塔など、さまざまな問題を置き去りにして突き進むJR東海の姿勢に不信感を募らせた経緯を説明したうえで、「不誠実で無知なJR東海にこの巨大な自然環境破壊事業を任せてよいのでしょうか」と訴えた。

 釜沢地区と村中心部を結ぶ狭く曲がりくねった県道では、すでにトラブルが起こっている。県道の拡幅工事が済むまで工事車両を通さないでほしいという住民の要望が聞き入れられないまま非常口工事が始まってしまい、大型車両が小一時間、立ち往生したことも。通勤時間帯に28台もの工事関係者の車が連なってきたため、遅刻しそうになった住民もいるという。

 裁判後の記者会見で谷口さんは「JR東海も国も『理解してください』と言うが、僕らには『我慢してください』にしか聞こえない」と苦しい胸の内を明かした。

(井澤宏明・ジャーナリスト、7月7日号)


リニアは世界から見放されているんですね(笑)

韓国政府、わずか4年後の「ハイパーループ」始動を計画──超高速な「真空チューブ輸送」は実現するか|WIRED.jp


以下記事
韓国政府は、超高速輸送システム「ハイパーループ」の4年後の実用化を目指し、開発元の米企業と協定を結んだ。技術面よりも、規制やコストの問題が大きいというこの構想。イーロン・マスクが考案した「未来の輸送システム」は、果たして本当に実現するのか。

韓国の首都ソウルから、約320km南東の釜山(プサン)まで、韓国高速鉄道(KTX)で3時間弱かかる。どう考えても速いとはいえない。それゆえ韓国政府は、イーロン・マスクが提唱している超高速輸送システム「ハイパーループ」を導入し、この2つの都市を30分で移動できるようにしたいと考えた。

韓国政府が“ハイパーループ熱”にかかったのは2017年1月だった。このとき同政府は、ハイパーループという「真空チューブ輸送構想」の実現方法を探るにあたって、漢陽(ハニャン)大学に支援を求めた。さらに6月20日、チューブの中を超音速に近い速度で乗客を輸送するために必要となるノウハウの一部を、Hyperloop Transportation Technologiesが提供するという協定が発表された。

初めて聞いたという人のために簡単に説明しておこう。ハイパーループとは、テスラとスペースXのCEOを務めるイーロン・マスクが2012年に提唱した長距離高速輸送システムだ。貨物や人を載せたポッドが、真空に近いチューブの中を超高速で疾走する。空気抵抗は最小限に抑えられており、チューブ内で浮上するポッドに摩擦はほとんどない。マスクは、このシステムは時速1,120km以上で走行すると想定しており、ロサンゼルスとサンフランシスコの間をあっという間に移動できるとしている。

マスクはすでに、電気自動車の製造、ロケットの発射、地下トンネルの建設[日本語版記事]で手一杯なため、ハイパーループの実現方法の解明については他社に任せている。このアイデアを推進している企業のひとつがHyperloop Transportation Technologies(HTT)だ。同社は4年に及ぶ取り組みで、チューブ内を真空に近い状況にする方法について、かなり素晴らしいアイデアを思いついており、現在フランスのトゥールーズでは乗客用カプセルも生産している。

同社のCEOダーク・アルボーンは、「生産の準備は整いました。最大の障害は規制です」と述べている。

こうした障害を取り除くことは、このシステムを4年で立ち上げて稼働させたいと考える韓国政府にとっては大して難しくはないはずだ。政府が官僚に対して、敷設権や環境再調査などを支援するよう伝えれば済む。「政府によるこうした支援が必要です」とアルボーンは言う。

HTTは、いくつかの政府から支持を得ている。スロヴァキアではハイパーループシステムを構築する契約を結んでおり、アブダビではプロジェクトについての検討が行われている。またロサンゼルスとサンフランシスコの中間ではテストトラックの建設が進んでいる。

HTTのフルタイム社員は30名ほどだが、作業のほとんどはスペースXや米航空宇宙局(NASA)、ボーイングなどで定職をもつ800人を超えるエンジニアに割り振られている。エンジニアたちは、時間と専門知識をストックオプションと交換し、素晴らしいものをつくり上げるチャンスを得ているのだ。

エンジニアたちの作業や、真空システムメーカーのLeybold、世界的な工業設計企業のAecom、複合材サプライヤーのCarburesなどの提携企業のおかげで、チューブの中を移動する時代は近い、とアルボーンは考えている。「もはや技術は問題ではないのです」

稼働するハイパーループに近いものを誰も実際にはデモンストレーションしていないという事実は脇に置いておくにしても、この挑戦は単に技術をうまく使い、規制の迷路を抜ければ済むものではない。コスト効率を高くすること、ましてや利益を出すことは至難の業だ。アルボーンは原価計算も済ませているが、高速鉄道や飛行機といった既存の交通手段から相当数の客を引き付けることのほうが、チューブの中にポッドを疾走させることより難しいかもしれないと語っている。




Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画