おやじのぼやき

日々おやじが思う事。。。。。

フランス、ドイツ 日本 老害とリニア

フランスでは39才の大統領が誕生しましたね。

コンコルドの失敗を教訓にしたのもフランス。
リニア(トランスビット)を諦めたのはドイツ、メルケルさん64才、首相就任時は51才

未だに77才の爺さんがリニアだリニアだ、中国大嫌いだとのたまう国。


JR東海役員

代表取締役名誉会長  葛西 敬之 1940年生 77才
代表取締役社長   柘植 康英 1953年生 64才
代表取締役副社長   金子 慎   1955年生 62才
           長田 豊   1953年生 64才
           宮澤 勝己 1952年生 65才




孤独という名の生き方 家田荘子 さくら舎 2017

図書館本


ふと見たTVで家田さんが僧侶になったことを知った。

僕の知る家田さんは
私を抱いてそしてキスして 1990年
イエローキャブ、極道の妻たちといったノンフィクション作家である。
そして、久々に彼女の本に触れた。

人生の紆余曲折のなかで生きてきた彼女の人生、なんか瀬戸内寂聴さんにも似ているのかな?
瀬戸内さんは霊視は出来ないとは思うけど。

ある種の自己啓発本でもあるかもしれない、ただ多様な生き方があり、自力で生きてきた彼女が
利他的にも生きる素晴らしさを感じたのは確かであろう。

自分の価値観を押し付けない、「こんな生き方」もあるという幸せの多様性を認める事から
自己の開放が始まるのだろう。





アフリカ希望の大陸 ダヨ・オロパデ 英治出版 2016

図書館本

原題: The Bright Continent, Breaking rules and making change in modern Africa

中国、インドの経済発展 そして最後のマーケットとも言われるアフリカ大陸

貧困や飢餓、そして汚職や内戦というネガティブなイメージをメディアで洗脳されている
日本であったり国際社会だったりする。
そして資源を巡る第2の植民地政策とも言われる新自由主義的アフリカ進出。

ほんの少しの手間やお金で変わりうる大地であることを筆者は自分の足と目で確かめる。
インターネット、携帯電話が変化を加速させ、自らの大地を発展させていく姿が清々しい。
教育が社会を変える事が劇的なスピードで明らかになってきている、そこには欧米型の
援助や開発というコンテクストでは実現不可能であった過去が見えてくるのだろう。

アフリカの可能性を抑圧していたのは実はいわゆる先進国だったのだろうと確信できた一冊。
中国とアフリカの関係はすでに何冊か良書が出ているのでご参考にしてください。


備忘録メモ
ガーナでのジャーナリストの活躍 タイガーアイ
ダンビサ・モヨの主張(欧米型援助が格差を広げた)を追認
インターネットによるマイクロファイナンスによる支援拡大 kiva, ヴィッタナ、マイコロプレース
部外者が立てた計画 MDGs 現在のSDGs MDGsには農業支援が含まれていない
援助活動から被援助国政府を切り離す by ジェフリーサックス
ノキア1100 通信業界のAK-47
元マイクロソフトエンジニアのガーナ人富豪がガーナのベレクーソに作ったアシェシ大学(私立)
南アフリカのALA(アフリカン・リーダーシップ・アカデミー)
アフリカ学を自らが教える
ルワンダの成功




目次
第1章 方向感覚―なぜアフリカの新しい地図が必要なのか
第2章 カンジュ―天才と犯罪者の間を歩く、アフリカ流生存戦略
第3章 しくじり国家―アフリカの政府はなぜうまくいかないのか
第4章 ほしくないもの―アフリカにとってのありがた迷惑
第5章 家族の地図―アフリカ人は元祖ソーシャルネットワークに生きる
第6章 テクノロジーの地図―アフリカのデジタル革命に学ぶこと
第7章 商業の地図―商取引から見えるアフリカの明るい未来
第8章 自然の地図―アフリカの食糧と資源が世界を変える
第9章 若者の地図―走り出すアフリカの新世代
第10章 二つの公的機関―結局、誰に責任がある?



脱原発 ふるさと納税

「原発止めて」ふるさと納税、1カ月で630万円 函館:朝日新聞デジタル
 


630分の1かな。

要冷蔵で届きました。


以下記事


ふるさと納税の寄付金の使い道として、北海道函館市が大間原発(青森県大間町)建設差し止め訴訟の費用を加えたところ、4月からの約1カ月で630万円が集まった。ふるさと納税全体のうち、件数で75%、金額で62%を占めた。

 函館市は「ふるさと納税」寄付金の使い道に、これまでのまちづくりや福祉などのほか、新年度から大間原発訴訟の費用を追加し、4月3日から受け付けを始めた。

 5月7日までに確認されたふるさと納税は全体で384件、1015万2千円。このうち訴訟への寄付が287件、630万円だった。これまでふるさと納税とは別に単独で受け付けてきた訴訟費用への寄付は、昨年度は約92万円。その約6・8倍になる。

 訴訟担当者は「大間原発を止めてほしいという思いの表れだと思う。心強い」と話している。

 ログイン前の続き今年度の函館市へのふるさと納税は、道内からは45件だったが、関東(204件)、近畿(54件)などの道外からが9割近くを占めた。訴訟費用寄付が関心を集め、関東圏を中心に全体を押し上げたと見られる。

 函館市は、津軽海峡を挟んで大間原発と最短約23キロの距離にあり、国と事業者のJパワー(電源開発)を相手に2014年に建設差し止め訴訟を東京地裁に起こし、争っている。(泉賢司)


2017_05_09_19_26_09

タヌキばかりのリニア

総合球技場建設計画で住民説明会|NHK 山梨県のニュース


一時間に1本停車するリニア? 1時間に仮に3本停車しても、いったい何人が駅で降車するのでしょうか?
最大1000人ですよね。

今だけ、金だけ、自分だけの土建土木行政をいつまで続けるんですかね?

以下記事

県が進める総合球技場の建設計画をめぐって8日夜、建設候補地の住民を対象にした説明会が甲府市で開かれ、県側が施設を建設した場合のメリットやデメリットなどを説明しました。

総合球技場をめぐって県は、建設候補地を甲府市大津町に計画されているリニア中央新幹線の新駅周辺と甲府市小瀬町の小瀬スポーツ公園周辺の2か所に絞り、最終的な結論を出すための検討を進めています。
8日夜、候補地の1つとなっている甲府市大津町で住民説明会が開かれ、住民およそ20人が参加しました。
この中で、県の担当者は総合球技場の規模は収容人数がおよそ2万人、面積は駐車場を含めておよそ9万平方メートルで、リニア新駅を活用することで利便性が高まり県内外から多くの人が訪れることなどを説明しました。
一方、渋滞や騒音の問題への対策も示され参加した住民からは地域がどのように発展するのか具体的なビジョンを示してほしいなどという要望が出されました。
参加者の1人は、「全国に発信できる甲府のランドマークのような施設ができればいい」と話していました。
県は、もう1つの候補地、甲府市小瀬町の住民の意見も踏まえ、できるだけ早く建設場所を決めるとしています。



ヤマアジサイ

今年は諸般の事情で手入れが十分にできなかったので、花の開花も遅れ気味かな。

水やりも十分でなかったのも原因かと。


瀬戸の月


2017_05_09_06_44_02

2017年のGW

4月29日から休んだのだけれど
本当にそんなに休んだのかなと思えるGWでした。

片づけ、庭仕事で毎日良く働きました。

ヤマアジサイもそろそろ開花の季節です。


ふ〜

疲れた。



作家故松下竜一

作家故松下竜一さんの家族が蔵書寄贈 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate


最も尊敬する方の一人です。
本当に凄い人だと思います。

ダムの事、公害のこと、政治のこと。
多くの事を本から教えて頂きました。


以下記事


中津市立小幡記念図書館、来月から一般閲覧

 反権力や反原発、環境問題、冤罪(えんざい)などを扱った作品や市民運動に取り組んだ中津市の作家松下竜一さん(2004年死去、享年67)の蔵書が家族から中津市立小幡記念図書館に贈られた。6月1日から館内の郷土作家資料室(仮称)で一般閲覧できる。関係者は「確固たる思想を支えた蔵書に触れられる場所ができた」と喜んでいる。
 松下さんは生涯、同市船場町で暮らした。生家の自宅はデビュー作「豆腐屋の四季」の舞台になり、ノンフィクション作品の創作や市民運動の仲間たちとの拠点だったが、昨年末、市道拡幅工事で取り壊された。
 松下さんを支えた「草の根の会・中津」(梶原得三郎代表)のメンバーが、蔵書4千冊以上のうち約3千冊を保管。市と協議し、目録化を終えた1日、図書館に612冊を運び入れた。
 ▽冤罪の仁保事件を書いた「タスケテクダサイ」(金重剛二著)▽歌人近藤芳美さんの「無名者の歌」▽機関誌「草の根通信」の随筆集―など弱者の思考や反骨心の醸成をうかがえる文献のほか、文学の師と仰いだ上野英信(記録文学作家)、ノンフィクション作家の徳永進、下嶋哲朗らの作品がある。
 テレビドラマ「豆腐屋の四季」(緒形拳主演)の脚本や、映画化を見据えた企画脚本も。趣味の洋画観賞の内容をチラシや自筆などでまとめたアルバムもあり、あまり知られていない横顔を知ることができる。
 梶原代表らの元には今も「松下さんを深く知りたい」という人が遠方から訪れるという。一方、死去10年目の14年を最後に「竜一忌」が閉会。生家も消え、支援者から「しのぶことができる場所があれば」との声もあった。
 梶原代表は「一区切りついた。年々生きづらくなっている状況の中、松下作品や運動は今でも多くの人に注目され、よりどころになっている。ぜひ活用してもらいたい」と話している。
※この記事は、5月5日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。


行政も一緒かい(甲斐)? 甲府市長も 錦鯉放流

錦鯉の放流は何故「絶対に」あってはならないのか - MistiRoom

このヒトが関係者な様ですね。

こちらが会のHP
http://www.mirainoarakawa.com/about.html

あんたがたに未来の荒川とか言われたくない!


川は誰のものか? そこから考えてから行動してほしい。

川は、釣り人だけのものでもなく、漁師だけのものでもない。
ましてや、錦鯉だのを放す連中のものでもない。

フライフィッシャーの宮沢和史(THE BOOMのボーカリスト)も広告塔に使われているし。。。。

甲府市長もイベントに登場していますが、周りの取り巻きに環境とか生態とかわかる連中はいないのか?

リニア日本一花街道づくり、だそうです。
二川橋下流域に自転車モトクロスやグランドゴルフ場などスポーツ振興を計り、リニアからも眺められる桜やタンポポなどの花のロマン街道づくりを。

結局、今だけ、金だけ、自分だけな人たちなんだろうね。












情けない記事 山梨 荒川 錦鯉

記者もバカだけど、自然保護を掲げるNPOがこの程度なのか?

子供にしっかり学校で理科の勉強をしてもらいたい。

生物の多様性やら、生態系の事を考えれば、いかに愚かな行為かすぐわかると思う。


リニアの提灯記事かいたり、この程度の科学リテラシーな新聞社(ミニコミ誌)は無くなった方が良い。


錦鯉

生まれて初めての書斎?

ニトリのデスクなど

お金は掛けられないので、まあこんなところかな。

腰痛ベルトと腱鞘炎サポーターをして庭仕事と片づけなGW

2017_05_04_13_10_24

8.1KW & 10W,30W

一応備忘録として

GWはひたすら庭仕事と片づけ


訂正
10W,30W ではなく 30W,50Wでした。


IMG_1000IMG_1008

ウイスキー他 

少し整理してみる(笑)

ちびりちびりと飲む事にします。

少しづつ購入してみました。

マッサン以降に日本のウイスキー価格が上がってしまいました。(涙)

18194958_1308135922574007_4284765682411523362_n18195113_1309010442486555_5293958553691812672_n18195168_1309010435819889_1765100708417024038_n

科学者の社会的責任 そして政治家の役割

東京新聞:「原発は社会に対立を持ち込む」 宇都宮 島薗・上智大教授が講演:栃木(TOKYO Web)


宗教学、死生学、そして3.11以降は低線量被曝や原発問題に論理的に発言を続けていらっしゃいます。
東大医学部に入り、その後文系に移られた。

日本の、世界の知性が当たり前の事を話しているのに、どうして日本は変わらないのだろうか?

今だけ、金だけ、自分だけという宗教が蔓延ってしまったのだろうか?


以下記事


「なぜ原発から脱却しなければならないか」をテーマに、上智大の島薗(しまぞの)進教授(宗教学)が、宇都宮市の県弁護士会館で講演した。

 市民団体「原発いらない栃木の会」が主催。島薗教授は「原発は社会に対立を持ち込む。原子力の平和利用などというが、そもそも軍事的なことから始まっている科学技術。将来世代にも大きな負荷をかける。止めるべきだ」と主張した。

 東京電力福島第一原発の事故以降、日本社会の変化についても、持論を交えて指摘。「原発事故で科学への信用が崩れ、『力』や『量』による支配が理屈を壊し、法治をも壊しはじめている」と強調し、「支持率が50%を超えているから正しいなどという社会になりつつある。科学技術や安全をめぐる議論にも(同じ傾向が)見られる」と警鐘を鳴らした。 (北浜修)








中国第二の大陸 アフリカ ハワード・W・フレンチ 白水社 2016

図書館本
原題:China’s second continent 2014

多言語を話す筆者が訪れた国
モザンビーク、ザンビア、セネガル、リベリア、ギニア、シェラレオネ、マリ、ガーナ、タンザニア、ナミビア

「Dead Aid]の著者ダンビサ・モヨが指摘している 「中国の欲しいモノをアフリカは持っている、アフリカが欲しいものを中国が持っている」と。
端的に書けばまさにこの本も同様だろう。
ただ、本書は中国人個人と中国政府の戦略をしっかり分けて取材していると感じる。
政府サイドからみれば、資源外交であり、中国人労働者の輸出であり、ある種の中国人労働者の
貧困対策。中国人個人から見れば、信用できない政府より金儲けが出来るアフリカであり
自由な世界と夢を叶えるアフリカであろう。そして移住地として根を下ろす中国人の逞しい姿

備忘録メモ
2001年から2010年 おそらく100万人の中国人がアフリカへ
中国とアフリカとの歴史 鉄道事業、インフラ援助等
世界の未耕地の60%はアフリカ大陸
ガーナに対する130億ドル規模の融資(ミル大統領時代)第一弾30億ドル 簡易な手続きで ブイダムプロジェクト 発電
情報公開が不十分な中国の大型事業契約(アフリカ全般)
奨学金制度による大量のアフリカ人の中国留学
列強が行った植民地支配とは明らかに異なる中国 ある種平和的
国営放送CCTVはナイロビにテレビ局建設
アフリカ各地に孔子学院(中国語を話す人の養成)
日本の満州への自国民の農業移民(100万人) 1930年代 




集団的自衛権はなぜ違憲なのか 木村草太 晶文社 2015

図書館本 良書

非常に分かりやすい文章(種々な媒体への投稿)で集団的自衛権の問題について木村さん(1980-)が綴っています。
最終章は國分功一郎(1974-)との対談。
付録として、木村さんの衆議院公聴会での公述

備忘録メモ

2013年8月 内閣法制局長官人事 外交官の採用
2014年5月 安保法制懇の報告書提出 北岡伸一
2014年7月1日 閣議決定
2015年5月 安保法制法案の閣議決定・国会審議開始
2015年6月 憲法審査会にて参考人が違憲発言
2015年7月 衆議院で強行採決

集団的自衛権の行使を基礎付ける憲法の条文は存在するか? 憲法73条に軍事規定ない
砂川事件判決は集団的自衛権の合憲性を認めたものだとは言い難い
個別的自衛権の範囲を超えた集団的自衛権の行使は違憲
押しつけ憲法論は話を単純化しすぎ。押しつけか自発的か。
明治憲法 言論の自由に限界 新聞紙法
国立図書館HPでの日本国憲法の誕生 明治憲法との比較
密室で作られた明治憲法と開かれた制定過程の日本国憲法 ベアタ・シロタ・ゴードン「1945年のクリスマス」到底押しつけではない過程
根拠法がないかぎり国家権力は行使できない
在外自国民保護は集団的自衛権とまったく関係がない
抽象的な文言を具体的な事案に当てはめるために、憲法解釈が必要になる。
独裁政権への反省こそ、立憲主義の魂 国家を理性的に運営するために必要な技術
憲法を燃やすことは、国家を燃やすこと
安全保障環境の悪化というなら早く法律を作って対応しなければならない
どこにも書かれていな軍事権 73条
9条を前提に、その例外を許す特別な根拠規定はない
軍事権を日本国政府に付与するか否かは、主権者である国民が、憲法を通じて決める。


漂流怪人 きだみのる 嵐山光三郎 小学館 2016

図書館本 良書

初出は「本の窓」2012-2015を改稿

嵐山さん(1942-)と言えば、笑っていいとも増刊号という印象。
敏腕編集者(平凡社)としてご活躍していた頃のきだみのる(山田吉彦 1895年(明治28年)
1月11日 - 1975年(昭和50年)7月25日)の評伝。晩年の5年間の交友(お仕事で)記録だろうか。

読んでいて、どんどん深みに引き込まれるのです。
きだみのるという天性、波乱万丈な漂泊な人生。

フランス語を操り、ファーブル昆虫記を翻訳し、大杉栄、伊藤野枝、開高健、辻潤、甘粕正彦、
川島芳子、三好京三(ミミくんを引き取り、「子育てごっこ」で直木賞、その後、ミミくんから
訴えられる)らとの関係を嵐山さんが綴る。

世の中にはスゴイ人が何気に居るのだと思った一冊。そして、それを許す多様性こそが自由社会存続の原則だと感じた。

漂流怪人・きだみのる
嵐山 光三郎
小学館
2016-02-16

鎌倉市会議員選挙 

選挙が終わりました。

選挙期間中に市長が中止としていた花火大会の開催を何気に表明。

選挙期間中だけ駅前で大声で名前だけ連呼する候補。
FB等も普段何をしているかまったく不明な候補者がアップしまくる。

そんな議員様の報酬は年間1000万円程度。 これが4年保証。
本当に4000万円分のお仕事されているのでしょうか?

御用聞き議員ばかりにならないことを期待しておりますよ。
いかに税収を増やすかとか、観光客を増やしながら渋滞を解消するかとか
市益を考えましょうね。私益じゃなくて。

定数削減を訴えていた新人の自民党候補は当選しましたね。
是非、定数削減お願いしますよ。

天下り問題、補助金問題、市役所問題等々、しっかり普段から問題提起されている方は
トップ当選しました(3人当選分の得票)。

鎌倉おやじ様のブログでの解析はこちら。


今度は市長選挙の様ですが、どうなることか?

アフリカ関連本

2冊の図書館本(神奈川県立図書館)と購入本

中国第二の大陸アフリカは読了
なかなか興味深いし、中国の戦略的アフリカ進出と個人の行き当たりばったりな調和がスゴイ。


早く読まないと貸出し期限が、、、、

2017_04_19_10_49_092017_04_20_08_21_47











「アフリカ」で生きる。ーアフリカを選んだ日本人たち
ブレインワークス
カナリアコミュニケーションズ
2017-04-20


ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜【テレビ東京オンデマンド】

ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜をAmazonビデオ-プライム・ビデオで


結構楽しい(笑)

本当にこんな調査機関があると良いですね。



Profile
鎌倉おやじ
趣味:イワナに遊んでもらう、菜園、読書、焚き火、ランタン

愛読人:内山節、池田晶子、養老孟司、山本素石、高桑信一、相田みつを、宮本常一、網野善彦、野田知佑、南木佳士、川上健一 佐藤優 内田樹(順不同)

夢:晴釣雨読で自給自足、在来魚保護 (最近釣りにはそれほど熱中してません、年のせいでしょうか)
Recent Comments
Archives
お薦め映画